ツークラ関東GUMI

ツーリングクラブ関東GUMI

バイク好き、ボルティー好きの仲間が集まって作ってます。
元Volty関東組

ビーナスライン合同ツー! Part2

2007年06月21日 | さん太の部屋
2日目も真っ青な空で好天に恵まれました。良かったぁ!
昨夜のお酒会が盛り上がったため朝は少し遅めの起床でした。帰りのルートはメルヘン街道かビーナスラインで迷いに迷いましたが、やっぱりビーナスラインでしょ。ということで10時に出発しました。

【2日目 白樺湖~ビーナスライン~マルメロの駅ながと~狭岩峡~御荷鉾林道~秩父】 <fontsize="2">



白樺湖までは宿から5分程で着きました。霧が峰ではまだ蕾だったレンゲつつじもご覧の通り満開状態でとても綺麗でしたよ。
ここでも記念撮影。「ふくさ~ん。お尻轢かれますよ(笑)」。もう道路のど真ん中で撮影に夢中になるものですから、車に轢かれてしまうのではとヒヤヒヤものでした。(笑)



そこからは昨日の逆ルートで白樺湖から美ヶ原へ向かいました。今日は気温も上がったのでビーナスラインを走るのには最高の日和でしたよ。
といっても下界は30℃でもここは20℃強くらいかな。
ご覧のみなさんにもビーナスラインの走りを楽しんでもらいましょうということで沢山貼りますね。



みなさん気持ちよく走っているでしょ。撮影はちょっと大変でした(笑)。



7月の中旬にはニッコウキスゲが咲き乱れるのでお勧めですよ。是非訪れてみてください。



真夏でもクーラー要らずで快適に過ごせます。高原の気候は北海道と同じような感じですね。




富士見台の駐車場に到着して雄大な景色を堪能しました。写真のバックは八ヶ岳でその隣には富士山も見えましたよ。
南西方向には南アルプス、西方向には北アルプスと大パノラマの景観に圧倒されました。ほんとに綺麗でしたよ。



富士見台から美ヶ原に向かう途中でふるさんお勧めの「三峰大展望台??」(こんな名前だと思いました)に寄ってここでも360度の大パノラマを堪能しましたよ。写真バックは浅間山で噴煙が南方向に延々と伸びていました。ビーナスラインは大パノラマの連続で楽しいですね。


展望台から一気に下界に下りて「マルメロの駅ながと」に到着。気温は30℃と、とにかく暑~い!!
ここでおそばの昼食をとり、各自お土産を買いました。ここの野沢菜は凄く美味しいのですよ。お勧めはわさび風味としそ風味。一袋200円台で買えてとってもリーズナブル。

信州組のzeroさんとは名残惜しかったのですが、ここでお別れ。細かい気配りをいろいろとありがとうございました。
天候にも恵まれて素晴らしい合同ツーとなりました。また走りましょうね。

関東組はここから下道で帰途に着きました。
R254~R141~県道93号線に入ると途中、雨川ダムの所に何ともいえないエメラルドグリーンの綺麗な湖がありました。
しばし休憩を入れて出発。狭岩峡では見事な味のある滝を見学して県道45線に入り、塩之沢峠経由でふくさんリクエストの「御荷鉾林道」を走りました。
ここも稜線上を走る見晴らしの良いルートなんですが、ビーナスを走った後だったので少し物足りない感じがしましたね。
おまけに途中、がけ崩れで通行止めになるハプニングも。こんなことは入り口に書いて欲しかったなぁとみんなでブツブツ。。。
Uターンして塩之沢峠を下り、R299に。R462と交差するところでふくさんは関越をチョイスするということでお別れ。
ふるさんと私はR299で秩父に入り「道の駅芦ヶ久保」で解散しました。

今回はzeroさん、ふるさんと初めてお会いする方たちでしたが、とても紳士な方達でバイクという共通の趣味もあり、ワイワイと楽しく有意義な時間を共有できたことを大変嬉しく思いました。久しぶりに遊んだぁという充実感がありました。
皆さん、また走りましょう。ありがとうございました。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ビーナスライン合同ツー!

