キャラクタービジネス情報ブログ

キャラクタービジネス情報を発信するボイス情報の公式ブログ

「GOJO WORLD」

2017-04-11 09:37:09 | 月刊ライセンシング・ブックス
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

「GOJO WORLD」
今年創業63年目を迎えた老舗タクシー会社の互助交通(有)(東京都墨田区、中澤克己代表取締役社長)では、タクシー業界における世界初の試みとして、タクシーに乗車してキャラクターを進化させるスマートフォン向け(iOS 8.0以降、Android 4.0.3以上)の美少女ゲームアプリ『GOJO WORLD』を3月13日に配信開始した。

同アプリは、タクシーのイメージアップと乗車率アップを図るため、互助交通が独自に取り組んでいる販促活動の一環。互助交通に付加価値を付与し、他車との差別化を図ることを目的にしている。加えて、普段のタクシー利用が少ない若年層にもタクシーに関心を持ってもらい、乗車してタクシーの良さを体験してもらうための機会作りとして制作・配信したものだ。

異世界に広がるふたつの国が舞台となる、謎に満ちた物語の『GOJO WORLD』。自然があふれる西の国と機械が発達した東の国では、争いを繰り返していた。『GOJO WORLD』の中心人物である西の国の王女エミーユは、生まれてすぐに大病に見舞われ、世継ぎを危惧した周囲が禁忌とされる技術を用いて王女エミーユのクローンを創造した。しかし王女エミーユは3歳になる頃には大病を克服。クローンは秘かに処分されることになったが、その瞬間に自らの魔法でその場にいた人間を殺害し、西の国から消え去った。

12年後、王女エミーユの王位継承が正式に発表された日に、東の国が西の国に攻め込んだ。魔法と機械兵器を融合した「魔道」を操り、東の国の勢力を束ねていた人物こそ、12年前に消息を絶ったクローンの「モコ」である。モコは魔道を操る者として、東の国では神のような存在として崇められており、少女のような見た目からは想像がつかないほど、計り知れないほどの力と才覚を内包しているようであった。

『GOJO WORLD』は、乗車回数や乗車距離に応じてポイントを獲得できる「GPS連動アプリモード」と、アプリを必要とせずブラウザ起動によりキャラクターを入手する「スタンプラリーモード」とで構成されている。

プレイヤーは対立する2つの国から一方を選択し、GPS連動アプリモードで貯めたポイントと使用することで仲間との出会いを求め、ドレスアップ(進化)させる。一方のスタンプラリーモードは、主にアプリモードで使用可能なアイテム入手のためにプレイするもので、同モード単体でゲームを進行させることはできない。

<中略>

現在、GPS連動アプリモードでポイントが貯まるのが互助交通のタクシー80台限定であるため、同業他社との供用運用(ライセンス貸与)についても今後検討していく考え。

GOJO WORLD【ゴジョワールド】公式サイト/互助交通有限会社



今回の記事は、弊社発刊の「月刊ライセンシングブックス」4月号から、一部抜粋した。
詳細な内容は「月刊ライセンシング・ブックス」4月号をご覧頂きたい。
「月刊ライセンシング・ブックス」は毎月キャラクター、ブランドのライセンス情報を多数収録しており、最新のライセンスビジネスを見るにあたって非常に有用なものとなっているだろう。
詳しい情報はこちらをご覧頂きたい。

感謝。

追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

『スマホゲーム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「フレームアームズ・ガール」 | トップ | スイーツパラダイス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。