新・我歩我遊

~walkman・徒歩日記~

CopyrightⒸ2006 walkman.

     

こもれびの里、早春の香り。

2017-03-06 | ◆昭和記念公園の四季

昭和記念公園、行きも帰りも

こもれびの里を通り過ぎていきます。

武蔵野の里を想い浮かべ

つくられた一角ですが

こんな所に住んだことがなくても

どこか懐かしく思え

四季折々季節を感じさせてくれる

好きな場所です。

もうすぐ春ですね♪・・・と

口ずさんでしまいそうな

そんな気分にさせてくれる光景が

目の前に広がりました。

(2月19日・撮影)

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬眠からの目覚め。 | トップ | 水辺に咲く冬の貴婦人。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感服 (Harkerboy)
2017-03-07 01:22:07
いつもいつも絵葉書のように美しいお写真に感服しています。
Unknown (walkman)
2017-03-07 11:54:41
Harkerboyさん、コメントありがとうございます。
下手の横好きですが、四季を楽しんでいます。
そうですね (tappe)
2017-03-07 17:47:20
どこか懐かしく感ずる里の風景です。
薪を積んである建屋のかやぶきの屋根、とても珍しく思えます。なにか名があるのでしょうか。
Unknown (walkman)
2017-03-07 21:37:48
tappeさん。コメントありがとうございます。
こもれびの里の建物、オープンして数年になりますが、訪れると必ずここを通り園内を周遊しています。かやぶきの母屋、この辺りの建物を移築したものですが、詳細を知らずでしたので、次回に伺ってきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆昭和記念公園の四季」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。