70才。役に立つ話が次々現われる。

世界で最低の日本人の声を改善する方法を95%まで独自に確立しました。

産婦人科医減少。厳しい時間。

2016年10月13日 10時11分05秒 | Weblog

婦人科医師を希望する医師の卵が減っている。

自分の時間がとれない。

休みに予定があっても狂わせられる。

一方、整形美容医師はどんどん増えている。

広告など見ると若いイケメンの医師の顔が並ぶ。

収入も多く、時間予定も成り立つ。

麻酔医もなり手が少ないという。

開業したり、儲けも多くはない。自分の腕で儲けを増やせない。

医は算術なりと言った識者もいる。

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十数年間、疎遠であったプロ... | トップ | キッ音はどうすれば改善され... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL