そのままVon

おもに31文字の語呂合わせ日記

子規の一句と時候(2017/03/13)

2017年03月13日 | 日めくり帖

2017/03/13

「すり鉢に薄紫の蜆かな(M26)」
「景なさずすり鉢の中なぜ蜆あるかわからず説明がいる()」
「すり鉢は固形物すり粉にするその一点で理解及ばず(虎の巻で調べよう)」
「ただ子規は嘘は言わない見たままと腑に落とすしかなきと思わん
 (茹でて開いた貝殻の内っかわが薄紫なんだろう)」

「桃の花いまが見頃にぷっくりと濃いビンク色艶やかに咲く(『桃の花と川の鯉』)」
「『桃の花咲けば鯉口開けるや』諺にあり絵としてよけれ()」
「冬の川魚群はいかに感ずるや水温めれば鯉は元気に()」
「ふだん着でふだんのこころ桃の花(細見綾子)」
「肩にふれユキヤナギの花散るものをやよいの空のやわらかにあり(鳥海明子)」
「白い花枝全体に群れてつく雪柳とはよくぞ言いたり(花言葉:殊勝、可憐)」
  
 雪栁 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子規の一句と時候(2017/03/12) | トップ | 子規の一句と時候(2017/03/14) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日めくり帖」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。