トライアスロン爺さんの春夏秋冬

頑張らない!
何とか制限時間に間に合いたい 
体をいたわってボチボチですわ

一瞬一瞬を大事

2017-01-02 17:55:05 | 徒然日記


大晦日恒例の琵琶湖ホールでのジルベスターコンサートで今年が始まった。車で60km程の多賀大社にお参り

今年の無事を祈願

どうしても目線が酒樽にいくのは 仕方がない事だ
それと巫女に目が行ってしまう

小吉のおみくじ
帰宅後 年賀状を書き上げる

体は休めると 途端に錆びつき、固まる。
潤滑油が枯渇してきたためだ
 体操 つまり準備運動 シェイプアップ体操が効果的だ
おこたると固まってしまい 始末に負えなくなる
痛みを感じる様になる訳で、これから益々 私にしては大事な事

一年の計は元旦にある と教わってきたが
成功した例がない
そのため、最近はやらない
まず、日々を大事に過すこと
一瞬一瞬を大事にする事になる


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルメット無しの自転車乗り

2016-12-31 17:12:06 | 半月板リハビリ

今年一年病気はなく過せた、怪我は、、あったな
自転車から空中離脱 頭部から激突
時速?30km位か
ヘルメットが破損
右太もも 擦り傷(今でも痛々しい) 
シャツが破れた
こういう場合の心理状態は体より 自転車大丈夫か?

血が出ている箇所のチェックと 消毒
20年も乗ってると この事故はどのくらいか?
過去のランクから この程度なら続行可能か?

 夏の琵琶湖一周の途中の出来事

時々見かけるヘルメット無しの自転車乗り
そのうち後悔するだろう
何が起こるか分からないから

その時道路の段差に気がつかなかった

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

走ることは良いこと とは限らない

2016-12-22 11:51:09 | 徒然日記

膝を悪くして、半月板の手術後思う走りが出来なかった
膝をかばう走り? ますます膝に負担
あれから4年 今年初めから 100mダッシュを練習に加える
怠け癖が出たので、日々進歩した訳ではない
 スピードランニングで骨盤でショックを吸収する走りを体が思いだした
イゼナトライアスロンで20km走れなかったが 10kmを走って感覚をつかんだ
 今は走っては歩き、走っては歩く
心拍数をぐっと上げる。 心臓に負荷をかける。
心拍数を上げて何処まで我慢できるか?

朝早く起きて走るのは 止めにしている。
よほどの決意が無ければ起き上がれないからだ


朝食後9時過ぎから動く
体重は62kgに落ちたので動きが軽くなって
けり出しも楽
そう感じるだけで、実際は劣化している

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

程々に体をいじめること

2016-11-28 18:05:50 | 半月板リハビリ

イゼナのトライアスロンが終わって
今年はしばらくお休みと思っているけど
新春の平城京マラソンがあった
 昨年はブービーだった。 ことしは少し汚名が掛からない位置で走りたい
そのための走り込みだ
朝は蒲団から起き上がれない
 二度寝は最高


先日 北海道北見のお医者さんと夜 食事をした
彼もイゼナの常連で
どうしてもトライアスロンの話から抜け出せない夜だった
いろんな人がイゼナに集まるので
来年も行かねばならない
 そのためには辛いけれど 体をいじめるのだ
程々に 
 
やはり真剣に走ると 体が戻る
だらだら 楽しての運動は意味がないことが分かった
レース後30日 普段の動きも良い感じ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後のトライアスロン 参戦:撃沈

2016-11-01 10:50:11 | 戦績

沖縄イゼナ島でのミドルのトライアスロン
今年で参加18回 その間3大会台風で中止なので15回 
近年は中止やリタイアが増えた
 意気込みは若者に勝っていたと思う
600名程の参加者中 私は高齢者ベスト4
7時スイムスタート 
潮の流れが今年はきつい,大潮の時期なので
潮が満潮になって,潮が動いて流れが始まる前にスタートする
遅れてしまうと,潮の流れが勝って 流される
 今年は流れの始まるのが早い時間からやってきた
途中500m地点で やばくなり 波もで,バトルで頭をたたかれ
 皆必死だから 仕方ない
止めたくなった
 いつもの事で,考え直し 粘る
後半最後の500m地点は大きな流れに押し流され
レスキューのボードの若者に救助されそうになった
 そんな訳で目標より10分遅れ
自転車6周 66km
風があり,向かい風の時は辛い
応援部隊にハゲませれ! 追い抜かれ
後半2周はまばらになった周回コース
思い通りにスピードが上がらない.目標24km/hだが 20km/h
目標より40分遅れで
ラン20km 時計では2時間半しかない.
 ランの始め2kmは殆ど歩き状態 下り坂で走り出す
歩いたり走ったり,独走状態 復路を走る連中をやけくそで
頑張れ! 
 6km地点でバイクが後に付く やな感じ!
ヒョッとして最終ランナー?
 もう一人私より1歳若い爺さんが私を追い抜こうとする
バトルである
 そのうち張り合う気持ちも薄れ
何処から来たのか? 時間間に合いそうもないね!
気持ちが通いあう まずい状態に
 10kmで止めますか,,.どちらともなく
止める という禁句がでてしまった
後のマーシャルに水をぶっ掛け!最後のファイト
応援の皆さんの笑いをもらいながらのリタイアでした
リタイア地点で ラン仲間の石原君が迎えてくれて うれしかった
来年? もちろんさんかリベンジです 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加