バイクのレストア

バイクのレストア記録!

ジェンマ125 レストア【12】

2017-02-13 | 日記



レストア11回目。
純正キャブレターに戻して、100㎞ツーリング。
目的地、小田原。
熱海を経由して、小田原へ。
2月12日午前11時。
出発前の点検。オイル、ガソリン、電気系。すべてOK。
県道11号線から熱函道を下り、国道135号線へ。
熱海までの熱函道の下りは、かなりの急こう配で、ジェンマ125で普通に走るのは難しい。
神経を集中しながらふと、ブレーキのふぁふぁ感はどうにかならないのか?とつぶやきながら、ようやく熱海駅。
お茶でも、と思いながら、国道135号線へ。

晴天の中、海を見ながら鼻歌まじりで絶好調!
ふと、メーターを見ると、針が動いていない。
しかし、オドメーターは動いている。なぜ?
燃費は測れるから、まぁ、良いか。天気も良いし。

お茶もしないで、小田原着。
小田原城へ行くが、人混みが苦手なのでパス!
喫茶店でお茶しながら動かないメーターの原因を考えていた。
とりあえず、始動前に軽く叩いてみるか?直るかも?

結果、直らず。
始動するも、吹き上がらない?
マフラーから黒煙。かぶったようだ。
燃料が濃いようだ。
PJを下げてみるか?とニッコニコッ!としながら、エアーを調整。
ここまでの燃費。ℓ/25.41㎞

もう一つの用事である、小田原2りんかんへ。
注文していた部品の受け取りとガスケットの調達。

帰りも、国道135号線から熱海。熱函道から県道11号線。
熱函道。こんどは上り!
一生懸命に変速しながら走っているのだが、遅い。
キャブのセッティングがどうのと言うレベルではない。
しかし、これがジェンマ125だと思う。

過去にリード125を所有していた時を思い出す。
2ストなのに出だしが遅く、駆動系を改善しても、原付に抜かれて行く悲しいスクーター。

遅いジェンマ125に愛着を持つのはなぜ?
4ストだから。
リード125は2スト。
2ストなのに??と思い、手放した。

何だかんだ思いながらも、帰宅。

今回の走行距離:95㎞
ℓ/25.45㎞
多少、燃費は上がったが、燃料がかなり濃いことが判った。
平地での走行は変速もスムーズで、加速も良く一般の車の流れに沿って走れる。上りと下りが苦手なジェンマだが、妙に愛着があるスクーターだ。

今日最後の落ち。
帰宅しエアーボックスを取り外していた時、2本のボルトの内、1本を折ってしまった。
しかも、折ったボルトを外すのにも失敗。
貴重な1本で取り付け、海の底深く反省(どうしよう?)。

次回、下田へ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジェンマ125 レストア【11】 | トップ | ジェンマ125 レストア【13】 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
目が離せません (mistertea)
2017-02-16 10:39:49
毎回、楽しく拝見させていただいてます。やっぱりキャブは純正が良いのでしょうか?燃費とスピードを満足させる結果を楽しみにして参考にさせてくださいね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。