テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

Philips, 14S11B Discoverer

2017-07-28 12:09:31 | Weblog

2台目は先頃砂嵐だけになって仕舞ったと伺ったPhilipsのDiscoverer, 14S11Bで中々手強い機種
だが先ずは通り組ませて頂こう。 この種のテレビの修理、改造に付きましてはこちらのホームペ
ージ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ からお問い合わせ下さい。

アンテナ端子のF型コネクタが外れていた。

先ずは通電してみたが伺った症状を確認した。

先ずは壊れていたF型コネクタ部分を修理した。

一応受信はしていたが周波数が若干ズレていた。 ただ微調整方法が分からず調整出来なかった。
*後から分かったことだがVHF/UHFの微調整は自動式とのことだった。 手動で調整出来ると良か
ったのだが。

アレコレ試みた結果ビデオ(AV)モードとすることが出来た。

余談だが添えて頂いたリモコンには全く反応しなかった。

どうも今回のモデルは電源との絶縁が不完全な様で作業中2度漏電ブレーカが飛んだ。 そうこ
うする内に虎の子の地デジ・チューナーが壊れて仕舞い、最後はパターンゼネレータを使った。

 

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松下 AT-306 | トップ | アイ・オー・データ の 地上... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。