日々の事など

時には、旅人

今は昔、娘のパリ通信 その2

2017-07-11 | 日記

カカへ

送金の方法は、外国為替取扱い銀行へ行って、「海外送金依頼書」を使うらしい。フランス語で銀行名などを書き込むところがあるらしいから、メモをもっていったほうがいいって。それで、スピーディーな「電信送金」と少し日数がかかる「郵便送金」の2種類があって、手数料は銀行によって違うみたいだけど、電信で5000円ぐらい、郵便で3000円ぐらい。その他に、現地受け取り銀行での手数料が別途3000円ぐらいだって。CREDIT LYONAIS銀行で口座はXXXXXX。それで、銀行の支店番号はXXX。あと、一応普通預金口座の番号も書いとくね。(利子がつく口座)XXXXXXです。

今日はね、夕方、HOULLESの教会のコンサートに行ってきたんだよ。40F。バッハとかモーツァルトとかテレマンだった。バッハはチェンバロコンチェルト(2台)をやったんだけど、チェンバロの2人の人、うまかった。40歳ぐらいの男の人と、30歳ぐらいの男の人、2人ともコンセルバトワールの出身。お客さんはね、いっぱい来てたけど、みんな地元の人って感じのあまりコンサートにはいかないんだろうな~て感じがした。だって、曲の途中で拍手しちゃうんだよ。それと、小さい子がたくさん来てて、みんな演奏中平気で動き回ってるの。オケの人とか演奏しながら、そっちの方見てにやにやしてたもの。でも、面白い演奏会だったよ。明日は、ヴェルサイユに行くの。(午前中)なんかね、お金360F払ったのに、また、払わなくちゃならないらしい。よく分からないけど「15日以内に来てください」ていう手紙が届いたの。あと、健康診断の証明書も提出しなきゃいけないらしいの。滞在許可書も結構大変です。言葉が分からないからね。それに一人でやらなきゃいけないし。学校の人達はみんなパリだから仕組みが違うんだよね、訊いても。

それじゃ、またね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前橋から そして20年まえ... | トップ | 見るなのくら その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む