VW-SQUARE 2

空冷VWとポルシェとドラムを愛するオヤジのブログ

野望再び10

2017年01月29日 20時04分37秒 | キャンピングカー
早速トヨタに行ってまいりました。

まずはランドクルーザープラドをチェック。

 
プラド 2.8Lディーゼル 特別仕様車 TX-Lパッケージ G-フロンティア。

次に向かったのは、中古車として置かれていたFJクルーザー。

 
FJクルーザー カラーパッケージ。
「TOYOTA」のロゴが渋くてステキ。
カクカクしていて空力的にはかなりマイナスでしょうが、よく言われるようにLEGOブロックっぽくてGOOD。
2年半落ちの3万km弱の車が318万円。
ランクルシリーズの中古車価格は値落ちしないっていうけど、確かに。

それでは、FJクルーザーとプラドを比較してみます。


FJクルーザーの運転席。
ステアリングは3本スポーク。


プラドの運転席。
見た目は普通の(トヨタの)乗用車ですね。


FJクルーザーのセンターパネル。
ボディー同色で、ボタンが大きくエアコンはマニュアルでダイヤル式。


プラドのセンターパネルは一般的な感じ。


FJクルーザーのATシフト。
メルセデスっぽい・・・。
フルタイム4WDのプラドとは異なり、パートタイム4WDなのでFRと4WDの切り替えレバーが付いています。


プラドのATシフトはごく普通です。


ちなみにFJクルーザーのドアは観音開きのため、前席ドアを開けないと後席ドアは開きません。
すなわち、後席の人は前席の人がドアを開けてくれないと降りることができません!

乗り込んでみると・・・。

 
すべての窓の上下幅が狭く、後席には覗き窓程度のものしかついていません。
ネットでも言われていることですが、まるで装甲車に乗っているような感じ(装甲車に乗ったことはありませんので、あくまでもイメージです)。
つまりプラドのような開放感はありません。
斜め後方の視界は、極太Cピラーのため絶望的です。
まあ、キャブコンにして窓を作ればOKですけど。
とにかく死角が大きい造りなのは間違いないです。
室内空間はプラドよりも明らかに狭い感じ。

4L V6エンジンの音は、始動直後はヴァ〜〜〜ってなりますが、すぐに静かになります。
う〜〜ん、ガラガラいわなくていい・・・。

スタイリングは、個人的にはプラドよりもマニアックなFJクルーザーの方が好み。
牙をむいているようなプラドの顔よりも、目と目の距離が近いFJクルーザーの方が可愛いです。
プラドはハイテク満載ですが、FJクルーザーはパートタイム4WDだしアナログ的で比較的ローテク。
でも、それだけ故障箇所が少ないかもしれません。
観音開きのドアの剛性と耐久性が気がかりですが。

ちなみにFJクルザーの生産中止については、ディーラーの人によれば噂でしかないとのこと。
まだ正式には決まっていないそうです。
ただ時間の問題でしょうけど。

・・・あとはビルダーさんがFJクルーザーでキャブコンを作ってくれるかどうか。
明日結果が出ます。
可能であっても、プラドベースよりも狭くなり、しかも高額になりそう・・・。

ネットでもFJクルーザーベースのキャブコンは見かけないし・・・。
無理なのかも・・・(汗)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野望再び9 | トップ | 野望再び11 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キャンピングカー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。