テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

2017年8月 の AWC ミーティング

2017-08-13 11:32:34 | Weblog

昨日は今月のAWC (Antique Wireless Club) のミーティングが渋谷区にお住まいのN.K.さんのお
宅で開かれた。 先ずは1次会で各々の近況をお話頂いた。 こちらえのお問い合わせはホームペー
http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ からお願い致します。 *会員も随時募集中です。

先ずは羽山にお住まいのSさんから最近レストアに取り組んだ BC-342(2台目)の苦労話と永年使っ
て来たラファイエット・ブランドの受信機(中身はトリオ9R-59)が全く動作しなくなりヒコックの
チューブチェッカーで診たところ全ての真空管が大きく劣化しており交換後復帰したとのことだった。

次いで福生にお住まいのHさんには先頃会報に書いて頂いたラパン用キーレスエントリーシステムで
一部不明だった点をしつこく伺い納得した。  また彼がS社に努めたいた際に社員割引で購入し永年
使ってきた300Wのアンプが先頃壊れて仕舞ったことと、何と先頃再婚(10歳も若い人と)したこ
とを聞き次回は是非奥さんも連れて来るよう依頼した。 何せN.K.さんご夫婦を見て再婚を決意した
との話だったので是非! それとHさんが敷居が高いと考えていたAWCに入ろうと決めたのはこち
らが以前ブログに記した、真空管型のパイロット・ランプを使ったトランジスタ・ラジオ を真空管
ラジオと謳って販売していることに怒った記事がきっかけとなったのだそうで、想わぬ功を奏した
のでありました。

上、下の画像は新横浜近くにお住まいのMさんの力作の一つで、全ての木製歯車も氏の手作り。 
おまけに使われているタイムベースだけでなくステッピング・モーターまでも全て氏の手作りで毎
回頭が下がる。 先日テレビでお茶を運ぶからくり人形の内部を見た際、使われている木製歯車の
歯の形状が気になったが単なる歯車で特に形を気にしている様には思えなかったがMさんの歯車の
場合インボリュート曲線で構成されており削り出すのも、また重量バランス取るにも可也時間を要
する様だった。 他に氏が計測器メーカーに入社して間もなく購入したHPの初期の関数電卓(表示
は赤のLED)をお持ち頂いたが現在も良好に機能していた。 

順番が前後したが土浦からのN.M.さんからは彼のところで貸していた田畑が返却され、そのまま
耕作放棄地としておくと雑草が生い茂り近隣に迷惑を掛けることになるので草刈は必須でこのとこ
ろ購入した3台の草刈機の話と、稲作を行ったお話を頂いた。 既に可也成長しており稲刈りの時
は皆で出掛けるかと云う話になったが、経験者のMさんに依ると稲の葉で腕中傷だらけとなり相当
大変な作業とのお話だった。 しかしN.M.さんは全て一人でやっているとのことで驚かされた。

最後に自分が先頃取り組んだ機器の修理、改造のことをお話したが多くのメンバーは既にこちらの
ブログに目を通しているのでブログには記さなかったノウハウや、個人的な話をさせて頂いた。

しかし稲作だけでは(面積を失念したが)6俵程にしかならず年に120万円程にしかならないと聞いた。

上はガスケットの問題でオイル漏れが起こったPoulanの170cc, 5.5HP、手押しタイプ。 下はクラ
ッチ・ワイヤーが切れて仕舞ったホンダ HRA215, 140cc, 4.5HP、自走式。 両者とも4サイクル

下が唯一現役のバロネス GM 500BF, 2サイクル108cc, 4HP、自走式。

サテ2次会はN.M.さんのお宅の屋上に移動した。 幸い過ごし易い気温で助かった。 用意して頂
いたエビスビールの樽生が美味しい!

N.M.さんの仕事関連の方や、彼が20年程前に立ち上げたホームページに問い合わせを送って来た
当時建築学科の1年生だったKさん。 彼女はご主人の仕事の関係でここ数年ベチナムに住んでおり
日本滞在中は彼のところに世話になっているとのことだった。 また彼女の友人で台湾のJ さん
(バンコックの台湾領事館勤務)は今朝日本に着いたばかりとのことだった。  同業のFさんとは
先日彼のBraun, SK55 の修理を手掛けたのでお目に掛かるのは今日で2度目となった。  彼が目下
狙っているフェラーリの画像を見せて頂いたが流石独身貴族の為せる技でありました。

最後にオーストラリアからのDさんも加わり英語、台湾語、タイ語の飛び交う何ともインターナショ
ナルな集りとなった。 しかし普段使って無い英語は想う様には出てこず歯がゆい思いをした。

料理の準備等で一人甲斐甲斐しく働きづめだったA子さん今日も大変お世話になりました。 結局
今日も可也遅くなって仕舞ったが11時半頃Fさんと共に失礼した。 

 

『友達』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シボレー エルカミーノ (1982... | トップ | Marantz, 10B »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事