たけしのコマネチ徒然日記

日々の日記を書いてます。

今のところ厚労省で許可されている育毛治療薬は

2017-04-20 05:36:01 | 日記
今のところ厚労省で許可されている育毛治療薬は、ミノキシジルとプロペシアの2つです。


前者は外用薬で後者は内服薬として認可されています。


これら以外の育毛治療薬を使おうと考えるのならば、海外輸入に頼ることになるでしょう。


語学力不足などの理由で自分一人で海外輸入するのが不安な場合には、個人輸入を代わってやってくれる会社にお願いしてみましょう。


但し、日本国内で使用許可が下りていないため、これらの薬を使って起きた副作用についてはすべて自己責任となるのは事前に確認しておきたいことのひとつです。


髪の毛に刺激が少ない印象のあるノンシリコンシャンプーですが、直接髪や頭皮に影響するのはシリコンという成分そのものではないのです。


強い洗浄作用を持つ成分を配合したシャンプーは強い洗浄作用によって髪の毛がゴワゴワしてしまうので、ガサガサをコーティングするため、シリコンを使用しているというのが事実です。


育毛目的で選択するならシリコン入りかノンシリコンかの相違にこだわらず、シャンプーに使われている洗浄成分に気を付けることが重要です。


子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。


はじめはレンタルを考えていましたが、周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。


その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。


晴れの席に着る着物なので、上質の素材で柄もきれいな着物を買いました。


きちんと手入れし、保管しなければならないのは織りこみ済みです。


でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしても着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。


七五三で着る予定はありますが、高く売れるうちに手放したいと思っています。


国産の育毛剤には特にその傾向があるのですが、成分表示を見てみると、多くの製品において、グリチルリチン酸ジカリウムという、化学物質が使われていることがわかるでしょう。


甘草エキスといえば思い当たる人も多いかもしれませんが、グリチルリチン酸がその正体であり、この物質にカリウム塩が加わって、抗炎症や、抗アレルギーといった働きをするようになるため、医療の分野での利用も多いです。


育毛剤としての効き方ですが、これを頭皮につけることで、乾燥肌、脂性肌、いずれの場合においても頭皮は炎症を起こし、抜け毛の増える原因になり得るのですが、これを抑え、フケや、強いかゆみをなども大幅に和らげます。


グリチルリチン酸ジカリウム入りの育毛剤を使用するということは、つまり頭皮に働きかける抗炎症作用に期待して、頭皮の健康状態を保つことで、薄毛の改善を図るということになります。


育毛のために、食生活から改善しませんか?育毛には日々の食生活がとても大切です。


私たちの体が正しく機能するための栄養が不十分だと、髪の毛にまで行き渡らないので、長い間栄養が足りないと髪が薄くなる原因につながります。


規則正しい食生活をとって、食事で摂取することが難しい栄養素はサプリで補いましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せっかくの蟹を美味しく味わ... | トップ | 探偵業者ではタダで相談員と... »

あわせて読む