VW-SQUARE 2

空冷VWとポルシェとドラムを愛するオヤジのブログ

立山〜上高地の旅 2016秋

2016年10月12日 15時28分47秒 | 旅行
10月9-11日の2泊3日、立山と上高地まで旅行に行ってまいりました。

10月9日(日)

朝7時過ぎに自宅を出発。
ワンたちは前日からペットホテルに宿泊です。
午前はあいにくの大雨。
途中で次女を拾い、立山方面へ。
途中の大町温泉で昼食をとり、昼過ぎに扇沢に到着。
この時は雨は上がって曇りでした。

扇沢駅からトロリーバスで黒部ダム駅へ。


日本最大のアーチ式ダムです。
観光放水が大迫力!
ダムの上を渡り、


ケーブルカーで黒部平へ。


黒部平展望台から上を見たところ。
ロープウェイに乗って大観峰に登ります。
途中紅葉が綺麗ですが、今年は紅葉が早く、すでに多くの葉が散っていました・・・。


大観峰展望台から黒部ダムを見下ろしたところ。

大観峰からはトロリーバスで終点室堂へ。
室堂にある立山ホテルにチェックイン。
日本で一番高いところにあるホテルです。


夕方ホテルスタッフの案内で、近くのみくりが池周辺探索に行きました。
すごく寒い・・・。

夕食は和食でとても美味しかったです。
夜は星空見学。
夜には雲はなくなり、星を綺麗に見ることができました。
空気が綺麗なので、天の川もクッキリと。
星が見えすぎるので、星座がよくわかりません・・・。

体が冷えてきたのでホテルに戻り、バーでカクテルを飲み、お風呂に入って就寝。

10月10日(月)

朝7時起床。
朝食はバイキングです。
いい天気なのでちょっと散策。


立山連峰。右端の山が雄山です。


晴れているとみくりが池も美しい。

さて、室堂〜大観峰〜黒部平〜黒部ダムと下って、レストハウスで食べたのが


黒部ダムカレー。
辛口のグリーンカレーで、美味しかったです。


辛いのが苦手な人には中辛のカレーもあります。

黒部ダムからトロリーバスで扇沢へ。
そこから今度は上高地目指して出発!

安曇野を通って着いたのが沢渡。
上高地はマイカーの乗り入れができないので、そこに車を止めてタクシーで上高地に。
荷物が多いし、3人なのでバスに乗るより楽です。
金額も500円程度しか変わりません。
運転手さんの楽しい観光案内付きですし(笑)。

しか〜し、スマホを車に忘れてしまったので、上高地の写真はほとんどありませ〜ん。
気を取り直して・・・。


(上高地公式HPより)
ちなみにこれが上高地のマップです。

上高地帝国ホテルの近くで降り、10分ほど歩いて上高地ルミエスタホテルに。
上高地には温泉ホテルは2軒しかなく、そのうちの一軒です。
年をとると温泉に入りたいので・・・。

上高地帝国ホテルでケーキセットを食べた後、河童橋まで散策。


(上高地公式HPより)
河童橋付近は観光地っぽく売店が並んでいます。
河童橋からの眺めは格別ですね〜〜〜。

とりあえずホテルに戻って夕食。
洋食にしましたが、このホテルの洋食は有名らしいです(口コミ&タクシー運転手さん情報)。
確かに美味しい・・・。
オススメの長野ワインもまた素晴らしい・・・。
ホテルのスタッフは、立山ホテル同様皆親切だし。
大満足しながら温泉につかり、就寝。

10月11日(火)

朝6時半起床。天気は晴れ。
朝食後チェックアウトし、上高地の散策開始。
まずは河童橋へ行き、そこでキノコ弁当を買って、梓川(上高地を流れる川で、信濃川の上流にあたる川です)左岸を歩きます。
山道をひたすら歩くと明神に着きます。
そこでソフトクリームを食べて休憩。
梓川にかかる明神橋を渡り、しばらく歩くと観光スポット明神池に。
穂高神社の境内にあるため、参拝料は300円です。
御朱印ももらえます(500円)。


次女からもらった上高地唯一の写真。
とにかく綺麗で神秘的でした。

パワーをいただいた後は梓川右岸をひたすら歩きます。
こちらは湿原なので、歩くのは尾瀬のように木の板でできた遊歩道の上です。
途中野生のサル親子が出てきてビックリ!
餌やりが禁じられているので、食料を狙って人を襲うことはありません。
子ザルはまるまるして可愛いです。

途中、河原で弁当を食べて、さらに歩いて河童橋到着。
お土産を買ってホテルに戻り、タクシー乗り場まで歩いてタクシーで沢渡へ。

沢渡から車で3時間ほどで次女の家に着き、そこから1時間半ほどかけてペットホテルへ。
ワンたちを引き取って帰宅。
結構歩いたけど、充実した3日間でした〜〜〜。

終わり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第7回 国営越後丘陵公園 ... | トップ | Mahle シリンダー&ピストン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。