トライアスロン爺さんの春夏秋冬

頑張らない!
何とか制限時間に間に合いたい 
体をいたわってボチボチですわ

トライアスロンの想い出

2017-04-22 10:23:45 | トライアスロンの練習

さてトライアスロンの話になる
私がトライアスロンをやり始めたきっかけは
ランナーズがトライアスロンの雑誌を発行するころ
友達だったランナーズの人に 誘われたのが始まりだった
 ディアスロンをやっていたが,当時は泳ぎが10m程度で
はたして出来るのか? 初心者レースは750mスイムの日産カップだった
今はない横浜八景島の日産の耐久テストコースと船積みドッグのある場所だった
プール練習の水温30℃から6月の水温25℃の会場は 入水した時点で
あぁ!ダメだ 何でこんな事に成ったのか
後悔したけど,もう遅い
 立ち泳ぎでスーターとするまでの20分程,,水温に慣れてきて
少しは平常心にもどった。通常2周回1500mレースなのだが
初心者レースは周回750mだ。 ドン! スタートから出遅れ 
やみくもにバトルに叩かれ蹴られ,,不安不安
 クロールなどは 息継ぎが出来ないから すぐ平泳ぎに切り替える
いやはや遅れること,みじめ! 後にはまだ1名いたな

そんな怖いスイムの想い出
今でも時々スイムは不安になる
出だしの200〜300m辺りの心拍数が上がって落ち着くまで
沖に出てからの波 時には流れ,,ブイを回る際のバトル
最後は覚悟を決めて,雑念を捨て,鼻歌メロデーで泳ぐことになる

 やはり泳ぎは 初心者コースのスイム教室に通うことだ
バイクから降りてランシューズに履き替えている頃
先頭ランナーがゴールするアナウンスが大体流れる。 私はそれから走り出す訳だ
まだ,この時点では後に少しは追い越される人達がいる
 

今年も能登半島の珠洲の大会に申し込んだが,73歳になったので
はたして,受け入れてくれるか? 少し不安だ 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一瞬一瞬を大事

2017-01-02 17:55:05 | 徒然日記


大晦日恒例の琵琶湖ホールでのジルベスターコンサートで今年が始まった。車で60km程の多賀大社にお参り

今年の無事を祈願

どうしても目線が酒樽にいくのは 仕方がない事だ
それと巫女に目が行ってしまう

小吉のおみくじ
帰宅後 年賀状を書き上げる

体は休めると 途端に錆びつき、固まる。
潤滑油が枯渇してきたためだ
 体操 つまり準備運動 シェイプアップ体操が効果的だ
おこたると固まってしまい 始末に負えなくなる
痛みを感じる様になる訳で、これから益々 私にしては大事な事

一年の計は元旦にある と教わってきたが
成功した例がない
そのため、最近はやらない
まず、日々を大事に過すこと
一瞬一瞬を大事にする事になる


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルメット無しの自転車乗り

2016-12-31 17:12:06 | 半月板リハビリ

今年一年病気はなく過せた、怪我は、、あったな
自転車から空中離脱 頭部から激突
時速?30km位か
ヘルメットが破損
右太もも 擦り傷(今でも痛々しい) 
シャツが破れた
こういう場合の心理状態は体より 自転車大丈夫か?

血が出ている箇所のチェックと 消毒
20年も乗ってると この事故はどのくらいか?
過去のランクから この程度なら続行可能か?

 夏の琵琶湖一周の途中の出来事

時々見かけるヘルメット無しの自転車乗り
そのうち後悔するだろう
何が起こるか分からないから

その時道路の段差に気がつかなかった

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

走ることは良いこと とは限らない

2016-12-22 11:51:09 | 徒然日記

膝を悪くして、半月板の手術後思う走りが出来なかった
膝をかばう走り? ますます膝に負担
あれから4年 今年初めから 100mダッシュを練習に加える
怠け癖が出たので、日々進歩した訳ではない
 スピードランニングで骨盤でショックを吸収する走りを体が思いだした
イゼナトライアスロンで20km走れなかったが 10kmを走って感覚をつかんだ
 今は走っては歩き、走っては歩く
心拍数をぐっと上げる。 心臓に負荷をかける。
心拍数を上げて何処まで我慢できるか?

朝早く起きて走るのは 止めにしている。
よほどの決意が無ければ起き上がれないからだ


朝食後9時過ぎから動く
体重は62kgに落ちたので動きが軽くなって
けり出しも楽
そう感じるだけで、実際は劣化している

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

程々に体をいじめること

2016-11-28 18:05:50 | 半月板リハビリ

イゼナのトライアスロンが終わって
今年はしばらくお休みと思っているけど
新春の平城京マラソンがあった
 昨年はブービーだった。 ことしは少し汚名が掛からない位置で走りたい
そのための走り込みだ
朝は蒲団から起き上がれない
 二度寝は最高


先日 北海道北見のお医者さんと夜 食事をした
彼もイゼナの常連で
どうしてもトライアスロンの話から抜け出せない夜だった
いろんな人がイゼナに集まるので
来年も行かねばならない
 そのためには辛いけれど 体をいじめるのだ
程々に 
 
やはり真剣に走ると 体が戻る
だらだら 楽しての運動は意味がないことが分かった
レース後30日 普段の動きも良い感じ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加