麦わら海賊版が往く…

私をダービーに連れてって

現役愛馬

     

・アウェイク(ディープインパクト × オールザウェイベイビー)  牝4  美浦・斉藤誠厩舎  500万下
・ヴェリタブル(ダノンシャンティ × トキオリアリティー)  牝3  美浦・堀厩舎  新馬
・フラットレー(ハーツクライ × リッチダンサー)  牡2  美浦・藤澤和厩舎  NF空港(B-2樋口厩舎)育成中

札幌こそ王道路線なり

2017年06月25日 | 15 フラットレー
唐突ですが(笑)、藤澤厩舎のデビュー戦について調べてみました
再ブレイクにつながった2歳馬で、昨年、札幌デビューとなったのは次の5頭

●ソウルスターリング 6戦5勝-阪神JF、オークス(G1)、チューリップ賞(G3)
●サトノアレス 7戦3勝-朝日FS(G1)
●ラユロット 6戦2勝
●バトルスピリッツ 7戦1勝
●アルトリウス 5戦1勝

一般に王道路線と言われている東京デビュー組が10頭中6頭の勝ち上がり、2勝以上が2頭(重賞勝ちはレイデオロ1頭のみ)なのに対し、札幌デビュー組は全頭勝ち上がりで2勝以上は5頭中3頭、G1馬が2頭もいるとなれば、札幌デビューの方がむしろ王道路線かもしれません

ちなみにデビューまでの経過をサトノアレスとフラットレーで比べると、フラットレーの方が1~2週間くらいは進んでいる感じで、デビューの方もちょっとは早まりそうでしょうかね

【サトノアレス】
・6月上旬、美浦トレセンに入厩
・7月1日、ゲート試験合格
・7月3日、美坂 54.7-40.0-25.6-12.5
・7月下旬、札幌競馬場へ移動
・8月14日、デビュー

【フラットレー】
・6月1日、美浦トレセンに入厩
・6月16日、ゲート試験合格
・6月25日、美坂 55.8-40.2-25.4-12.3
・7月上~中旬、札幌競馬場へ移動?
・札幌開幕週~2週目、デビュー?

同厩舎で、こちらも札幌デビューを目指しているレイエンダとの使い分けを考えたら、仕上がりの早いレイエンダが開幕週、フラットレーは2週目のデビューという感じかな
ということで、フラットレーのデビュー戦は8月6日の札幌・芝18に決定~!(かもね)

今宵も妄想の波に揺られながら、眠りにつくすけ兄なのでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

は、はこだて?

2017年06月22日 | 14 ヴェリタブル
中1週の競馬で掲示板を外し、しばしの休養に入ると思っていたヴェリタブル
本日の公式では函館を目標とのことで、短い調整のみで次走に向かうようです



■ RECENT STATE ■
6/22 堀厩舎
21日、22日は軽めの調整を行いました。
「先週は勝ちに行っただけに思うような結果を出せずに申し訳ありません。正直、掲示板を外すことは想定していなかったので頭が痛いですね。レース後の状態を見る限りだと脚元に異常はないものの、背腰には相変わらず痛みがあります。ただし、今週すでに445キロと競馬前の体重に戻っていますし、中1週で使ったから大きく堪えたということはなさそうです。何度も輸送を挟むのはあまり好ましくないかと思い、しがらきと美浦の行き帰りを短期間で行うのは得策でないかなと考えていますが、出馬状況的にすぐ使えるかとなると難しいですよね…。現状からすると函館が有力となるでしょう。そうなるとさらに輸送がプラスされますから、今のところこの後は手元に置いたまま調整をするか、美浦近郊の牧場へ放牧に出すかして次走を狙っていくことになると思います」(堀師)


北海道で走るとなれば是非とも応援に行きたいところですが、函館までは高速道路を使っても片道6時間を超す道のりです
時期的にホテルは取りにくいし、さすがに日帰りの運転だと厳しすぎますね

