ツークラ関東GUMI

ツーリングクラブ関東GUMI

バイク好き、ボルティー好きの仲間が集まって作ってます。
元Volty関東組

気にするところが違う

2017年05月14日 | けんたの部屋

気にするところが違う





4月30日、お嫁様とちび子が長野のお嫁様実家に行った。
連休中の僕の予定は、3日に関東組の人たちと待ち合わせて高山へ行く予定しかない。
なので、それまでヒマなのだ。
したいコトがないわけではないのだけれど、折角だから、僕もお嫁様実家へ行くことにした。

 

5月1日
連休中で唯一天気の悪い日だ。
降水確率は東京50%、山梨50%、長野70%
気温は東京24℃、長野19℃だったと思う。
70%は確実に降る?
運が良ければ雨にあたることはないかもしれないし、
雨具を持っていないわけではないから、多少の雨ならしゃーなしだと思い、6時半くらいに走り出す。

 

環七を行き、永福から首都高へ上がり、中央道へ出るつもりだった。
いつもは調布から乗るだけれど、結構20号が混むし走りづらいんだよね。
だから今回初めて永福から上がることにしたのだけれど、環七を首都高にあたったところで左折して進んでいくと、
途中から交差点なんかをパスする中央寄りの車線と、交差点に接続するための側道ぽい道に分かれるんだよ。
中央寄りの車線は首都高の真下を通るのだけれど、「首都高に上がるのはこっちだろう」と思い、そちらを進んだのに、

視界に入ってきた首都高の位置口は側道ぽい道に接続していた。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン




そっちの道へ進路変更したいのだけれど、ご丁寧に道を分けるガードレールが邪魔して行けない。
Uターンしたくとも、交差点がない。←当たり前だよね。そのためのルートなんだもん。
結構走って、やっと交差点の信号に引っかかったから、エンジン切って横断歩道にて対向車線へ渡り、やっとUターン。
永福の入り口を過ぎてから同様の手口でUターンし、やっと首都高へ上がれたよ。

 

途中、八王子過ぎた辺で渋滞や藤野PA付近で混雑はあったものの、総じて順調に進んでいく。
←快調だよ!




気温は低いけれど、大変な思いをするほどじゃないし、曇あるけれど、ここまでは雨が落ちてくる感じがしない。





談合坂SAで朝ご飯兼休憩をしてから大月で降りて、後は下道で行くつもりだった。
それが、気が付いたら笹子トンネルだった。


大月インター、どこで見落とした?
まぁ過ぎたものはしゃーなしだ。
現在位置および20号に一番近い勝沼で降りる。




20号を甲府に向かってのこのこ走っていると、道の脇に大きな鳥居を見つけたよ。


通り過ぎたけれど、折角目に留まったのだから行ってみよう。



←途中にある祠。周りの花が綺麗。





行ってみたら、立派な神社だったよ。
 

  

  

←奥にもあるよ。

←ここをくぐって進むと

←干支ごとに祭られている

←目がかゆいと思ったら、周りは杉だらけ

 

目立たない(?)トコロにも、神様はちゃんといらっしゃるね。(*'-'*)







甲府の中心部に入ると、パラパラと雨が当たってくる。
雨具を着こむほどではないのだけれど、カメラが壊れては敵わない。
カメラを仕舞うついでに、油を詰めるためにガソリンスタンドに飛び込むよ。

 

時間は10時半前。
たしか韮崎に入ると20号沿いにファミレスがあった記憶がある。
11時位には行けると思うから、少し早いけれど、お昼にしよう。(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン







お昼を終えて、また走る準備。
雨は降っていないけれど、寒いから雨ズボンを穿くよ。




白州を抜け、「山梨県終り、ここから長野だよ」という看板を過ぎた途端、ザーザーと雨が落ちてくるよ!
雨ズボンを穿いているけれど、この雨ズボン、かなり以前にコンビニで買った適当なもので、少し破れていから長時間の雨中走行には不向き。
防水をかけていない上着はそんなに持たないから、すぐに見えてきた道の駅へ飛び込み、ちゃんとした雨具を着装する。
この雨具、約30年前のものなのだけれど、使うのは今回で2回目。
年代物なのだけれど、新品みたいなんだよ。使ってなかったからね。
後ね、この雨具は着づらいんだよ。つなぎ型だから。
今回みたいに少し厚着をしていると、脱ぎ着が大変。

 

