テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

SONY, 5-303W

2016-10-18 17:06:37 | Weblog

昭和初期のラジオの修理に疲れたので気分を変えようと隣町のOMから頂いたSONY, 5-303W に
通電してみた。 この種の物の修理に付きましてはこちらのHP http://www2.odn.ne.jp/~cac55760
からお問い合わせ下さい。  *今日もレコードプレーヤに関する問合わせを頂いたが、時々記して
いる様、単にお問い合わせを頂いても連絡先が記されて無いとこちらからは連絡のしようがない。

水平偏向回路は機能しておりネオン管を使ったパイロット・ランプは点灯していたがCRTにラスター
は出なかった。 最初内部で高圧が放電している様な音が聴こえていたがやがてその音は消えた。

AC120Vで動作させたが、負荷が重いのか12Vの電圧が低い。 外部から12Vを加えてみたがど
うも負荷が重い様で約2Aが流れていた。

どうも高圧を発生させる3倍圧のコック・クロフト回路が怪しかったので高圧部を分解してみた。

セラミック・コンデンサ (500pF,6KV) の一つの外側が焦げておりプラスチックケースが溶けていた。

別モデルの高圧部を移植してみた。 結果ラスターは出て高圧が高過ぎる様だった。 映像は出ず

 

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« COMNI, R-1004J, VHF FM Rece... | トップ | Marantz, 10B Stereo FM T... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。