テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

RCA, The Envoy Model 140-P-023? (1959)

2017-04-24 18:09:55 | Weblog

 

何故かこのところ手掛けた物にお返しして直ぐに動作しなくなると云う問題が発生した。 共通して
いるのは全て国産の物で、またラジオ、テレビには特には興味を持っていない方からの物。 何時
もと同様に取り組んでいるのに何とも不思議でならない。 今日も先日一度お返し頂き、追加の修
理を加えた後、2日半連続運転を行い問題が無かった物をお返しして数日経った物がまたも動作
しなくなったとの連絡を頂き一挙に落ち込んで仕舞った。 そんなこんなで今日は殆どまともなこと
は出来ず仕舞いで夕方半年程仕舞込んでいたRCAのテレビを引っ張り出した。  この種のテレビ
の修理、改造に付きましてはこちらのHP http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ からお問い合わせ下
さい。 今回のモデルは140-P-02 までは先ず間違い無いが末尾が3かどうかは定かでは無い、実
は末尾の数字で色を表しており3は Garnet Tweed となるのだが果たして合っているのか不明。

底面に貼ってあった紙ラベルが殆ど無くなっており型番が不明だったが、内部に記されたシャー
シNo. KCS 120 を頼りに回路図を探してみた。 幸いRider's の Vol. 26 に KCS 120E/F が見付
かった。 画像からは可也綺麗に見えるが実際には可也のホコりが積もっていた。

 徐々に一次側の電圧を上げて行ったところラスターが出始めたので3Chの信号を加えてみた
が水平同期は取れず、また垂直振幅と直線性にも問題が診られた。 多分製造後何の手も加
えられて無い様なので寧ろ当然と云える。 しかし今回の機種は電源トランスを使ったモデルだ
が漏洩磁束の問題は殆ど診られなかった。 帰路通勤の電車で回路図に目を通した。

4月26日 同期分離の入力回路に手を加えた結果可也の好結果を得た。

細かく回路を診た結果、幾つかのコンデンサが米国で交換されていた。

4月27日 レストア後好結果が得られたので外してあったカバー等を組み付け細部の調整を行い
終わりとした。

 

 

 

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シボレー ベルエア (1956) 用... | トップ | お待たせしている方々えのお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事