人生最高!

日々反省、日々発見、
日々決意、日々後悔・・・
こんなvorinでも間違いなく進歩しているはずです!!

外国人を党首にしている民進党

2016-10-15 13:23:55 | ひとことモノ申す!!
民進・蓮舫代表 日本国籍選択の宣言日、明言せず 首相「国民に証明する努力を」と批判


蓮舫さん、

あんなに大見得きって、

17歳だか18歳だか19歳のときに

日本国籍を取得したって言っていたのに・・・。

どうやら日本国籍ではなかったようです


この前までの話は、

日本国籍は取得したけど台湾籍が残っているという二重国籍状態で、

台湾の国籍離脱の手続きをしていなかった(知らなかった)

というもの。

で、台湾籍の離脱の手続きをしたって言ってましたよね。


それが、日本国籍の選択宣言をしていないらしい


ええーっ、じゃあ前回の日本国籍取得っていうのはどういうことなの


手続が複雑すぎてよく分からん。


台湾は国として認められていないので、

台湾政府が国籍離脱の許可証を発行しても日本では受理されないとのこと。

救済策として、日本で国籍選択の宣言をすればOKとなっているそうな。


で、その国籍選択の宣言をいつしたかが問題となっている

10代のときの国籍取得の手続きは意味をもつのかよく分からないけど、

国籍選択の宣言の時期によっては、

これまで日本人を装って選挙に出て、

有権者を騙して当選していたということになる


ちなみに蓮舫さんは国籍取得の手続き以降も

台湾のパスポートで台湾に行っていたそうな。

(見たわけではないので、真偽は分からないけど)


つまり、蓮舫さんは自分が二重国籍なのを承知していたということ。

(日本国籍しか持たない人は、他国の有効なパスポートを持つことはないからね)


そんでもって、この前シラッと台湾の手続きをしていなかったと言い退けて、

さらに今回、国籍選択の宣言をしたかどうかを明らかにしたくないそうな


これって日本人になりたくないって言っているもんです


そんな人を党首にしてしまった民進党

これまで中国と韓国のために政治活動をされてきたように見えますが、

ここらで公開する気になったのでしょうか


なんにせよ、これで、

こうやって国が侵食されていくことが公になったと思います。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それは私の仕事なのか? | トップ | 大学は警察ではない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む