BIG ART壁画プロ養成所

旧・かすかべ壁画塾。6ヶ月間・週6日間・全日制の壁画プロ養成所。壁画の研究や技術開発、普及活動をめざしています。

第二回アートセラピー「フォトセラピー」

2011-11-02 09:07:50 | 受講レポート



今回はビックアート独自の取り組みとして、クエストセラピスト養成スクールの大橋牧子先生を招いたアートセラピーを受講することになりました。

アートセラピーは、制作を担当するアーティストのメンタルや潜在能力を自覚することでよりよい作品作りに繋げようという意識を基に取り入れられることになったそうです。その受講内容や取り組んでみての感想をレポートしたいと思います。


今回はフォトセラピーというものを受けました。

いつも授業を始める時には“今日の気分”を表現したものを作ります。

私は緑色の折り紙で不定形な形のものを作ってみました。

次に、“今日の気分”をまず事前に準備していた自分の24枚の写真を円形に並べその中に置いてみます。それから、参加メンバー4人の持ってきた写真の中に順番に置いてみます。

自分の写真の中の居心地と他の人の写真の中での居心地の違いを感じました。何となく見ている日々の生活が自分の視点であることに気づかされました。そして普段接しているだけでは感じられない、他の人の自分とは違う世界観を垣間みることができました。
その次に、24枚の写真から一番好きな3枚。一番きらいな3枚を選び出します。その中に“今日の気分”で作ったものを置いたのが次の写真です。


ひとりひとりに大橋先生が写真を選んだ理由を聞いていきます。

そして、みんなの感想を言い合います。

そこからもっと分析していき、写真の中に移っている出来事の他に、どんな目線で撮っているか、どんな形のものが映っているか、どんな色のものが映っているか等に着目していきます。

私は嫌いな3枚には人に頼まれて撮った写真が入っていました。それに嫌いな3枚は中心にモチーフが来る構図という共通点があるということが分かりました。反対に好きな写真3枚にはモチーフを中心に据えること無く空間全体を撮っています。先生に指摘を受け、自分では気づけない自分の視点に触れられたような気がしました。

その後、持ってきた写真を使って横長のボードに写真やテープをコラージュすることになりました。この時間はやりたい放題に楽しませていただきました。私はこんなふうにできあがりました。どうでしょうか?


授業で少しながら分かった、自分の知らない特性や感覚を大事にしていきたいと思います。これからのシャッターアートのデザインや施行をする時にも活かしていきたいです。

“かすかべ景観アートプロジェクト”目標30件!!を目指して邁進中。

by Hirano


この記事をはてなブックマークに追加

かすかべ景観アートプロジェクト~映画看板第1号~

2011-11-01 19:00:08 | 制作現場

かすかべ景観アートプロジェクトの一環でレトロ映画看板も描き始めました。
むかし、映画館が2つほどあった文化通りに
懐かしい映画の看板を設置しようという趣旨のもと制作しました。
 
知らない人はいないであろうと思われる
「ローマの休日」
を第一弾映画看板として
春日部駅東口マツモトキヨシをすぐ左へまがっておづつみ園ちかくの駐輪場に飾られてます!
 
このような看板が狭い範囲にこれから10枚20枚30枚と増えていったらとってもにぎやかになりますよね。
 
by noda


この記事をはてなブックマークに追加

ふっ と無意識に見てしまった広告。実は無意識じゃない?

2011-08-22 00:42:35 | 制作現場

普段の生活の中で、ふっと見てしまう広告ってありませんか?

実はそれ、あなたは無意識のつもりでも、あなたが見るような仕掛けが施されているから見てしまったんです。

 

 見てしまう広告の“わけ”

数学で答えを求める時と同じように、“人に注目してもらう広告”をデザインする時にも「法則」が存在します。

その広告の法則とは…AIDMA(アイドマ)の法則。

 

AIDMA(アイドマ)の法則

A…Atention「気になる」

目にとまる。広告にとっての絶対条件。

I…Interest「何だろう?」

興味がわく。他のものとの差、違い、コントラスト。

D…Desire「のぞいてみたい。」

入ってみたい、入りたい。

M…Memory「印象に残る」

記憶に残る。

AAction「行動」

お店に入る。商品を買う。

 

普段何気なく見てしまう広告とは、このAIDMA(アイドマ)の法則がしっかりと押さえられているか、またはこのどれかに特化した広告だということです。

広告をデザインすることは、ただ格好良かったり可愛いものをデザインするだけのように思われがちです。

しかし実はそうではなく、目を引くのはもちろん、お客様をその後の「行動」に導くことが一番の目的なのです。

 

by Furukawa


この記事をはてなブックマークに追加

色(その1)12色相環

2011-07-10 19:55:56 | 受講レポート

◆12色相還について◆

 

空にかかる虹、またプリズムを通すと、光が7つの色味に分かれるのを見ることができます。

                 赤、橙、黄、緑、青、紺、紫です。

目で見ることのできる全ての色は、光の色の3原色である、赤い光、緑の光、青の光を重ねることでできています。同量を重ねた場合、

 

                      赤 + 緑 → 黄     (イエロー)

                      赤 + 青 → 紫     (マゼンタ)

                      緑 + 青 → 明るい青 (シアン) 

 

となります。

(因みに三原色全て重ねると     赤+緑+青→白         です!)