正直、少し休ませて札幌競馬で良いと思ってるんですが、無理しても応援に行くべきか、とっても悩ましいところです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

噂の2頭

2017年06月22日 | 15 フラットレー
入厩輸送から調教までいつも一緒の過程を歩んできたレイエンダと愛馬フラットレー
厩舎期待のその2頭が揃ってゲート試験に合格したようで、まずはホッとひと安心ですね



報知ブログではどちらも札幌に連れていく予定とのことですが、公式を見ると、レイエンダの方が先のデビューとなりそうです

■ レイエンダ ■
6/16 藤沢和厩舎
16日にゲート試験を受けて見事合格しました。
「水曜日、木曜日とゲートの確認をしていて、これならば試験を受けてみてもいいのではないかという判断に至り、今朝受験することになりました。結果、しっかりとハミを取って走れていまして、無事に合格をもらうことができましたよ。現時点でもそれなりに動けるタイプかなと思えますし、このまま無事にデビューまで持っていければ理想的ですよね。まだ合格したばかりなので予定はハッキリと決まっていませんが、様子を見てこのまま行けるかどうかを探っていきます」(千島助手)

6/21 藤沢和厩舎
21日は美浦南Wコースで追い切りました(38秒8-12秒8)。
「先週無事にゲート試験を合格しましたので、今週から実戦に備えて少しずつ動かし出しています。最初ということもあって慣らすような感じですね。兄貴同様にジョッキーの五十嵐を背にして併せる形で走らせてみたのですが、まずまずコントロールも利いていたようですし、走りも悪くなかったですよ。まず最初のステップを無難にクリアしてくれたかなと思いますし、引き続き少しずつ進めてみたいと思っています」(藤沢和師)


■ フラットレー ■
6/16 藤沢和厩舎
16日にゲート試験を受けて見事合格しました。
「連日ゲートの確認をしていましたが、昨日の出方がまずまずかなと思えましたし、万が一ダメだったとしても練習と思うようにして本日試験を受けることにしました。その結果、無事に合格をもらうことができましたよ。良かったです。ふわっとしすぎたり、変な格好を顕著に見せることはなく、ハミを取れて前進していこうという走りを見せてくれましたね。動けるようになってくるには少し時間をかけたほうがいいかもしれませんけれど、良いものを持っていると思いますし、楽しみですね。受かったばかりなのでまだハッキリと予定が決まっているわけではないのですが、まずはこの後の変化を慎重に確認してこのまま進めていくか、間を挟むか検討していくことになります」(千島助手)

6/21 藤沢和厩舎
21日は美浦南Wコースで追い切りました(41秒8-13秒0)。
「先週の金曜日に試験を受けて無事に合格をもらうことができました。それなので今週からは実戦に近づけていけるように少しずつ進めてみることにしました。馬場に入れてウッドチップコースの3コーナーから入りじわっと伸ばすような感じです。厩舎所属騎手の杉原を背にしてじわっと動かしましたが、まわりに馬たちがいる中でも落ち着いてこなせていましたし、悪くはないでしょう。足慣らしは無事に終えられたかなと思いますから最初の段階としてはいいんじゃないかな。このまま進めていけるといいですね」(藤沢和師)


とは言え現時点の完成度が違っての順番なだけで、フラットレーもまずまず順調
どうかこの先も無事に乗り込みを重ね、愛馬の札幌デビューを見届けられるようお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この先の目標

2017年06月21日 | 14 ヴェリタブル
叩き一変を期待したヴェリタブル
残念ながら一発回答とはなりませんでしたが、ゲートの出、道中の走り共にスムーズで、やや気が良すぎるところを除くと、能力のあるところは見せてくれました

