バイクのレストア

バイクのレストア記録!

【8】ビラーゴ250をキャストホイールに!

2017-06-19 | 日記


フロントホイールのカラー製作とキャリパーの組み付け。

シャフト径はビラーゴ250と同径なので、純正品を仮組してみる。
すると、外径は同じだが、長さが数㎜長い。

純正カラーに対し、数㎜削ることに。
純正カラーにマスキングし、削る部分に印をつけ、ハンドグラインダーで削りながら調整していく。
30分程度の作業時間で完成。

フロントホイールを組み付け、不具合がないか?
ベアリングの動作に引っ掛かりがないか?
センター調整はされているか?
以上の確認後に、キャリパーを組み付け、ブレーキの確認と調整へ。

すると、キャリパーの動作に問題が?
可動範囲が狭いのか?
ブレーキを掛けた時のキャリパーを止める2本のボルトの動きに異変。
キャリパーは、ビラーゴ250純正シングルを使用しているので、2本のボルトの動きに異変が起こること事態、原因不明。
思い起こすと。
ブレーキディスク:XS250の純正品
キャリパー:ビラーゴ250の純正品
2台のブレーキディスクの形状を比較すると、形状の違いが一目で解る。
原因はブレーキディスク。
ブレーキディスクの変更を考えたが、取り付けピッチが異なる。
通常、新しく穴を開け直すのだが、
今回、キャリパーの土台を加工することに。
加工内容はXS250のディスクが、ビラーゴ250よりも、外に出ているので、キャリパー土台の取り付け部分を外に出ている分だけ削り、調整しながら合わせることに。
先ずはOHを兼ねて、キャリパーの分解。
土台を取り出し、削る部分をイメージする。
注意することは、均等に削ること。
最初に2㎜程度、一気に削り仮組。
次は微調整なので、棒ヤスリで調整しながら慎重に削り、何度も仮組を繰り返し、水平器で合わせながら仕上げる。
キャリパーのピストンを磨き上げ、消耗品を交換し組み上げる。
マスターシリンダーはピストン径を1/2も綺麗に清掃し、新品ホースを組み付ける。
規定量のブレーキオイルを注入し、エアー抜き作業。
数分で「カチッ!」と言う感触。
キャリパーの動きを確認すると、ブレのない正常な動き。

次にフロントフェンダーを取り付ける。
すると問題が、インチUPしたのでフェンダーとタイヤの隙間がなく、フェンダーの土台にタイヤが干渉している。
改善策はタイヤのサイズ変更、もしくはフェンダー加工の2択。
迷わず、フェンダー加工することに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジェンマ125 レストア【32】 | トップ | 【9】ビラーゴ250をキャスト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。