キャラクタービジネス情報ブログ

キャラクタービジネス情報を発信するボイス情報の公式ブログ

「ぐる問100」~渋谷から脱出~

2017-05-15 11:25:33 | 月刊ライセンシング・ブックス
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

(株)スクウェア・エニックス スマホアプリの位置情報RPGでARを活用し、渋谷を舞台に『脱出ゲーム』のサプライズイベント
 
(株)スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐)は、同社初のスマートフォン(iOS、Android)向け位置情報RPGアプリとして2016年11月1日に配信開始した『ぐるモン』において、AR(拡張現実)と脱出ゲームを融合させたイベント『「ぐる問100」~渋谷から脱出~』を開催した。
同イベント手法が、位置情報にアプリとリアルが組み合わされた、これまで類を見ない新たなゲームイベントであったことから、IT関連業界を中心に多方面から注目された。

『ぐるモン』は、「選ばれし者」である主人公(プレイヤー)が、人の思いなどから生まれてくるかわいいオンスター「ぐるモン」を集めて育てる「モンスター育成RPG」のアプリ。プレイヤーはぐるモン事件解決のために、パートナーのぐるモン「ネムタマ&ナルスター」と一緒に日本中を冒険する中で、仲間となるぐるモンを「スカウト」して集めていく。かわいくコミカルなビジュアルのぐるモンは初期時約270種類で、毎月またはイベント開催時などに随時追加される。
また、ARモードやジャイロ操作などのオリジナル性の高いコンテンツが搭載されているほか、かたぐるました状態の上下ぐるモンたちが繰り広げるターン制バトル「かたぐるまバトル」を楽しめる。バトルでは、プレイヤー単身でのソロプレイに加え、近くにいる仲間(最大3人)と協力することでガードや必殺技を繰り出すこともできるマルチプレイの両方を楽しめる。

今回開催されたイベント『「ぐる問100」~渋谷から脱出~』は、スマートフォン向けゲームアプリなどで多々開催されるエイプリルフールイベントとして、3月31日~4月13日に実施された期間限定イベント。
通常はアプリを起動すると、位置情報機能により各プレイヤーの利用状況に応じた地域が表示される。しかし今回のエイプリルフールイベントでは、プレイヤーがぐるモンの「スカウト」ボタンを押すと渋谷の街に強制ワープさせられてしまう。
その後はプレイヤーの所在地などに関係なく、すべてのプレイヤーが渋谷の街に閉じ込められ、プレイヤーは街中を移動しても、時間が経過してもそのままでは渋谷の街から離れることができない。唯一渋谷から脱出できる手段は、マップ上に表示されている桜ハートを削ってぐるモンを取り除き、隠されているクイズ100問を全問正解することであった。

<後略>

(参照:月刊ライセンシング・ブックス 5月号)

今回の記事は、弊社発刊の「月刊ライセンシングブックス」5月号から、一部抜粋した。
詳細な内容は「月刊ライセンシング・ブックス」5月号をご覧頂きたい。
「月刊ライセンシング・ブックス」は毎月キャラクター、ブランドのライセンス情報を多数収録しており、最新のライセンスビジネスを見るにあたって非常に有用なものとなっているだろう。
詳しい情報はこちらをご覧頂きたい。

感謝。

追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

『スマホゲーム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月の風と人間の品格 | トップ | GINZA6のバブル状況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。