2007年06月20日 | さん太の部屋
6月16・17日と1泊2日で信州方面にツーリングに行って来ました。
ひと月前から計画して、メールをやり取りし、関東方面からはfukuさん、ふるさん(fukuさんの知人)、それと私。
それと今回のメインゲストは信州組のzeroさん。そう信州組との合同ツーが実現しました。
前回の長野ツーのコメントでzeroさんからお誘いのリクエストを頂いていたんですよね。
ツーリング1週間前の天気予報は見事に外れ、真っ青な空で素晴らしい信州の景観を思う存分、堪能出来ましたよ。
もう最高のツーリングになりました。

【1日目 チェリーパークライン~湯の丸高原~海野宿~ビーナスライン】 <fontsize="2">

午前8時に関越自動車道寄居PAで関東方面のメンバーと待ち合わせ、佐久IC前の「おぎのやドラインブイン」で無事zeroさんと合流しました。
合流時間の少し前には、にゃからっぽさんから激励と信州の道路情報のメールを頂き、信州組の人情の厚さに感謝感激で最高のスタートとなりましたよ。


佐久ICからR141を北上し、R18を小諸方面に行くとzeroさんお勧めの「チェリーパークライン」に入ります。
以前スキーで通った時は狭い道でしたけど、2車線の整備された綺麗な道路に生まれ変わっていました。
頂上は標高2000mの高峰高原。今が新緑の真っ盛りで走っていて、とても気持ちいいですね。
頂上付近では遥か眼下に小諸の街が一望でき(写真右)、その向こうには八ヶ岳ともうしょっぱなから見事な絶景にひたすら感動でしたよ。
皆さんもかなりハイテンションになっていて(写真左)もう万歳状態。この景観は写真よりも数倍良かったですね。
ここで皆さん想い々に記念撮影をして、頂上の高峰高原からダートの林道を経由して湯の丸高原に。
標高2000mの世界は下界では見られない景観がとても素晴らしい。写真を撮るのを忘れてしまいました。残念。。。
ダートでもフラットなので徐行すればオンロードでも大丈夫ですので是非行って見てください。


湯の丸高原では17日につつじ祭りが開催されたみたいですが今年は開花が遅れていて「レンゲつつじ」はまだ蕾の状態のようでした。少し残念でしたがまたの楽しみということで。でも新緑がとても綺麗でしたよ。
そんなことはさておいて、早速ソフトクリームをほお張るふくさんが。。。景観よりも食感ですかね(笑)。
と思っていたら、お店の中ではzeroさんもソフトクリーム&だんごのようなものを(爆)。。。
少し休憩したところで携帯に入電が。カドさんからの激励のお電話でした。
お仕事のお忙しい中ありがとう。ございました。綺麗な景観を見た直後だったのでついつい最高最高の連発をしてしまいました。カドさんごめんなさい。


湯の丸高原から県道94号でR18に出て東御市にある「海野宿」へ。
http://www.tomikan.jp/unno/index.html
ここは「日本の道百選」の一つで、町並みは江戸時代の旅籠屋造りを始め、道の中央を流れる用水やその両側に立ち並ぶ格子戸のはまった美しい家並みはまさに道100選に相応しいたたずまいを感じさせてくれました。「うだつがあがらぬ」という言葉ここが発祥の地のようです。


美しい町並み散策も始まったばかりでしたが、もうお昼時だったのでここもzeroさんお勧めのおそば屋さん「福嶋屋」へ。
みなさんそろって「もりそば・くるみおはぎ(醤油)2個セット」をチョイス。信州産の石臼挽きそば粉で打った手打ち二八そばと、地元産のくるみをすりつぶし醤油でからめたくるみおはぎがもう絶品。激ウマ~~で御座いました。
お腹を満たしたところで散策に戻り、記念撮影をして海野宿を後にしました。

