100系ひかり 足まわり

2017年04月04日 | 100系ひかり 電動リール
nut

 花見で忙しい週末ではあったが、100系ひかり電動リールの作業を進める。

 足は、アルミの板を直角に曲げて、3mmの穴を2つ開けたもの。

 作業は、簡単。

 1. 万力にアルミ板を挟んで曲げる

 2. 100系ひかりの動力ユニットを固定するネジ穴に合わせて径3mmの穴を開け、本体に取り付ける

 注意点は、スプールが接地しない程度にクリアランスを確保すること。

nut

 竿受けとなる鉛筆キャップを取り付けるステーは、タミヤ工作シリーズのプラ部品を流用した。

 ステーは、ガタつかないよう、100系ひかりの本体のキワに3mmの穴を1つ開けて、2ヶ所でネジ止めした。

nut

 ステーには、鉛筆キャップの他にオートストッパーとなるマイクロスイッチを取り付ける予定。

nut

 少しづつだが、リールっぽくなってきた。

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100系ひかり 車軸の交換とス... | トップ | 100系ひかり 竿受け »
最近の画像もっと見る

100系ひかり 電動リール」カテゴリの最新記事