甲相国境尾根 西丹沢自然教室〜山中湖平野バス停

2017年06月18日 | 登山
nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut nut

 2017年6月17日(土)、「甲相国境尾根(こうそうこつきょうおね)」を歩いてきた。

 天候は、晴れのち曇り。

 午前9時前の気温は、24度だった。

 「甲相国境尾根」は、友人から教えられて初めて知った。

 「国境」の響きがなんともカッコよく聞こえたのと、山中湖を目視できるロングトレイルに惹かれて、友人と二人で歩くことにした。

 友人は、丹沢山系を縦に横にナナメに歩いていながら、「甲相国境尾根」は未踏破だった。

 ウェブで検索すると、大方の人が避難小屋泊まりをしていて、日帰り組みは少数派というのは分かった。

 日帰りはかなりの強行軍になりそうではあったが、二人ともにCTの7割で歩いているし、20km超のロングトレイルは、何回もやっている。

 よし行こう!となったものの、友人のたっての希望により、下山後の入浴が付加された。

 ちなみに、西丹沢自然教室から山中湖平野バス停までCTはおおよそ11時間10分。

 CT通り歩いたら、ヘッ電を点けて夜の登山道を下山するハメになる。

 なら、ランするかと提案したところ、友人にトレラン経験はなく、問答無用で却下。

 こうなったら仕方がない。本人の了承を得ずに、しごき登山を決行することにした(笑)。

 新宿駅を出発して小田急/新松田駅に到着したのは、午前6時50分頃。

 西丹沢自然教室行きのバス停には、既に行列が出来ている。

 運良く座れて、始発前発の臨時バスに乗って西丹沢自然教室に着いたのは、午前8時過ぎ。

 身支度をして、午前8時20分頃にクライムオン。西丹沢自然教室前の分岐を畦ヶ丸方面に進む。

 沢沿いの道は、せせらぎの音が心地良く、清流が涼し気。

 清流に架かる思いやり橋を何回か渡り、花崗岩の砂礫で出来た白い登山道を登る。

 白と木々の緑のコントラストが素晴らしい。

 畦ヶ丸までの3時間の登りでどれだけCTを下回ることが出来るかが勝負なので、後ろを気にしながらもハイペースで進むと、驚いたことに友人は距離を開けずに付いて来る。

 先行する登山客を抜き、途中、小さな休憩を入れながらも、畦ヶ丸に到達したのは、午前10時過ぎ。

 CT3時間だから、1時間50分はCTのおおよそ6割程度。

 途中、大丈夫かと声かけはしていて、「大丈夫!」と言うのでペースを落とさなかったけど、よく離れずに付いてきたなーとフィジカルの強さに驚いた。

 畦ヶ丸山頂では、5分程度の小休止をとって、畦ヶ丸避難小屋へ進む。

 畦ヶ丸避難小屋は、こじんまりしていながら、屋内トイレを併設していた。

 薪ストーブのせいで、中は少し煙臭いのが難点かなと思ったけど、冬場は暖かく過ごせるので、文句は言えない。

 避難小屋を出てからは、噂通り、細かいアップダウンが続く。

 土嚢を積んだ階段を何回も登っては降りるを繰り返す。

 登山道は、本当に良く整備されており、感謝の気持ちで進むと、あら不思議。登り降りのツラさが気持ち和らぐ。

 木々が生い茂る尾根道は、冷たい風が吹き、最高に気持ちが良い。

 ブナ林は緑のトンネルで、所々で咲き誇るツツジのピンクが美しい。

 丹沢山系の素晴らしさを実感しながら、行軍すること約2時間、菰釣(こもつるし)避難小屋に到着する。

 お宅拝見!と中を見ると、ログハウス風のキレイな板間が広がり、中も外もとてもキレイで驚く。

 ぱっと見、無理をすれば8人は板間に寝られそう。

 菰釣(こもつるし)避難小屋に到着したのは、午後12時過ぎ。

 これだけ早く着くと、避難小屋泊だと時間が有り余って仕方がない。

 昼から飲み始めても、夕方には酔いが覚めてしまう。なので、避難小屋泊はないな、と無駄口をたたきながらランチタイム。

 ランチパックと自家製トレイルミックスを食べて早々に出発する。

 菰釣(こもつるし)山頂には、午後12時40分過ぎに到着した。

 久しぶりに開けた景色の中、富士山を探すも全く見えない。

 「富士山、さっきまで見えていたんだけどね。」と先客2名から残念なお知らせを聞き、しばらく粘ってみるものの、富士山が出てくる気配は全くない。

 夏山登山だから仕方がない、と諦めて先に進む。

 樅ノ木沢の頭(もみのきさわのかしら)、西沢ノ頭を過ぎると、急に視界が開ける。

 本日のメインである富士岬平に到着する。