R18からR152に入り、下丸子のスーパーで今夜のお酒会の買出しをして県道62号経由、県道464で美ヶ原に向かいました。


美ヶ原の少し手前には白樺に囲まれたこれまた素晴らしい場所があり、思わず記念撮影をしてしまいました。
白樺林の中にはレンゲつつじもあるのですが、まだ蕾の状態でした。この花が満開の時は幻想的な景色になるんですよ。
6月下旬頃には満開になりそうですね。もう一度リベンジしてみたいです。
時間も押してきたのでここからは少しペースアップをして美ヶ原から始まるビーナスラインから霧が峰のドライブインまで一気に走り抜けました。ここの区間はフリー走行にしたので皆さん自分のペースでビーナスラインを思う存分満喫できたと思います。(自分だけかもね(笑))。勿論私は全開走行をしましたよ。気持ちよかったぁ~!!


霧が峰ドライブイン辺りは例年ならレンゲつつじが満開なのですが、今年は遅れ気味のようです。
でも晴れ渡った空と素晴らしい景観に囲まれながら、またまた皆さん記念撮影。


皆さん何を真剣にしているのでしょう。こんな姿はめったに見られませんよ。
この時間になるとビーナスはかなり冷え込んできたので、早々に退散して今夜の宿に行きました。


今日初めてお会いしたとは思えないほど夜のお酒会はバイク談義に花が咲き、あっという間に午前様。
楽しかったですねぇ。紳士なみなさんと信州の素晴らしい景観に感謝です!!

今日一日良く走りました。




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

たぬきの タイヤ交換(ナップス編)

2007年06月12日 | たぬきの部屋

メンテオフの時に皆さんのタイヤを拝見したら、
私のだけがノーマルだったので機会があればTT100へと思っていました。

 
 それにどうです。このヒビワレ! う~ん危ない        後輪もひび割れが少しあります。

でもなかなか、ふんぎりがつがず・・。
ちょうどよく(?)前回のツーリングでパンクしましたので 思い切ってナップスで交換して来ました。

前後TT100
フトントタイヤ 5,500円
リアタイヤ   8,800円
チューブ    1,700円×2
リムバンド    200円×2
工賃      2,500円
合計      21,500円  
 
消耗品なのでしょうが無いですよね。 一皮むけるまでは滑りやすいので気をつけます。
新鮮なタイヤは気持ちいい! 鮮度があるような気がします。(笑)
ちなみにTT900GPもボルでは使用出来ますが、私にはオーバースペックです。

 

★パンク修理剤ってどうなの?
あくまでも応急処置用ですので、パンク修理剤をやっても、
早めにバイク屋さんでのパンク修理が必要です。(^^;)
でも、高速や山道で押せない時にはとっても便利ですよ~。

今回ツーリングから帰ってきて、一週間たってからナップスへ行きました。
少し空気が抜けている感じはありましが、かろうじて自走して行くことが出来ました。


★パンク修理剤って いくら? どんなのがいいの?
ナップスではバイク用と書いてあったのが、2000円位で売ってました。
が、今回買った修理材はホームセンターで1,480円の軽自動車~1800CC迄の物です。
使用期限が2012年4/26と書いてあります。約5年位もつのかな??
今回使用したものは購入後10年位たってましたので、実際には10年位大丈夫

fukuさんが見たホームセンターでは880円であったそうです。
バイク用も自動車用も同じようなので880円で手に入るのであればそれで大丈夫です。
パンクの経験がある人も無い人も、修理剤は携帯していると安心ですよ。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

舐めてました、大菩薩ツーリング!

2007年06月05日 | たぬきの部屋

さん太さん、カドさんの
「バイク乗りにとって、この時期を逃したら乗る時がないというほど週末は良い天気でしたね」
このキャッチコピーに刺激され(?)行ってきました。三峠制覇!大菩薩峠、柳沢峠、笹子峠   

でも大菩薩と柳沢は繋がっているので2つの峠かな?

