キャラクタービジネス情報ブログ

キャラクタービジネス情報を発信するボイス情報の公式ブログ

新海誠監督 アニメ監督の第1人者となるか

2016-11-21 14:16:07 | 映画キャラクター
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

映画「君の名は。」アジアで4冠 タイ・香港も週末興行1位
 東宝はアニメ映画「君の名は。」がタイと香港の興行ランキングで1位を獲得したと発表した。台湾では10月21日に公開され、週末の興行ランキンで1位を獲得しており、日本を含めアジアで4冠に輝いた。
 タイでは10日に、香港では11日に公開。世界89国・地域での配給が決まっている。イギリスやオーストラリア、中国などでも公開される予定だ。


東宝の「君の名は。」が相変わらず人気で、新海氏も時の人となり、一時の芥川賞受賞作家・又吉氏の如く、ネレビネタとして毎週大きく取り上げられている。興行収入も185億円となり、200億円超えも射程距離に入ってきた。

新海氏は1973年生まれの41歳、これからの業界を背負うバリバリの中堅である。長野県出身で2002年に個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。同作品は第1回新世紀東京国際アニメフェア21公募部門で優秀賞を受賞。2004年公開の長編映画「雲のむこう、約束の場所」では第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞、2007年公開の「秒速5センチメートル」でアジア太平洋映画祭アニメーション映画賞、イタリアのフューチャーフィルム映画祭 「ランチア・プラチナグランプリ」(最高賞)を 受賞。2011年には「星を追う子ども」では第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞受賞。2013年の「言の葉の庭」ではドイツ シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭「ITFS」長編映画部門最優秀賞を受賞。といった経歴を持つ人材で、次世代を担う名監督の1人と言えよう。

この「君の名は。」は日本、タイ、香港、台湾で週末興行ランキング1位を獲得しており、世界8カ国・地域での配給が決まっている。イギリス、オーストラリア、中国などでも公開の予定という。

あくまでも予想だが世界で300~500億円の興行収入となり、スタジオジブリの数々の名作を上回ることも大いにあり得る。今後の新海監督の作品が我々にとっても楽しみの1つになってきた。


感謝。

追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンスブランド名鑑2017

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「JELLY JAMM」 | トップ | 「Kodak」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。