 ここからの富士山どーん!を期待したが、ここでも雲に邪魔をされる。

 一応、山頂を確認できたので、最後のピークである高指山を目指す。

 地味に登ること15分、高指山は眺望なし。

 CTだと高指山到着は、午後6時50分。実際の到着時刻は、午後3時10分頃なので、この時点で3時間40分短縮したことになる。

 あとは降りるだけなので、もう頭の中はビールでいっぱい。

 長い一般道を歩き、平野バス停目の前のセブンにピットインして、ロング缶ビール4本を仕入れる。

 ちなみに、一般道添いは、ジュース自販機が数台ある程度で、缶ビールは平野交差点前の酒屋か、バス停隣のセブンでしか買うことができない。

 富士山駅行のバスがすぐに出るというので、車内で無事の下山を乾杯する。

 富士山駅では、富士急行線が出るまでの間、地下のフードコートで吉田うどんと地ビールを楽しむ。

 富士山駅→大月駅→高尾山駅と乗り継ぎ、「八王子健康ランドふろッぴィ」で汗を流して解散となった。

 今回、全く走らないで、西丹沢自然教室から山中湖平野バス停まで、7時間34分で到着した(GPSログベース)。

 CTだと、11時間10分なので、ざっくりCTの6割というのはかなり早い印象だ。

 山と高原地図のCTは、時間設定がかなり甘いと思うことがあるので、今回もそういうことだろうと考えている。

 ザックは、ルーファス8。

 行動食として、水2.5L、VAAM500ml、自家製トレイルミックス400g、小あんぱん5個、ランチパック1個、クリーム玄米ブラン2個、柿ピー小3個、おかき小1個、イカフライ1個を詰め込んだ。

 風呂後の着替え、雨具、スマホ、GARMIN GPSMAP 62s、財布と自宅鍵を入れた総重量は、6.4kgだった。

 水場が無いので、水は多めに持っていったが、500ml程度余らせた。

 行動食は、トレイルミックス200g、クリーム玄米ブラン1個を残した。

 友人の荷物は、正確には測っていないが、持った感じでは総重量で5kgくらい。水だけで2.5L持ってきていたので、概算でも大きく外れていないと思う。

 一切弱音をはかず、早いペースにもかかわらず7時間半の行程を完歩したのは、強いフィジカルの証であり、到着時刻を気にせず風呂タイムにこだわった理由がよーく分かった。

 以下、実測タイム(標高)。

 08:19 西丹沢ビジターセンター(540m)発

 09:32 善六ノタワ(1048m)

 10:03 畦ヶ丸(1292.3m)着

 小休止

 10:08 畦ヶ丸(1292.3m)発

 10:13 畦ヶ丸避難小屋(1287m)

 10:24 モロクボ沢ノ頭(1193m)

 10:52 大界木山(1246m)着

 小休止

 10:56 大界木山(1246m)発

 11:11 城ヶ尾峠(1160m)

 11:15 城ヶ尾山(1199m)

 11:37 中ノ丸(1280m)

 11:54 ブナ沢ノ頭(1228m)

 12:01 ブナ沢乗越(1175m)

 12:05 菰釣避難小屋(1215m)着

 大休止、ランチタイム

 12:28 菰釣避難小屋(1215m)発

 12:44 菰釣山(1379m)

 13:00 ブナノ丸(1341m)

 13:16 油沢ノ頭(1310m)

 13:33 樅ノ木沢の頭(1311m)

 13:42 西沢ノ頭(1299m)

 13:57 石保土山(1297.3m)着

 小休止

 14:05 石保土山(1297.3m)発

 14:18 水ノ木分岐(1264m)

 14:25 大棚ノ頭(1268m)

 14:51 富士岬平(1175m)着

 小休止

 14:57 富士岬平(1175m)発

 15:06 高指山(1174.2m)

 15:46 山中湖村コミュニティセンター(1001m)

 15:53 平野バス停(996m)着

 実測タイムは、ヤマレコにアップした自分の山行記録とGarmin GPSMAP 62sのトラックデータから転載した。

 この日の総平行移動距離は22.45km、総平上昇距離は2117mだった。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アフターシックスウォレット... | トップ | 清東橋バス停~獅子口小屋跡... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む