年寄りの朝は早い、5:30に自宅を出発! この時間なら首都高もすいすい~。
中央高速の石川P.Aに6:30に到着。
飲まず食わずで出発したので、ここでアメリカンドックに串が刺さっていないような食べ物を食べて朝食。

下道を30分程走ってセルフで給油し奥多摩へ。今回の燃費は32.4L/Km まあまあでしょうかね。

前回mariさんと奥多摩ツーへ行った時によった駐車場へ
前回は寒くて食べなかった、名物わさびソフトクリームを頂く。
売店のおばさんいわく「目がさめるわよ!」う~んその通り、
ピリ辛でちょっぴりツーン・・・まるでソフトのお寿司風、大人の味です。
 
こちらの駐車場はバイクや珍しい車がいっぱい。
CBXの6本マフラーが何台かいたり、ビンテージトライアンフなんかも普通にいたり・・・・。

奥多摩湖の浮き橋、フォトコンを意識したアングルで撮ってみました。
でもこのバイクだとあんまりスズキ車とは思えない(苦笑)

奥多摩周遊か?大菩薩か?ちょっと迷いましたが時間もまだ9時すぎだったのでより遠くの大菩薩峠へGO!


★寒さを舐めてました。
奥多摩を入ったあたりから寒さに気づいていたのですが夏用の薄手のジーパンだと寒い!
初夏とはいっても山は寒いですよね~。


★峠ライディングを舐めてました。
大菩薩の峠を走って、自分の運転の下手さ加減にも落ち込みました。
柳沢峠のあたりから開き直ってヒラヒラは無理なので、トコトコにチェンジ。頑張っても早く走れないなぁ~~。

 
柳沢峠の休憩所、ここは晴れていると富士山が見えるようですがこの日は曇っていて見えませんでした。
(普段の行いが悪い

10:00頃、大菩薩の湯へ到着 温質はぬるぬるした感じでお肌にグット。
露天へ行くとぬるめのお湯に浸かりながら、遠くに南アルプスの山々が眼下に・・・・
気持ちいいですよ~ん。
 
お風呂を出たらマッサージャーへ、200円は映像なし、300円は映像有り!
映像有りって見たことなかったので早速試して見た。
格闘技好き(もちろん見るだけ)なので魔裟斗V.S宇野薫のエキシビジョンマッチを選択、
画面に集中して見すぎてマッサージ効果は


★山の天気を舐めてました。
いい気持ちで温泉から出てきたら、暗雲がたちこめ雨がポツポツと。
「今日は全国的に晴れ!っていってたのに~」カッパを持ってこなかったことを後悔。
幸いひどい降りにはならず、ほっと一安心。


★自分の方向音痴を舐めてました。
お昼になったので、ツーリングマップルに載っているペンションすずらんへ。

ライダー定食があるようです。
もうそろそろあるよ。ってなところで国道411に出た。そうです道を間違えたのです。
まったくもう!自分に腹が立つ!

気を取り直してR20から笹子峠へ。”とうげ”とはいっても、センターラインも無く
車線も狭いのでまるで林道のようです。
 
路面は荒れているものの全部舗装されて、飛ばさなければ景色もよく快適に走れます。
トコトコとバイクに乗っての森林浴は気持ちいい。

再度国道20号へ合流し、軽く食事をしてから大月I.Cから中央高速で帰路へ。


★パンクを舐めてませんでした。
石川P.Aで休憩し、お土産を買ってバイクに戻って跨ろうとすると
知らないおじさんが「後ろのタイヤパンクしているよ!」とのこと。
見ると後輪は7割がた空気が抜けて、フニョフニョ状態。
とても高速を降りてスタンドやバイク屋まで自走出来る状態ではない!

