今日まで、そして明日から

定年間近の単身赴任親父が、ボケ防止のために忘備帳を綴っているのです。

病院の待合室

2017年03月21日 | 日記
 仕事が終わったあと、会社近くの整形外科でリハビリを受けることが日課となってしまいました。

 リハビリとは言っても、腰を暖めたあとに電気治療をするというだけで、自分自身で身体を動かすというものではありませんので、「これがリハビリと言えるのだろうか?」という疑問はあるのですけれどね。

 それにしても、高齢化社会を反映してか、大繁盛していますね病院は。。。

 で、大勢の患者さんたちを観察していて分かったことがあるんです、それは、男性(おじいちやん)はホントにどこかが痛くて辛そうな動きと顔をしているのに対して、女性(おばあちゃん)たちは皆さん明るく、あちこちで世間話に花が咲いていて、「ほんとにどこか痛いんだろうか?」と思えてしまう光景が展開されているのです。

 漫才のネタにもありましたよね、病院の待合室でのお婆さん達の会話
 A婆さん「あれっ?今日は○○さんの姿がみえないねぇ」
 B婆さん「どっか具合でも悪いんかねぇ?」


 『この世は、間違いなく女性が創り上げたものだ』と実感できる空間です、病院の待合室は。。。

 本日の
 朝食・・・焼き鮭、生卵、ご飯、味噌汁
 昼食・・・【一膳】のアジフライ定食
 夕食・・・サバの塩焼き、鳥肉と野菜のごった煮、きんぴらごぼう、生野菜サラダ   ぷしゅーっ



『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いいお彼岸になりました | トップ | 治ったみたい »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aiko)
2017-03-21 22:10:04
『この世は、間違いなく女性が創り上げたものだ』

はい、間違いないですよ
昔からよく言いますでしょ?
オンナを敵に回すと怖いって

フェミニストこそ、世渡り上手なんだと思う今日このごろであります・・・
ぷしゅーっ
はい (心)
2017-03-21 23:46:36
女性、特におばちゃんパワーには、絶対敵わないと思った今日でした。

隅っこの椅子にしか座れませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む