 

 

これがヒトの目が認識できる色です。

これらの光の色が物質にぶつかり、固有色だけが跳ね返るので物の色を見ることができます。

 

 

絵の具やインクの顔料は、色の基本である光の三原色を模した、青(シアン)、赤(マゼンタ)、黄(イエロー)です。

この3原色を一次色といいます。

一次色の間にできる3色を二次色といいます。

1次色、2次色の6色の間にできる6色を3次色といいます。

これらをサークルで表にしたのが12式相環と呼ばれるものです。

 

虹の7色を境目のないグラデーションでつなげ、それから均等に分割し、サークルにしても12色相環になります。(倍の数に分割した24色相還もあります。)

 

 

 

この12色が理解できていれば、恐いものはありません。

 

 

 

by Watanabe

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

シャッターアートの地塗り作業

2011-06-23 23:17:29 | 制作現場

『シャッターアートの地塗りを均一に、ムラなく塗りたい!』

凹凸や隙間のあるシャッターの地塗りに役立ったのが『チロン温風低圧塗装機』でした。

 

◎低圧力で吹付けるので塗料の飛散・跳ね返りが少ない。凸凹や隙間への塗装にも効率的。塗料の匂いもまき散らさないので、人に迷惑がかからず、市街地での壁画制作に適しています。

◎吹付ける時は、描画面との距離を一定に保ちながら、ガンを動かすスピードも一定にすると、ムラなく塗れます。刷毛やローラーでの地塗り塗装よりも、ムラが少なく塗れました。

今回は、シャッターアートのための地塗りで、この塗装機を使用しましたが、シャッターに限らず、凸凹や隙間のある画面での壁画制作現場で、大いに性能を発揮してもらいたいと思います。

とにかく、手入れをしっかりしないと性能を発揮できないので、チロン使用後のメンテナンス清掃を心掛けたいと思います。

                                By Amano

 


この記事をはてなブックマークに追加

シャッターアートのデザイン「びあん」

2011-06-23 00:31:55 | 制作現場

私たちが取り組んでいる「日光道中・粕壁宿」景観再生プロジェクトの第2弾として、春日部駅東口商店街でシャッターアート(壁画)を制作しました。

この仕事を通して、「まちを元気にしたい!」そんな願いをこめてデザインしました。

店舗名: びあんーBienー(お惣菜屋さん)

立地場所: 春日部駅東口のロータリー付近

デザイン与件は次の2点です。

1.お店のアピール。

2.粕壁宿のアピールと景観づくり。

春日部駅東口周辺の情緒あふれる街並に馴染むように、江戸のイメージを演出する喜多川歌麿の浮世絵『ビードロを吹く女』をモチーフににしました。

右手に持つビードロを箸にすげ替えてお惣菜屋さんをアピールしています。

シャッターアート第一弾では、せんべい店に写楽の歌舞伎絵を使いました。

あちこちのシャッターに江戸をイメージした壁画を描くことで、まちを訪れた人々に粕壁宿の面影を感じていただけたらと期待しています。

 

6月は、春日部駅東口商店街5ヶ所でシャッターアート制作を行いました。

春日部にお越しの際は、ぜひ、東口商店街にお立ち寄りください。

そして『粕壁宿』の風情を少しでも味わっていただけたらと思います。

                                                      by Amano


この記事をはてなブックマークに追加

第7回 カラー講座「12色相環を覚える」

2011-06-14 00:21:25 | 受講レポート

3回目のカラー講座の受講レポート。

壁画制作の現場では、短時間で指定された色を作らなければいけません。

早く色彩感覚が身に付くように、配色カードを使った訓練をしています。

まず、基本となる12色相環を覚えます。色の三原色である混ざりけの無い『赤・黄・青』を、vividトーンから選びます。『赤』といっても、『紫みの赤』や『黄みの赤』があるので、色の違いを把握します。

この純粋な『赤・黄・青』を【一次色】と呼びます。

次に、それぞれの中間色[だいだい]と[青みの緑]と[紫]を選びます。

さらに、一次色と中間色の間の色を選ぶと6色増えて、合計12色が出来ます。これらの一次色以外を【二次色】と呼び、すべて合わせて【12色相環】が完成します。

今後は、色彩を自由自在に扱えるようになるために、12色相環×11段階のトーン=132色の配色カードを並べるトレーニングをします。早く、微妙な色彩感覚や、トーンの違いを理解して、自身を持って調色できるようになりたいと思います。

