ツークラ関東GUMI

ツーリングクラブ関東GUMI

バイク好き、ボルティー好きの仲間が集まって作ってます。
元Volty関東組

道はやっぱりつながっている

2017年06月17日 | けんたの部屋

ここ最近の週末、お嫁様と僕はそれぞれの予定があるため、
別々にお昼を取ることが多いのだけれど、
牛丼かとんかつのローテーションで、命を繋いでいるけんたです。
血管にコレステロールがたまりそうだね。
ちなみに、今日(17日)のお昼は牛丼。(ノ≧ڡ≦)





道はやっぱりつながっている


1日目
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/volty_kantou/e/d5433934eab948632310d18786b44468


なか日
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/volty_kantou/e/e0a8d9ce34a2d8aeb6488e3f0412eaab


2日目
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/volty_kantou/e/ed168ee37fea4fa81cb16a069dda458e





おっさんたちに囲まれて過ごした一夜が明け、いかにも旅館然とした朝ご飯を頂き、
だらだらと出発の準備をする。
関東組のみんなは高山観光で、今日バイク組で帰るのは僕だけ。
みんなとお別れして、家へ向かうよ。




昨日来た道を逆にたどる。
一人だからさ、気になったトコロに寄りながら帰るよ。ヽ(^◇^*)/

さっそく川沿いに咲くさくらを見つけたから行ってみる。
写真じゃよく写らなかったけれど、ホントはもっと華麗な桜吹雪だったんだよ。





その後も、気になる橋があれば渡り、




昨日は初さんの爆走で、ゆっくり見れなかった山を見たりしながら行く。







ある集落の中に立派なさくらが見えたから、探しに行いくよ。
中に入ってみると、そこは小さな川で分断され、小さな橋が複数ある。
そういった情景をあまり見たことのない僕は嬉しくなる。

さくらもよいけれど、ここを探検したくなる。
でもね、見知らぬ人間が自分のテリトリーをうろつくと警戒するよね。
静かなところだけれど、ヒトはそれなりに外に出ている。
不審な目を向けられているわけではないけれど、やっぱり良くないことと思い、早々に道に戻る。
(途中、立派なさくらは見つけたのだけれど、民家の庭に咲いていた)


とは言え、神社仏閣なら大丈夫だと思い、道から見える神社には寄るよ。


あぜ道も行くよ。






高山から帰るルートは、R158から松本へ。そこから下道であればR20で東京。
もしくはR361木曾街道からR19で塩尻から東京へ。
というのが一般的なのだと思う。



でも、今回はR361で伊那インターを横目にR152方面へ行き、県道211から林道を通りR20という工程で行くよ。



伊那北駅の周辺は分かりづらかったけれど、
R153を地蔵峠方面へ。
←ここを右に行くよ



県道211の入り口が分かりづらく、一回通り過ぎちゃった。
思ったより広いと思うのだけれど、だんだん狭くなっていく。





しばらく行くと

こんな感じに。




道の脇に置いてあった2台。
レストアするのかな?



結構山に入り込んでいるのだけれど、民家があるよ。
お仕事はなんだろう?


←携帯は圏外



未舗装路が始まるよ。

林道を走り始めてからしばらくすると、時間は13時少し前。
あらかじめコンビニで買ってきたサンドイッチとオレンジジュースでお昼にする。


来た道、行く道を見ても誰もいない。←当たり前
空が曇っていることもあり、寂しさ満点。
ここは野宿できそうだけれど、夜はすごく怖そう。((((;≡д≡;i))))ヵ゙タヵ゙タ
一人じゃ無理だ。


お昼休憩を終え、とことこと進む。
約10分後に頂上に着く。

が、どっちに行ってよいか分からない。








迷える子羊ほどぶるぶる震えることはないけれど、
ちょっち不安。

地図を見るけれど、やっぱりわからない。


しばらく佇み、
いくら考えても分からないものは分からないから、
思った道へ進むよ。







分岐では適当に道を選び進む。



以前にも書いたのだけれど、
バーグマン、下り坂では惰性でどんどん速度が上がってく。
エンブレがないから、頼りはブレーキだけなのだけれど、
いくらゆっくり下って行くとはいえ、フェードがすごく怖い。
ブレーキが利かなくなったら、山に刺さるか谷に落ちるかだからね。
なので、「リアだけ使って減速」と「フロントだけ使って減速」を交互に繰り返していく。


約50分ほど林道を降ると、集落が見えてきたよっ!
不思議な感じの集落を抜け、大きな道にぶつかると、そこは





R20に出たよ!
道はやっぱりつながっているねぇ。


R20を行き、


甲府市内は混むから、韮崎から勝沼まで高速に乗る。



長野原の街で少し渋滞に巻かれ、
相模湖のコンビニで休憩したのは16時半くらい。

少し長めに休憩したけれど、ちょっち疲れたから相模湖から高速へ上がるのだけれど、
小仏トンネルはやっぱり渋滞。
車が動かなくなるとすり抜けし、動くと車に混じりながら進む。
八王子手前まで来ると、スイスイと走れるようになる。

19時半、無事に家に到着。
事故もなく、今日も楽しい1日でした。







このブログを書いていてさ、
載せる写真を改めて見ていると、一つ発見が。








困ったときは、冷静になろうね。
    ↓
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホントはうずくまりたい | トップ | 太平洋は青かった、鹿島神宮... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (たぬきごんべい)
2017-06-18 22:20:57
冠雪の山並みや桜が綺麗ですね。

道は必ず繋がっていても、この先行き止まりになっていることも
通行止めになってることもあります。
土地勘のないとこでの標識もまた分からなくなる
原因でもありますね~。
随分と回り道したことも数え切れません。

楽しい旅になって良かったですね。
ご無事のご帰還お疲れ様でした。
たぬきさん (けんた)
2017-06-19 22:05:07
>ご無事のご帰還お疲れ様でした。
  ↑
ありがとうございます。
日が暮れてしまいましたが、ちゃんと帰ることができましたよ。

さくらは流石に散り始めていましたが、それでも多くの花をつけていて、日本はさくらが多くてよかったなぁと思います。

街乗りでは行き止まりも楽しいですが、ツーリング途中じゃショック倍増ですね。
いずれは、僕もう回路とか引き返しを経験するのでしょうね。
ショックだろうけれど、それも冒険かもしれませんね。
わくわく (シモヤン)
2017-06-20 07:39:04
でれるか?
  抜けられるかーのワクワク感が好きだったりして。
(^^)
シモヤンさん (けんた)
2017-06-20 20:56:16
>抜けられるかーのワクワク感が好きだったりして。
   ↑
舗装した林道ならそれもいいですねぇ。
未舗装路でも、キャンプ道具有&度胸さえあれば楽しいのかも。
シモヤンさんは、山の中の一本道の脇で、キャンプしたことあります?

未舗装 (爆おやじ)
2017-06-22 08:01:10
峠や林道を走るとき未舗装だとしまった!という気持ちになります昔から未舗装に適したバイクには乗ってないから(笑)昔、足利の山の中でほぼ未舗装林道をrzrで走り死にそうになりました。バーグマンは相棒として十分応えてくれているみたいですね写真もキレイで冒険ツーは読んでいて楽しいですよ!
爆おやじさを (けんた)
2017-06-23 21:31:51
楽しんでいただいて、ありがとうございます。
こういう冒険旅をもっとしていけたらと思っています。

RZRに乗っていたのですね。
よいバイクです。
ぼくらの青春のバイクだ。
フロント18インチでも、2stロードじゃ厳しかったですね。
でも、今ではいい思い出ですね。

僕の目的として、山の中で野宿できるようになりたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。