キャラクタービジネス情報ブログ

キャラクタービジネス情報を発信するボイス情報の公式ブログ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン好調 任天堂も動く

2017-04-03 13:32:30 | ゲームキャラクター
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

マリオと遊べるテーマパーク、USJに 任天堂が計画
任天堂は16年11月29日、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)内のほか、米国の2カ所に「マリオ」などのキャラクターが登場するエリアをつくると発表した。それぞれ今後数年でオープンする計画だ。

複数のアトラクションやレストランなどで構成される。具体的な内容は日米で近く発表するが、人気ゲームシリーズ「スーパーマリオ」のマリオなど、任天堂のゲームに出るキャラクターと遊べるようなものになるという。「今までにない革新的な手法」を使い、ゲーム画面で体験するような冒険を実際に再現するといい、「年齢やゲームの熟練度にかかわらず楽しめる」としている。

米国では、フロリダ州のユニバーサル・オーランド・リゾートとカリフォルニア州のユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの2カ所に展開する。

任天堂は2015年5月に、テーマパークを運営する米ユニバーサル・パークス&リゾーツ(UPR)との提携を発表。アトラクションの共同開発を進めていた。日本ではUSJの運営会社とも手を組み、人気の「ハリー・ポッター」並みの規模のエリアをつくる方向で準備を進めていた。

(参照:朝日新聞DIGITAL/2016年11月29日配信 該当記事はこちら


USJ入園者、最多を更新 1400万人台半ば達成か
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)の2016年度の入園者数が17日、過去最多を更新した。15年度の1390万人を上回り、3月末までには1400万人の半ばに達する見通しという。

午前10時過ぎ、ミニオンなどパークのキャラクターが約30人のゲストとハイタッチをして達成を祝った。石川県小松市の高校3年生、中川かれんさん(18)は「絶叫系の乗り物が楽しい。今後もパークが大きくなって、夢のような場所であってほしい」と話した。

16年3月にできた新型ジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」が人気で、映画「ハリー・ポッター」エリアや開園15周年イベントも好調だった。運営会社の村田篤平執行役員は「来年度はさらに上乗せできるよう、新アトラクションを展開したい。将来は、あと200万人は増やしたい」と述べた。

(参照:朝日新聞DIGITAL/2017年3月17日配信 該当記事はこちら


テーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、来園客2014年度1270万人、2015年度1390万人だったが、2016年度は1400万人の半ばを達成したと見られる。16年3月にできた新型ジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」の人気、映画「ハリー・ポッター」エリアの開園などが功を奏して一気に好転している。

将来は200万人増加させたいと述べているが、今後、任天堂の「スーパーマリオ」とも手を組む予定で準備を進めているという。

現在、パークの構成は次のようになっている。

1.ハリウッド・エリア
2.ニューヨーク・エリア
3.サンフランシスコ・エリア
4.ジュラシック・パーク
5.ラグーン
6.アミティ・ビレッジ
7.ウォーターワールド
8.ユニバーサル・ワンダーランド
9.ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター

今後も任天堂の「スーパーマリオ」の他、園内の充実、有名キャラのエリア開設など幅広い考え方ができる。有能なプロデューサーによって更なる魅力がでれば難関2000万人来園の達成も不可能ではなく、更なる拡大を期待したい。


追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

『テーマパーク』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本のアニメグッズ専門店(... | トップ | 「フレームアームズ・ガール」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。