キャラクタービジネス情報ブログ

キャラクタービジネス情報を発信するボイス情報の公式ブログ

日本のアニメグッズ専門店(大手出版など出資)

2017-03-31 09:15:00 | アニメキャラクター
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

訪日客にホンモノの良さ
KADOKAWAや講談社、、アニメイトなどが出資するジャパンマンガアライアンス(JMA、東京・板橋区)は3月1日、東京タワー(東京・港)にアニメグッズ専門店を開店した。ターゲットは訪日外国人(インバウンド)。海外で日本アニメの海賊版がはびこるなか、訪日客にホンモノの良さをアピールする。

「アニメイトJMA東京タワー」はJTBコミュニケーションデザイン(東京・港)が運営する「東京タワー ツーリスト・インフォメーションセンター」の物販コーナー内にある。

約100平方㍍の売り場に菓子やクリアファイル、キーホルダーなど約2000種類が並ぶ。ドラえもんやポケットモンスター、ジブリ作品といった訪日客に人気のアニメキャラクターの大半がそろう。英語や中国語に翻訳された漫画やグッズを用意するほか、定員は日本語と英語、中国語に対応する。

JMAは2015年9月に創立された。KADOKAWAや講談社、アニメイトのほか集英社、小学館が1億円ずつ出資する。当時、ライバル同士のアライアンスで業界を驚かせたが、5社には「海賊版対策」という共通の目的があった。ホンモノの漫画やアニメの商品を購入できる実店舗を海外で営み、ホンモノに触れる機会を増やすことで、日本のマンガ・アニメファンを増やす狙いだ。

店内にはイベントスペースもあり、原画や作品の展示や声優のトークショーやサイン会を検討する。東京駅や羽田空港などにバンダイやサンエックスの自社キャラクターのグッズを扱う店はあるが、メーカーや出版社の垣根を越えて幅広いキャラクターがそろう訪日向けの店は珍しい。

日本に先駆けて16年2月にバンコクに店舗を構えた。滑り出しは好調で客数ベースで倍に、売上高も計画を上回るという。「タイで本物に触れる場所ができたことで、本物志向になる顧客の数が少しずつ増えてきている」とJMAの国枝慎吾社長。露天やネットで取り扱う業者を取り締まるのは難しいが、現地のショッピングセンターでは海賊版の取り扱いが減少しつつあるという。

次の拠点に日本を選んだのは、訪日客のアニメへの関心の高さだ。日本でホンモノを知ってもらい、帰国後に海賊版を購入する意欲をそぐ狙いだ。

開店後の客足は好調に推移している。台湾の女性は「アニメグッズがこれほどそろっているのは珍しい」と喜ぶ。またマレーシアの女性は「好きなアニメグッズを探しに来た」とうれしそうに語る。従来から人気のフィギュアやぬいぐるみに加えて、ジグソーパズルがよく売れているという。

今後は再び海外へ打って出る。海外ではホンモノが手に入らないために海賊版を買っている人もいるようで、ホンモノに触れる機会を増やしていきたい考え。欧米への進出も検討する。
(参照:2017年3月29日 日経MJ)

2015年1月にアニメイト、KADOKAWA、講談社、集英社、小学館の5社で(株)ジャパンマンガアライアンス(国枝慎吾社長)が設立された。
“ホンモノ”のマンガ、アニメ関連商品をファンが実際に手に取って購入できる店舗を通じて、海外における海賊版対策の強化、そして日本のマンガ・アニメの海外展開をオールジャパンで強く促進し、また最新情報の発信や現地リサーチを行い、インバウンドの拠点をつくることも目指すという壮大な現実的戦略のための会社である。
通称JMAをは2016年2月に、既にバンコクに第1号の店舗を構え客足もよく売上高も計画を上回っているという。
3月1日の東京タワーへの出店は「東京タワー ツーリスト・インフォメーションセンター」の物販コーナー内にある。アニメグッズ専門店でターゲットは訪日外国人(インバウンド)である。わが国もかってはファッションで海外の盗作、マネを作ったものの各業界の指導者や国民性から正常な商習慣に戻ったという経緯はある。

しかし、人工島を作ったり、日本固有の領土に国際的違法な建築物を作ったりして、再三、警告を無視する国家を相手に、将来、本当にマンガ・アニメ業界の世界的秩序が生まれるか疑問は大きい。

当社がその先兵となれば、わが国のマンガ・アニメ関連の作者から業界まで誠に感謝の企業となるが、道はかなり厳しいと観なければならないだろう。


追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しいブランドと旧ブランド減少 | トップ | ユニバーサル・スタジオ・ジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。