西丹沢自然教室~檜洞丸~蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳~大倉BS 再び

2017年05月05日 | 登山

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

nut

 2017年5月4日(木)の祝日、富士山を見たくなり、西丹沢自然教室へ向かった。

 ルーファス8の中身は、カメラ、スマホ、自作スマホ充電器兼LEDランプ、水2L、VAAM500ml、ランチパック、柿ピー、地図、雨具と着替え。Garmin GPSMAP 62sは、カラビナで外付けにした。

 重量は、全部で5.1kgになった。

 小田急線/新宿駅を05:31に出発して、小田急線/新松田駅に到着したのは、午前7時少し前。

 西丹沢自然教室行きのバス停の前は、既に人だかり。ただし、連休半ばだからか、思ったより人は少ない。

 臨時便のバスに乗り、西丹沢自然教室を目指す。

 車窓からは、立派な富士山が見えて、一人テンションはアップする。

 バスが西丹沢自然教室に到着したのは、08:20過ぎ。

 蛭ヶ岳の山頂からの富士山ドーン!を期待して、08:30にはクライムオン。

 檜洞丸から蛭ヶ岳、丹沢山、大倉BSを目指すルートは、2回目。

 蛭ヶ岳からの眺望を期待して、ペースを上げて進む。

 ゴーラ沢出合は、水量少なめ。渡渉はあっという間に終わり、檜洞丸山頂を目指して進む。

 ツツジ新道は、ツツジと山桜のコラボを楽しむ。

 振り返ると富士山が木々の間から見える。

 檜洞丸の取り付きは、やっぱり急坂。

 登りながら、降りより登りの方がラクかもと結論付ける。

 体力がある前半の方が気持ちに余裕があるし、狭く急勾配の檜洞丸は下りの方が神経を使うというのがザックリとした理由ではあるが、まあ登りの方が景色を楽しめるというのが一番大きいかも。

 木道エリアは、相変わらず素晴らしいというかスゴイ。

 よくもこの標高でこんなの作ったな、と職人さんの技術に感服する。

 檜洞丸山頂は、そこそこの混み具合。

 蛭ヶ岳山頂からの景色への期待感から、檜洞丸では写真だけ撮って、早々に臼ヶ岳へ向かって下山を開始する。

 蛭ヶ岳から臼ヶ岳まで、330mほど降ってから190m登る。この無駄な登り下りが精神的にツライ。

 臼ヶ岳山頂には、11時過ぎに到着する。

 臼ヶ岳山頂は、僕を入れて2名しかおらず、一本入れてから、蛭ヶ岳山頂を目指すが、熊木沢方面にイヤな雲が出始める。

 マジかよ、と呟きながら蛭ヶ岳山頂に到着するも、ガスガスで眺望はゼロ。

 正午で既にガスガスなのは、もう夏山の季節なんだろうとガッカリ。写真を撮って、丹沢山へ向けて出発する。

 ガスってはいるものの、乾いた岩肌と青空のコントラストは素晴らしい。

 鎖場を楽しみながら、不動ノ峰休憩所には12:30に到着する。

 前回も探せなかった水場を探しに、水場方面へ降るも、またもや水場を発見することは出来なかった。

 丹沢山に到着したのは、13時少し前。

 ランチパックを食べて一息いれる。

 塔ノ岳山頂には、13:38に到着する。

 ここも思ったほど登山客はおらず、ガスガスで眺望ゼロの世界。

 写真を撮って、大倉バス停(大倉BS)に向けて下山を開始する。

 花立山荘から先は、頭の中はビールでいっぱい。

 やや疲れを感じながらも、転ばないようペースを上げて下山する。

 登り窯のある一軒家の先で、ソロの山ガールと並走しながら、ビールはもうすぐですね、と軽口をたたき、一足先に大倉BSに到着する。

 バス待ちの列にザックを置いて、売店でビールを買っていると、先ほどの山ガールと再び遭遇。

 ソロで缶ビールとは、なんとも頼もしく、到着した渋沢駅でこちらからお願いして、フェイスブック友達になってしまった。

 東海大学駅前の「さざんか」に立ち寄ると言う山ガールとは、車中でお別れして、汗臭いまま帰路についた。

 当初はトレランをするつもりはなく、普段の山行スタイルだったものの、富士山とビールに背中を押されて、ほぼトレランペースで進むことになった。

 ちょっと無茶したかなと思いつつ、楽しい山行だった。

 ソロの山ガールは、平丸から入り、蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳、大倉BSまでの22.4kmを8時間弱で完歩している。

 いやー、すごい。

 以下、実測タイム(標高)。

 08:34 西丹沢自然教室発(542m)

 09:01 ゴーラ沢出合(749m)

 09:27 展望台(1072m)

 10:08 檜洞丸着(1601m)

 小休止

 10:13 檜洞丸発(1601m)

 11:04 臼ヶ岳着(1460m)

 小休止

 11:13 臼ヶ岳発(1460m)

 11:26 ミカゲ沢ノ頭(1421m)

 11:57 蛭ヶ岳(1672.7m)

 12:07 中ノ沢乗越

 12:30 不動ノ峰休憩所(1576m)

 水場を探すも不発に終わる

 12:54 丹沢山着(1567m)

 小休止

 13:02 丹沢山発(1567m)

 13:38 塔ノ岳(1490.9m)

 13:47 金冷シ(1370m)

 13:55 花立山荘(1306m)

 14:11 堀山の家(969m)

 14:20 駒止茶屋(890m)

 14:38 見晴茶屋(619m)

 14:50 観音茶屋(482m)

 15:07 大倉BS(326m)

 実測タイムは、ヤマレコにアップした自分の山行記録とGarmin GPSMAP 62sのトラックデータから転載した。

 この日の総平行移動距離は24.60km、総平上昇距離は2269mだった。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一丁平で花見2017 | トップ | 石丸峠〜小金沢山〜牛奥ノ雁... »
最近の画像もっと見る

登山」カテゴリの最新記事