2006年式 フォルクスワーゲン パサートと共に過ごしてみる

ふとした事からなんの思い入れもないクルマを購入した都内在住の50代。果たしていつまで保有するか、はたまた好きになるのか?

よもやま話

2017-08-05 12:36:50 | 日記
いろいろ事情があって


特別区(いわゆる23区)から依頼された仕事を受けています。


(o^^o)











月に8回程度ですが区の相談を受けたりラジバンダリ。




でも



コンサルやアドバイザーなんて柄にもないので




麦茶を飲む係と言ってます。













麦茶会は私の他にも何人かいまして



その麦茶友達の面々が面白い。



(o^^o)















大学教授、某大手自動車会社のエンジニア、IT企業の社長の肩書きを持つ方々がいらっしゃるユニークなメンバーなんです。








基本は日程が重ならない様になっているんですが


たまに一緒になると話が止まりません。








皆がこの道20-30年



他の道を知らないもんですから



聞けば聞くほど面白い。



(o^^o)












このブログでも書き留めましたが



フォルクスワーゲンディーゼルの排ガス規制逃れ問題。










実は20年近く前に日本でも国産ディーゼルで問題になったそうです。




なんでも



規制対象となる部分の計測値だけ規制を超えない様に設計されていたんだそうで



規制物質総量としてはなんら削減されておらず



いわゆるザル規制だったらしいです。













規制を作った側も賢いが


同じくらい賢い奴が測定ポイントだけ基準内に収まる仕組みを設計した


と笑ってました。



(。・ω・。)











排ガスの排出総量は変わらないが


常時規制はクリアしているわけです。









変ですよね。


(o^^o)










フォルクスワーゲン問題はプログラムをいじってますので本質はちがいますが




規制と抜け道はどの国のどの業界でもあるあるネタということですね。




(。・ω・。)









試験勉強も




テスト内容がわかっていれば皆そこしか覚えませんもんね。









各業界であるあるネタを集めたら



世の中ヤバいことだらけになるでしょう。











例えるなら我々は


目に見えない小石が常時飛び交う中で日常生活を送っており


毎日運良く当たらないだけで


コツンと当たれば手痛い出費程度ですが


当たりどころが悪ければ命に関わる事態になる




でも




それら全てに気付いたところで出来る事は何もなく


一瞬怖っとか思うだけで



普段通りの生活をすることしか出来ません。











カオス理論なんて聞きますが



人生は連続する偶然の上に成り立っているんですね。



(。・ω・。)プシュ〜(頭から湯気)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑気払い | トップ | 中年オヤジ@立教大学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。