麦わら海賊版が往く…

ここはダービー馬のオーナー、ましてや海賊王になるまでの足跡を綴るブログ……な訳ありません

向かう先は

2017年03月06日 | 11 キュリオスティー
引退レースを花道で飾れなかったキュリオスティー


ちょっぴり残念な気持ちもありますが、大きな怪我もなく、リミット一杯まで走ってくれた愛馬に感謝、感謝

な~んて考えてたら、今後については帰厩後の状態で判断していくって何のこと?
ホントにまだ使い続けるんだとしたら、牧場に戻す気がないのかもしれませんね

この後はどのレース?
そして、サラブレッドオークション?

果たしてキュリの向かう先はいずこに…

■ RECENT STATE ■
3/5 小倉競馬場
5日の小倉競馬では後方からじっくり進めて後半勝負にかける。外目から追い上げようとするが、思うように差を詰められず10着。
「中1週でも調教でビシッと動かしていて具合の良さを感じていました。噛み合いさえすればすごくいい走りをしそうな馬なのでもちろん前走以上の結果を出すつもりで挑んだんです。スタートは出ているのですが、初速はまわりのほうが速く、自身もグングン進んで行く方ではないので後ろからになりました。気分良く運ぶようにもしたいので急かさずじっくり進めて後半勝負に賭けたのですが、開催最終週で馬場も荒れて、3コーナーあたりからがだいぶ掘れてしまっていたために、前回のようにペースを上げていきたいところで思うように勢いをつけて行くことができませんでした。それでも最後まで伸びようとする格好を見せてくれているのですが…。すべてが噛み合えばすぐにでも巻き返すことができるほどのポテンシャルを持っている馬なだけに、本当に悔しいです。いい結果を出せず申し訳ありません」(横山和騎手)
前走はあわやと思わせる好走を見せてくれましたし、同じ条件で再びと期待を持って今回のレースへ臨みました。心身のコンディションもまずまずのようでしたので、滞在効果をプラスしてしっかりと持ち味を活かすことができればと考えていました。しかし、残念ながら要所要所で思うように行き脚がつかず、最後まで伸びようとする姿勢は見られましたがロスなく立ち回った馬たちに迫ることはできませんでした。引退期限まであとわずかとなりますので、今後については美浦に戻ってレース後の状態をまず確認してから判断をしていくことになります。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな時だからこそ | トップ | Fortune comes in by a merry... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

11 キュリオスティー」カテゴリの最新記事