うなぎの与三郎商店

目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことは無理をせず、教育・古典・語学・芸能など。タイトルは落語「うなぎ屋」より。

出版ラッシュ

2017-05-12 21:15:00 | ライトエッセー
 閣議決定マニアで女性の白スーツフェチ兼辞書編集者として知られる安倍晋三内閣総理大臣が、言語学者・金田一京助を抜いて歴代1位となる5万冊目の国語辞典を衆院法務委員会から出版〔注1〕して3週間。今週は立て続けに2冊の新刊が出た。いずれも自称国語辞典。金田一越えを果たした安倍晋三内閣総理大臣博士総統閣下の驀進=出版ラッシュが止まらない。

 11日に出版された『わらひは辞書〜完全に論破部屋(ロンパールーム)〜』は5万1冊目。国会で憲法改正の見解を聞かれた際に「読売新聞を熟読して」と答弁したことに関連して、新たに「『読売新聞を熟読する』とは、『自民党総裁としての発言を控える』ということである」と定義した。出版記念に開かれた記者会見で、記者から「『朝日新聞』ではダメなのか」と質問された安倍晋三内閣総理大臣博士総統閣下は、「(その質問は)正気の沙汰かと思いましたよ、完全に勝利をしました。完全勝利をしましたよ」「閣議決定に完全に、いいですか、そこでですね、私がまず、いわば、まさに完全に、完全に閣議決定に書かれているんです。これはもう、明白な事実れす」と答えた。

 12日に出版された『わらひは顔面猥褻物〜ちょっとみなさん、いいですか。野次ってばかりいないで落ち着きまひょうよ。こういうところなんですよ、品の悪い言葉を使うのをやめた方がいいれす。そういう体質が民進党の支持率にも現れているんじゃないれすか』は5万2冊目。国会答弁で話題になった「そもそも」の用法について、「『大辞林』(三省堂)に『(物事の)どだい』という意味があり、『どだい』には『基本』の意味がある」と連想ゲーム。出版記念に開かれた記者会見で、記者から「いしば」と質問された安倍晋三内閣総理大臣博士総統閣下ブランド・マーケティング部チーフ・ストラテジー・オフィサーは、「シトロエン」と答えた〔注2〕。


1.「つくった辞典が5万冊❗️〜言語学者総理の出版記念パーティー〜」2017-04-20参照。
2.Google検索「石破茂 シトロエン」参照。

参考
「読売新聞読んで」の趣旨は「発言控える」 官房副長官〔朝日新聞デジタル2017-05-11 12:48〕
 安倍晋三首相が国会で憲法改正の見解を聞かれた際に「読売新聞を熟読して」と答弁した問題で、萩生田光一官房副長官は11日午前の衆院議院運営委員会理事会で「発言は(自民)党総裁としての発言を控えたいという趣旨を述べたものだ。国会を軽視するものではない」と釈明した。〔以下略〕

首相の「そもそも」、大辞林では… 答弁書で発言正当化〔朝日新聞デジタル2017-05-12 19:00〕
「共謀罪」法案をめぐる国会答弁で、安倍晋三首相が使って論争になった「そもそも」の意味について、政府は12日の閣議で「大辞林」(三省堂)に「(物事の)どだい」との意味が記されており、「どだい」には「基本」という意味があるとの答弁書を決定した。「そもそも=どだい=基本」という「三段論法」で首相発言を正当化した。〔以下略〕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地毛証明書 | トップ | ミラクル・クイズ 正解はど... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。