パドックの映像を見ても、まだまだ成長途上の馬体をしており、力が付ききってないのは明らかなので、何度がチャンスをもらえれば、必ずや結果を出してくれることでしょう

この先の目標は明らかになっていませんが、デビュー戦で見せた末脚を活かせる新潟か、2戦目で見せたスピード、先行力を活かせる札幌か、堀せんせいの判断を楽しみにしています



■ RECENT STATE ■
6/18 堀厩舎
18日の東京競馬では好スタートから道中2、3番手を追走する。直線で伸びる格好を見せたが、終いにかけて詰めが甘くなってしまい6着。
「返し馬でまわりに馬がいなくなったり、ゲートで隣が空きスペースの左を向いたりした時はちょっと気持ちに波が出て落ち着きがなくなるタイミングはありましたが、基本的にはしっかりとしつけられていて、牝馬ながらここは我慢だよという点は守ってくれましたね。極端な枠なので揉まれ込むのは嫌だなと考えていましたが、ゲートをスッと反応してくれましたし、ちょっとハミがかりがいいなと思えたので無理に抑えずに馬のリズム重視で前目を追走しました。勝負どころでの手応えはいいな、これは勝ち負けできるなと感じていたものの、追い出してからがもうひとつになってしまいました。結果的にはまだ体質的にしっかりとしきれていなくて経験も少ない分、最後は体力面の差が出てしまったかなと思います。いい結果を出せず申し訳ありませんが、すごい乗り味が良くて力を感じましたし、軽い芝で切れを活かせればチャンスはあるはずです」(藤岡佑騎手)
直線では内から脚を使ってくれましたが、最後は余力がなくなってしまったのか上位に迫ることはできませんでした。この後はレース後の状態をしっかりと確認してからになりますが、間隔を詰めて続戦したこともあるので、より慎重に判断していきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

叩き2戦目

2017年06月16日 | 14 ヴェリタブル
中1週で東京・芝1800m戦に挑むこととなったヴェリタブル

予想していた番組じゃなく、相手的には厳しい方のレースとなってしまいましたが、競馬には慎重な堀せんせいのこと、態勢的には問題なしと判断されたんだと思いますし、能力的にもそれなりの手応えを感じての出走だと信じています



藤岡兄の騎乗についても、先週、4年4か月ぶりの重賞勝利(マーメイドS)で波に乗ってると考えたらきっと悪い選択ではないんでしょう

戸崎とルメール騎乗の馬がちょっと怖いですが、叩き2戦目、厩舎と馬のチカラであっさりを期待しています

■ RECENT STATE ■
6/15 堀厩舎
14日は軽めの調整を行いました。15日は美浦坂路で追い切りました(56秒0-41秒3-26秒7-13秒0)。
「使った後の状態をよく見極めていましたが、カイバ食いはまだ完全ではないものの、体は少し回復してきました。昨日の計測で444キロで、前回のレースへ向かう前の状態には近づいてきています。その一方でメンタル面のほうは整っているように思えたので、可能ならば最短で今週の競馬を考えることにしました。今週出走ならば中1週となりますから、今朝の追い切りは坂路で終い重点でサッと動かしています。悪くはないという印象でしたし、出走を考えてもいいのではないかと思えました。相手もいるのですが、梅雨時期になり、開催が進むにつれて馬場状態の悪化が予想されます。中1週とハードなスケジュールにはなりますが、できるだけ綺麗な馬場で走らせたいと思い、来週よりも今週のほうが好ましいと思って今週行くことにします。前回は1400mからスタートしましたが、少し余裕を持たせて1800m戦へ向かいます。急遽の参戦ということもあり水曜日の段階で空いている中から好ましい人を探した結果、今回の鞍上は藤岡佑介にお願いをしました」(堀師)
18日の東京競馬(3歳未勝利・芝1800m)に藤岡佑騎手で出走いたします。


■ WORK-OUT TIME ■
・06/15(木) 美南坂・稍 助手 56.0 - 41.3 - 26.7 - 13.0 馬ナリ余力(-)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加