新・我歩我遊

~walkman・徒歩日記~

CopyrightⒸ2006 walkman.

     

ビルの谷間の静寂。

2017-02-13 | ◆庭園の四季

ことし最初の浜離宮。

いつ訪れても入口から人の列がつづく

人気の庭園ですが

まだまだ肌寒さも残る休日

珍しく閑散とした光景に

嬉しいやら寂しいやらの気持ちでスタートです。

ビルが背景になりますが

都内では珍しい海水の池でもある

汐入の池

こんな時ならではの

誰もいない光景が広がりました。

暑い夏に訪れても

意外とこんな感じにはならず

誰もいないお手伝い橋も

やっとめぐり会えた光景かもしれません。

(1月29日・撮影)

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花から花へ、春への使者。 | トップ | ビルの谷間の・・・花畑。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
都会の (tappe)
2017-02-13 23:17:48
庭園というと新宿御苑しか知らないですが、浜離宮は都会のビルの真っ只中という感じがより強く感じられます。高層ビルを背景に離宮がミニュチュアの箱庭のようです。
それにしても写真がいつもきれいですね。端正な色合いとシャープな映像。三脚を使用されているのですか。
Unknown (walkman)
2017-02-14 11:06:06
tappeさん、コメントありがとうございます。
再開発で出来た汐留のビル群に囲まれた庭園、ビルが無ければ趣も違いますが、美観も考慮した建物もいまになってみればなくてはならない景色にも見えます。
撮影は、ほぼ歩きを優先していますので、花火以外は三脚なしで歩いています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆庭園の四季」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。