うなぎの与三郎商店

目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことは無理をせず、教育・古典・語学・芸能など。タイトルは落語「うなぎ屋」より。

今そこにある勅諭

2017-04-05 23:00:00 | 随想 社会・文化私論
【今そこにある勅諭】

《教育勅語もいいけど、軍人勅諭もね。〔2017-04-06追記〕本文中の「日本人」適用対象外リストを10%増量》

 滅私奉公の道徳律と「最後はみ〜んな、来世」の合言葉でおなじみの教育勅語がリバイバルしたのもつかの間、いま、その地位が脅かされている。軍人勅諭のせいである。

 ふやけた教育勅語に対し、ストレートに「号令一下即来世」を謳いあげる軍人勅諭のインパクトは比較にならない。料理にたとえると、前者が小さじ一杯のカレー粉であり、後者が一つまみの〇〇である。いくらカレー味が強烈とはいえ、小さじ一杯ごときで鍋全体をカレー味に染め上げるには無理がある。しかし、後者の場合、一つまみ(注:ふつうはつまみません)しようとしたその瞬間から、炊き出しの大鍋を心理的〇〇色に染め上げる。……なんのこっちゃ。

 その軍人勅諭。なかなかいいことを言っている——

軍人勅諭
我国の軍隊は、世々天皇の統率し給ふ所にぞある。(中略)夫兵馬の大権は、朕が統ぶる所なれば、其司々をこそ臣下には任すなれ、其大綱は朕親(みずから)之を攬り、肯て臣下に委ぬべきものにあらず。子々孫々に至るまで篤く斯旨を伝へ、天子は文武の大権を掌握するの義を存して、再(ふたたび)中世以降の如き失体なからんことを望むなり。朕は汝等軍人の大元帥なるぞ。されば朕は汝等を股肱と頼み、汝等は朕を頭首と仰ぎてぞ、其親は特に深かるべき。朕が国家を保護して、上天の恵に応じ祖宗の恩に報いまゐらする事を得るも得ざるも、汝等軍人が其職を尽すと尽さゞるとに由るぞかし。我国の稜威(みいづ)振はざることあらば、汝等能く朕と其憂を共にせよ。我武維(これ)揚りて其栄を耀さば、朕汝等と其誉を偕にすべし。汝等皆其職を守り、朕と一心になりて力を国家の保護に尽さば、我国の蒼生は永く太平の福を受け、我国の威烈は大に世界の光華ともなりぬべし。朕斯も深く汝等軍人に望むなれば、猶訓諭すべき事こそあれ。いでや之を左に述べむ。
一、軍人は忠節を尽すを本分とすべし。
一、軍人は礼義を正くすべし。
一、軍人は武勇を尚(とうと)ぶべし。
一、軍人は信義を重んずべし。
一、軍人は質素を旨とすべし。
右の五ケ条は、軍人たらんもの暫も忽(ゆるかせ)にすべからず。さて之を行はんには、一の誠心(まごころ)こそ大切なれ。抑此五ケ条は我軍人の精神にして、一の誠心は又五ケ条の精神なり。心ならざれば、如何なる嘉言も善行も、皆うはべの装飾にて、何の用にかは立つべき。心だにあれば、何事も成るものぞかし。況してや此五ケ条は、天地の公道人倫の常経なり。行ひ易く守り易し。汝等軍人能く朕が訓に遵ひて、此道を守り行ひ、国に報ゆるの務を尽さば、日本国の蒼生挙(こぞ)りて之を悦びなん。朕一人の懌(よろこび)のみならんや。
   明治十五年一月四日
御名
(出典:広辞苑第6版)


 念のため——

いのうえ-こわし【井上毅】ヰノウヘコハシ:政治家。号は梧陰。熊本藩士。大久保利通・伊藤博文のブレーンとして活躍し、帝国憲法や教育勅語軍人勅諭の起草に参画。枢密顧問官・文相。子爵。(1843~1895)
(出典:広辞苑第6版)


 またか、こわし。ミカドの腹話術師、お前はいっこく堂か……。

 それはそうと、忠節礼儀武勇信義質素誠心も、みんなみんな現代のわれわれ(=日本人≠外国籍、在日、反日、沖縄県民、野党、人権派、反・反知性派、サヨク、パン屋、アスレチック公園、おじさん、辻元きよみ、漢文履修者、ジーニスト、帰国子女、朝日新聞、沖縄タイムス、琉球新報、移民、ニッキョーソ、無駄な高学歴、異様な低学歴、Fラン学生、ブラック企業社員、社畜、落語家、予備校講師、生活保護受給者、路上生活者、専業主婦、貧困女子高校生、年金生活者、高齢ドライバー、ワーキングプア、女、子ども、老人、障害者、ヒト、ホモ・サピエンス)から失われつつある徳目である。だから憲法や教育基本法等に反しないような形で軍人勅諭を教材として用いることまで否定されるべきではない。

 最近の軍人勅諭を巡る閣僚の"架空"発言から——

——軍人勅諭に流れている核の部分は取り戻すべきだ(空気ガン無視めがねタイツ・参院予算委)
——憲法や教育基本法の制定等によりその効力は喪失した。既に喪失している軍人勅諭について首相としてコメントする立場にはない(半パンゲリざる・参院予算委)
——軍人勅諭のどの部分が憲法に反する、反しないに関しての判断を文科省でするものではない(いいかげんキャラ決めろ・参院決算行政監査委)
——政治的、法的効力を失った中で適切な配慮の下に教材等で用いること自体問題ない(すだれハゲ・記者会見)


 いずれにおいてもやる気じゅうぶんである。

先生👩‍🏫:さて、次のうちニッポン人はどれでしょう❓
ア.バッタ
イ.和式汲み取り便所のなかみ
ウ.くらむぼん
エ.ファミレスのレシートを入れる透明な筒みたいなやつ
オ.秘密基地をつくったけれど、それは他人の土地だ

児童👦:りか室❗️

参考

出典:朝日新聞2017-04-04朝刊14版
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬からの伝言 | トップ | 「天壌無窮ノ皇運」嫌いの「... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。