横殴りの雨の中、再出発。
それにしても寒いよっ!(((´□`;)))
そうでなくとも寒いのに、雨が降ったとあっちゃそりゃ寒いよね。
きっと最高気温の予想より、ずっーと気温が低いんだろうね。
考えれば、最高気温なんかよりも、最低気温を気にするべきだったねぇ。(-_-;)
気にするところが違っていたよ。

暖かければ、このまま下道を行ってもよいのだけれど、交差点とかマンホールとか色々ある下道を寒さを我慢して走るより、
寒さが同じなら、止まったりそれほど他車を気にすることのない高速に上がることにして、諏訪南から上にあがる。
もう移動があらかた済んでいるせいか、あまり車はいなくて自分のペースで走れてよかった。




松本辺りから一気に小降りになる。
でも寒さは相変わらず。





安曇野ICを降りると、ほぼ降っていない状態になる。
近くのコンビニで雨具を脱ぐついでに、コーヒーで一休み。


あと少し走れば、お嫁様実家だ。
寒い思いをしたから、温泉に連れて行ってもらおう。




無事に1日目が終わったよ。
    ↓
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みちのく一人旅♪ キャンプツ... | トップ | 春が目の前なのは理解してい... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (しもやん)
2017-05-15 06:15:51
寒いときは温泉一番ですね。
 羊さんいましたね。拝みました?(^^)
バイクで (ヨッシー!)
2017-05-15 07:01:05
奥さん達は電車で、自分はバイクで行ったんですね!
ツーリングになっていいですね〜。
長野の春 (爆おやじ)
2017-05-15 08:01:34
桜も満開でこれから春という感じでしたね!でもまだ寒い雨なら尚更です
お嫁様の実家は良いところなんですかね?長野の羨ましいです。
雨中走行 (たぬきごんべい)
2017-05-15 21:12:45
雨中走行お疲れ様でした。
チョコット寄り道の神社良いです。
自分なら御朱印をいただきたくなります。

安曇野とは良いとこにご実家があるものですね。
あのへんは空気もとても澄んでいて、綺麗な道路もあって
ビーナスラインも近いですし、羨ましいです。

二日目レポ楽しみです。
しもやんさん (けんた)
2017-05-15 22:01:04
お嫁様実家の周りは、温泉の宝庫です。
でも、お気に入りは限られるので、ついつい同じトコロに入ってしまうです。
かけ流しの、良いトコロがありますよ。

ひつじ様、当然手を合わせましたよ。
ご利益は…、有ったのかな?

ヨッシーさん (けんた)
2017-05-15 22:04:08
お嫁様とちび子は、電車で仲良く行きました。
以前霧ヶ峰キャンプツーリングも同じパターンでしたよ。
長野は空が青くてよいトコロです。
今の会社をクビになったとしたら、農業をするために移住するのも手段の一つかなぁ。

爆おやじさん (けんた)
2017-05-15 22:07:48
おっしゃる通り!
桜が満開でしたよ。
写真は次回にUPします。

お義父さん、山男なのですよ。
だから、「山の見えるトコロに住みたい!」と、今のトコロへ移住したのです。
近くに林道とかいっぱいですよ。
たぬきさん (けんた)
2017-05-15 22:12:54
雨はしんどかったですよ。
せめて寒くなければ良かったのですが…。

立ち寄った神社でご朱印を貰いたかったのですが、まさか神社によるとは思わなかったので、ご朱印帳を持っていかなかったのですよ。
残念なことをしたです。

お義父さん、ある日突然「田舎暮らしをする!!」と言って、移住したですよ。
山岳写真の腕がセミプロで、よく専門誌にも頼まれていたのです。
僕のカメラ好きも、お義父さんからカメラを貰ったからなのですよ。

にやっとしました (まき)
2017-05-18 03:27:41
素晴らしい!!
オウサム!!!
ハラショー!!
トレビアン!!

まさに私のいる所なのでワクワクしました!!
ようこそ長野へ!そして山なので天気崩れるときは崩れますよね(笑)

雨の中運転したくない派なので雨具着て運転はすごいと思いました。(小並感)
まきさn (けんた)
2017-05-18 20:56:11
国際色豊かな賛辞をありがとうございます!

まきさんは長野にお住まいなのですね。
空が青くて、良いトコロだ。

今回の移動、天気の読みはかなり甘かったですね。
お陰で経験値が上がりました。
お天気良ければ、もしかしたらすれ違っていたかも?

僕、気温が丁度よければ、あめの日の運転も嫌いではないのです。
でも、寒いのは大の苦手なので、つらい思い出になりました。←かなりオーバー

もし機会があるのなら、安曇野IC近くで乗馬でもご一緒しましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。