テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

お待たせしている方々えのお詫びと 東京ローズ

2017-04-24 20:47:54 | Weblog

 

長らくお待たせしている方々向けのお詫びの文章を認めようと考えていた矢先何とこの半年程お
預かりしている受信機の持ち主からその後如何かとのメールを先程頂いた (この符合は一体何
なのか!) こちらの困った性格から一度取り組んだものの好結果を得られ無かった場合再度取
り組むには可也の時間を要するので誠に申し訳ないのですがご辛抱頂けます様お願い致します。  

先日マリンバンドのトランシーバーに触れてから国際VHF のことを知った。 航空管制の為の管
制塔とパイロットとの間の無味な通信と異なり、国際VHFでの船舶と海岸局 (港湾の管理者)間
の通信は何とも微笑ましく特に横浜ポートラジオ等の女性オペレータの通信の最後の「さよなら」
と云う挨拶が何ともホッコリさせてくれる。 最近航空管制でも女性の比率が高くなって来たが国
際VHFでは更に女性の比率が高く、感じでは3割程度ではないだろうか。  いきなり話が飛ぶが
太平洋戦争中、母国から遠く離れた地域、或いは洋上で聴く東京ローズの声に魅了されていた
米兵達の心境が少し分かる気がした。 (飛躍し過ぎかも知れませんネ) 
 
  画像はこのところの傍受に使っている ICOM, IC-Q7 (144/430MHz FM トランシーバー兼
30MHz~1.2GHzのワイドバンドレシーバ)

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RCA, The Envoy Model 140-... | トップ | 仕事場のPCが使えなくなり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。