テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

貴方の半田コテは大丈夫ですか?(太洋電機産業 KS-40R)

2017-10-15 12:32:29 | Weblog

昨日まで使っていた半田コテ (KS-40R) を使おうと電源に繋いだが温まらない。 サテ前回ヒーター
を交換したのが何時だったか覚えていないが多分2~3ヶ月前では無いかと想う。 この半田コテも
可也の年数使っているが数年前まではヒーターが断線することは稀で予備のヒーターを用意してい
なかったが、ここ数年ヒーターの寿命は可也短くなって仕舞い常に幾つかの予備を持つ様にしてい
るが一体何が変わったのだろうか? gootブランドの太洋電機産業さんに聞いてみるか?  仕事柄
半田コテは常に使う道具で探せば Ungerや Antexの物も見付るとは想うが普段使いには一般的な
物で十分なのでこの半田コテを使って来たが余りに切れるのでは他の物を考えねばならなくなる。

10月17日 昨夜メーカーに頻繁に切れる様になって仕舞った原因を問い合わせておいたが果たして
回答は寄せられるか? こちらの勝手な想像ではニクロム線の原料、配合比率等が変わった位しか
考えられないが昔の様に蛍光X線定量元素分析装置を扱っている時なら自分で元素毎の成分分析
も出来たのだがそれは最早叶わない。 自分でも遠い昔、技術部門に居た時は Unger のセラミック
ヒーターの物を使っていたがそれこそ断線の経験は一度も無かった。 先日時々お手伝い頂いてい
るMさんにも聞いてみたが彼も断線経験は一度も無いとのことだった。 今朝これまでにも有用な情
報を頂いた方からハッコウと云うメーカーの物を使っているが断線の経験は無いとの情報を頂いた。
一言で言えば仕事には矢張りそれなりの物を使わなければならないと云うことになるのだろう!

10月18日 メーカーのHさんから連絡を頂いた。 今も昔も広島で製造しており、仕様等何も変わって
無く解せないとのお話だった。 また他から同様の質問やクレームが寄せられたことも無いとのおj話
だった。 ただ温度が高くなると切れ易くなるとの説明が有った。 その後こちらでの使い方を細かく
説明し、先端の温度を下げたい時はコテ先を多く出し、逆に温度を上げたい時はコテ先を殆ど内蔵
する形で調整している話をしたが、このコテ先を多く出すと先端の温度は下がるがヒーターの温度は
上がって仕舞うので寿命を縮めることになるとのことだった。 低温用には30W程度の物を使われた
方が良いとのお話も添えて頂いた。 発熱量を押さえる簡単な回路を造ってみよう。

 

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SONY, TR-911 | トップ | クラリオン RP-320D AM/FM... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。