テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

Quad, FM 1

2016-09-14 16:21:07 | Weblog

今日お預かりしたのは Quad の FM 1 でカバレッジを日本バンドに改造するご依頼を頂いた。 こ
の種のチューナーの修理、改造に付きましてはこちらの HP http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/
からお問い合わせ下さい。

改造に先駆け動作の確認を行ったが、全く機能していなかった。 下の回路図に赤字で電圧を記
入した部分に問題が診られた。 先ずはこれらを直さなければ先には進めない。

9月15日 ゴーサインを頂いたので修理に取り掛かった。 プレート、或いはスクリーン・グリッドの
電圧が異常に低かったのは何れもソリッド抵抗(上の画像)の高化が原因で、この機種も可成り
の数を手掛けたが初めてとなった。

良好に機能する様になり上はインターFM (89.7MHz) 受信時。 (約1MHz高く示されている)

次いでカバレッジの改造に取り掛かった。 上はこちらで受信出来るFMバンドで最も低いインター
FMの鶴見中継 76.5MHz、下は同じく最も高いインターFM 89.7MHz 受信時。 敢えて窓際に垂ら
した2m程のビニール線をアンテナに使い感度確認も同時に行っている。

9月16日 昨日カバレッジの改造もお願いしたいと依頼されたにも関わらず、今朝改造は今回は止
めるとの連絡が有った。 元に戻すには新たな工数が発生し、また動作の再確認も必要となる。 し
かし永年この種の物を手掛けているが今回の様なことは初めてとなった。 依頼者の方とは信頼関
係が有って初めて成り立つ仕事と考えているが誠に残念な結果となった。

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SONY, TFM-9500 | トップ | 隣町のOMからの処分依頼(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。