テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

コロンビア SSA-665F 用 ターンテーブル AR-810

2016-10-12 10:02:32 | Weblog

今日お預かりしたのはコロンビアのステレオ SSA-665F に使われているターンテーブル AR-810
で全く回転せず、モーターの回転音もしないとのお話だった。 この種の装置の修理、改造に付き
ましてはこちらのホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ からお問い合わせ下さい。

早速通電してみたが伺った様全く動作しなかった。 先ず気付いたのは回転速度の切換え部分で
グリスが固まって仕舞ったのか全くと云って良い程回せなかった。

クリスタル・カートリッジは一応左右とも生きていたが針が見当たらない。 幸い近くに落ちていた。

自動演奏機能が上手く作動せず電源スイッチが入らなかったが、そこを修正しモーターは回る様に
なった。 駆動軸とアイドラ・プーリーが触れて無かったのでここも修正しターンテーブルも回った。

トーンアームの支点(軸)が抜けており上手く機能しない。

 

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界初のトランジスタ・テレ... | トップ | ポルシェ 356A 用 Blaupunkt... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。