でも大丈夫、こんな時の為に我がボルティのヘッドライト下ツールボックスには
『瞬間パンク修理剤』が入っている。
購入してから10年以上は経つがちゃんと充填してくれた模様。
3分程走って安全な所へ止めてタイヤを確認したが、問題無さそう。
その後、無事自宅まで帰ることが出来ましたよ。


コース:
 自宅 → 首都高・中央高速 → 八王子I.C → R411 → 奥多摩
    → R411 →  大菩薩峠・柳沢峠   → 大菩薩の湯 
        → R411 →   R20 → 県道212   → 笹子峠 → R20 
        → 大月I.C → 中央高速・首都高   → 自宅

全走行距離:307Km       出発5:30 到着17:00

反省することが多いソロツーでしたが、実りの多いツーリングでもありました。
皆さんも『瞬間パンク修理剤』持ち歩きましょうね!

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

2007年7月1日 大きなお茶会のお知らせ(筑波TT応援&観戦編)

2007年06月02日 | お茶会&ツーリング等

筑波サーキットで7/1(日)筑波ツーリスト・トロフィー(通称:筑波T.T)の
ボルカップ(本当はグラストラッカー&ST250クラス、でも8割位はボルです。)に、
関東組のけんたさん、fukuさんが参加予定です。
沢山の皆さんで応援しに行きましょうね。他のレースも面白いですよ。

筑波ツーリスト・トロフィー(通称:筑波T.T)の詳しい説明は↓こちらです。
http://www.jasc.or.jp/race/tt/index.html


ボル乗り達の集いの場、ボルちゃんに乗ってる方、興味のある方、購入予定の方・・・ 
サーキットに興味のある方、皆さんどうぞ。
おなじみさんも、始めての方も おいで下さい。

当日はドタキャンOKですので気楽に参加して下さい。ふらっと来たよも歓迎です。


※ 今回は原則的に現地集合、現地解散とする予定です。

※ 筑波サーキットでは入場券1,000円+駐車場代(バイク)500円が、かかります。

日時:2007年7月1日(日)
時間:GrassTracker決勝終了直後に集合(13:30前後)

集合場所:筑波サーキット内 メインスタンド

大まかな筑波TTのタイムスケジュール:
まだ正式発表されていませんが、昨年と同じであれば下記の予定です。
 8:30~ 8:45 公式予選 DUCATI 2V
 8:50~ 9:05 〃 DUCATI 4V
 9:15~ 9:35 〃 GrassTracker (←★ こちらに出場です。)
 9:40~ 9:55 〃 GSX-R
10:05~10:20 〃 DUCATI ADVANCE
10:25~10:40 〃 TAKUMI

11:55~12:10 決勝 DUCATI 2V 10L
12:30~12:45 〃 DUCATI 4V 10L
13:05~13:20 〃 GrassTracker 10L (←★こちらに出場です。)
13:40~13:55 〃 GSX-R 10L
14:15~14:30 〃 DUCATI ADVANCE 10L
14:50~15:10 〃 TAKUMI 12L
全競技終了後~ 表彰式


観戦場所も自由ですが、ボルティ決勝レース終了後、
メインスタンドに皆さん集合です!(13:30前後)

暫定表彰式を見てから、サーキット内の食堂でご一緒にお昼ご飯を食べましょう!


事前に参加表明頂ければ助かります。
こちらへメール願います。tanuki200601@yellow.livedoor.com(←こちらが連絡先となります)


帰りがけに時間の余裕のある方は、掛け流し温泉「きぬの湯」で一緒に疲れを癒しましょうね。

●大人 1,200円
常磐道谷和原インターより車で約10分 ※230台収容の無料駐車場完備
〒303-0043 茨城県常総市内守谷町きぬの里1丁目5-6 TEL 0297-20-3751


タオルは有料です。温泉に入る方はタオル&着替えを忘れずに願いますね!

※ 天気:前日6月30日(土)17:00時点の天気予報で茨木県の降水確率が
 7月1日6時から18時で40%超えた場合は中止とします。

ただ雨の場合、個人的には車で筑波サーキットへ行く予定です。  

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加