うなぎの与三郎商店

目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことは無理をせず、教育・古典・語学・芸能など。タイトルは落語「うなぎ屋」より。

かわいそうな治安やくざ

2016-10-28 21:00:00 | 随想 社会・文化私論
【かわいそうな治安やくざ】

《沖縄のオンナ、コドモ、ロウジンに袋叩きにされるかわいそうな“やくざ”❤️のこと》

 沖縄では車いすに乗った87歳の老人に暴行されたと訴える"街宣車乗務員(市民)"がいた。かわいそうだった。
 かわいそうなのは"街宣車乗務員(市民)"に限らない。"街宣車乗務員(市民)"と昵懇の仲である機動隊員も同じ。かわいそうなぞう機動隊である。地元県議として全力で擁護し、全国の○○にアピールするチャンスであると考える◯カ志士が出てくるのも無理はない。

 以下、沖縄の地元紙の報道から——

機動隊擁護で対立 自民「市民挑発が原因」 与党・中立「発想に無理」〔抜粋〕
 機動隊員の「土人」発言問題で、県議会が目指した全会一致での抗議意見書可決は決裂した。与党・中立会派とは別の案を出す野党の沖縄・自民は、市民からも機動隊員に暴言が浴びせられているとして、機動隊員の発言のみを取り上げることは「一方的」と主張した。〔……〕
 〔……〕自民の又吉清義氏は、機動隊員の暴言は「市民の挑発」が原因ではないかと主張。「仮にこれ(土人発言)を言わせるためにやっているならば、犯罪行為ではないか」とも述べ、県警や県当局に「調査」を要求した。
 又吉氏は別の機動隊員が市民に「シナ人」と発言したことも、「戦前に生まれた人」は差別的な意識を持たずに使うこともあるとし、「過敏に反応し過ぎではないか」と主張した。
 委員会に出席した重久真毅警備部長は自民会派の質問を受け、現場では市民から機動隊員に対する暴言も100件以上確認されていると説明。機動隊員の「土人」発言には「擁護、弁護の余地はない」とした一方、市民にも「節度を持って政治活動をしてほしい」と述べ、発言問題に反省を示しつつも、市民側を"いさめる"ような場面も見られた。〔……〕
 〔……〕別の県議は「今回の問題は『土人』と発言した一部分だけが伝えられている」と述べ、28日の臨時会で“市民の暴言”を訴える予定だ。〔……〕(琉球新報2016-10-27 11:07)


 今夜も異郷の宿舎の布団の中で枕を濡らしつつ、恐怖のズンドコに眠れぬ夜を過ごしている隊員がいるかと思うと、重ねて、かわいそうである。逮捕権など圧倒的な公権力を持つ市民側と、非暴力で声を上げる警察の抗議を同列視するのは、とても平等ではない。みたび、かわいそうである。

参考
沖縄・自民の県議「反対派も暴言」 警察と市民を同列で比較
【解説】東村高江のヘリパッド建設現場での「土人」「シナ人」発言を巡り、県議会の自民党議員の一部から抗議する市民側の発言を問題視し、抗議行動の在り方の確認まで求める声が上がった。圧倒的な権力を持つ警察と、力を持たない市民との関係性を無視し「どちらにも非がある」とみせかける、市民弾圧ともいえる
 県議は総務企画委員会で、市民側にも「暴言」があり、機動隊の差別発言を誘引したとの認識を示した。
 混乱する高江の現場で、市民側が荒い言葉で機動隊に抗議する姿があるのは事実だ。だが、逮捕権など圧倒的な公権力を持つ警察側と、非暴力で声を上げる市民の抗議を同列視するのは、とても平等ではない
 大阪の松井一郎知事の機動隊擁護発言も問題は底通する。声を上げる弱者を徹底的にたたき、権力側を正当化する、という姿勢だ。
 翁長雄志知事は名護市辺野古の新基地建設や高江ヘリパッドでみせる政府の強行的な手法に、「沖縄以外の都道府県で同じことができるのか」と疑問を投げ掛ける。日本の南の島に迷惑施設を集中させ、上がる反発の声を力で抑える。これが今、沖縄で起きている現状だ。
 警察の差別発言を"好機"とし、抗議する市民の権利まで抑制することは許されない。〔沖縄タイムス2016-10-26 05:30。下線は引用者による〕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高江トライアングル | トップ | 天空の「宮さん」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。