テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

松下 TH-130T (昭和47年3月)

2017-04-20 12:43:08 | Weblog

以前TBSのテレビドラマ、南極大陸でお世話になった制作会社T社さんからのご依頼で松下の
TH-130T の動作を診てみた。  この種のテレビの修理に付きましてはこちらのホームページ
http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ からお問い合わせ下さい。

内部は可也のホコリだった。 以前は動作していたと貸し出しを行っているところからは聞いたとの
お話だったが、今日はパイロット・ランプは点灯するものの全く動作しないとのことだった。

一次側の電流を診てみたが0.12A程しか流れていなかった。 (CRTのヒーターは点灯していた)

二次側のヒュ-ズ(1.2A)が飛んでいたのでここの電流を一次側の電圧を徐々に上げながら診てみ
たが80Vを超えた辺りで1.2Aを超えて仕舞った。 更に電圧を上げたところ下の画像の何処からか
白い煙が出始めた。 フライバック・トランスか高圧整流か定かでは無いが水平出力のトランジスタ
は働いている様だったが修理には可也の費用を要することになるのでここまでとさせて頂いた。

何方か昭和45年頃に製造されたカラーテレビ(家具調を除く)を短期間お貸し出し頂ける方は
いらっしゃらないだろうか?

 

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BRAUN, SK 55 (1963) | トップ | Blaupunkt, Frankfurt Tr »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。