参考までに、11段階のトーン名称と意味を覚え書きしてみます。

v=vivid(さえた・鮮やかな)、dp=deep(濃い・深い)、dk=dark(暗い)、p=pale(薄い)、lt=light(浅い)、b=bright(明るい)、sf=soft(柔らかい・穏やかな)、d=dull(鈍い・くすんだ)、ltg=light grayish(明るい灰みの)、g=grayish(灰みの)、dkg=dark grayish(暗い灰みの)

                                      by Amano


この記事をはてなブックマークに追加

シリコンシーラーで、隙間をうめます。

2011-06-07 22:14:08 | 制作現場

以前施工したコロッケ屋さん、栗原惣菜店の

看板の継ぎ目にクラックが入ってきたので、シリコンで埋める作業をしました。

 

長さ2メーターほどの継ぎ目、2箇所の補修です。

1箇所は脚立と、もう1箇所は、継ぎ目の下にある自動販売機の上にからと、

届かない場所は、屋根の上に乗り高所での作業となりました。

 

使用した道具

シリコンシーラー(カラー:アイボリー)、シリコンホルダー、ウエス、ヘラ、ダンボール切れ端(20×25センチ)、脚立(10尺)

 

 

〈施工時の注意点〉

 

シリコンやパテなど、クラックや穴を埋めるものは硬化するとかさが減少するので、平滑にするというよりは、壁面より盛るようにします。

乾燥後のシリコンの上には塗料が乗らないので、必要な場所以外にはつけないよう注意します。(つけてしまったらよくふき取ります。)

乾かないうちも水分と混ざらないので、水気などにも注意します。

気泡を作らないようにし、コーキングヘラで表面をきれいに仕上げます。

 

平らな2つの面の間の溝や亀裂などは経験があったのですが、今回は、壁の面が90度でぶつかっている部分の、隙間へのシーリングも手がけました。

こちらはヘラだけではシーリングが きれいに出来ずに苦戦しました。

また、作業している間に表面から乾燥して固まってくるので、チューブから出した後のスピードの必要性を感じました。

 

 

 

by WATANABE


この記事をはてなブックマークに追加

海綿によるサビのテクスチャー表現

2011-06-07 21:36:24 | 制作現場

デザイン塗装と呼ばれるカテゴリーの中に、

素材感、質感などを出すフェイク塗装という技があります。

 

代表的なものは木目、木地、岩石などです。

普段から観察し、真に迫った表現を心がけたいです。 

本来の素材とは違う部分に塗装し、その場の空間を作り変えることができます。

例えば、大理石模様の机が欲しい場合、この塗装を施すことで、

もとの素材が木製やスチールやプラスチックなどであっても、

それまでとは違った雰囲気を演出をすることができます。

また、好きな場所に、好みの模様を入れることができます。

 

日本や世界各国の飲食店や、ホテルのカウンターや

公共の施設などに、施工されています。

 

また、エイジング塗装と呼ばれる技法もあります。

今回はあたかもさびてしまったかのような鉄部の表現に挑戦しました。

 

海綿と呼ばれる、天然の道具を使用します。スポンジのような感触を持っており、

微妙な力加減で状況に応じて様々なテクスチャーを生み出していきます。

 

天然の海綿は、一つ一つ違いどこをとっても違う形なので、模様は自然な印象を作りだすことができます。

 

BY WATANABE


この記事をはてなブックマークに追加

2液型塗料の混合比は重量比!

2011-06-01 22:20:27 | 受講レポート

塗料には、1液型と、2液型があります。

1液はそのまま使うことができます。

2液型は、主剤と硬化剤の2種類の液を混ぜて使います。比率は液によって異なります。

 

◎2液型塗料混合時の厳重注意点は、重量比であることです!!!!

体積で測るcc、リットルだと、比重がそれぞれ違うので、 計りを用い、グラムで数値を計算します。

 

本日使用した鉄部の錆止めシーラー「エスコ ESCO」は主剤と硬化剤の2液型です。

その混合液に希釈液(シンナー約10パーセント)加え、下地として鉄部に塗装します。

主剤は白色で粘度がある液体ですが、硬化剤と希釈液は透明でサラサラしており、似ているので、取り違えに注意です! 

 

混合液{ 主剤   4 : 1   硬化剤 }

 

混合液  9 : 1   希釈液 

 

例) 主剤800gに対し、硬化剤200g、希釈液100g というように使用します。

 

 塗装は2度塗りが原則です。一度塗りのムラに重点的に気をつけて指触乾燥したら2度目を重ねます。

 エスコは刷毛で塗りましたが、比較的乾燥が早く、固めの感触でした。

また、1度混合すると保存ができないので、作る量をはやく見極められるようになりたいです。

 

BY WATANABE

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加