暇つぶし日記
思いつくままに記してみよう
 



 

ここに書くのは出血のあまり気持ちのいい記述ではない上に大して何の役に立つものでもないのでよっぽど暇でない方以外は何か他のことをすることをお勧めする。

 

2017年 4月 23日 (日) 

もう何日家から外にでていないだろうか。 外気9℃だという。 一昨日は鼻血で大学病院に行ったけれど行きも帰りもすぐ車だから外に出たことにはならない。 3日パジャマのままで暮らしている。 鼻のことがあるから24時間は安静に、熱いもの、辛い物を飲み喰いするな、シャワー、風呂には入るなと注意書きを守り生暖かいもので過ごしていたのだが昨日、朝食のミルク・ティーをいつもの通り熱いままで二口ほど飲んだらじゅるっと鼻血が滲み始めたのでこれはいけないと冷ましてから飲んだ。 それで収まり一日を過ごし夕食は娘が土曜のマーケットで買って来た白アスパラガスを茹でたものを喰った。 もう一か月ほどまえからマーケットに出ているのを見ていたのだがその機会を失っていたのでこれが今年の初物となった。 ゆで卵を潰してマヨネーズ、ライムを絞り砂糖と辛子を少し加えてソースにしたもので大きな太いものを5本づつ喰っただろうか。 このソースには燻製の鮭が合い、ハム、茹でたジャガイモも添えられていた。 美味かったのだがこれが早朝の鼻血の原因かと素人判断をする。

日曜早朝5時、急に鼻の奥が盛り上がる様な気がして目が覚めそばに置いてあるゴミ箱の上に頭を持ってくると金曜に病院で処置されたままのタンポンの詰まった右の鼻孔はどうという事はないのだが左の孔から金曜と同じように血が溢れ漏れた。 勝手知ったることであるからできるだけ頭はゴミ箱の上のままにして血で汚さないようにトイレットペーパーのミシン目に沿って一つだけ破りそれを折って丸めタンポン状にして詰めた。 金曜には3分ごとに溢れたのだから同様に長期戦になると覚悟した。 金曜には1時間経っても止まらなかったのだから大学病院に電話をかけたのだけれど今回もそうなるのかと腹をくくったのだが今回は両方の鼻の孔が詰まっているので息がしにくく具合が悪い。 眼の周りが何か火照ったような気分だし朝5時にしては寒く感じないから悪寒を起こすほど熱は出ていないものの普通以上の熱はあるのだろうと浴室の棚から小さなタオルを取り出して水に浸し鼻から眼の辺りを冷やしたら気持ちが良かった。 けれどそれで血が止まる気配はなくそのままじっとベッドにあおむけ気味にしていた。 右の鼻孔から濃い血が沁み出してくる気配はなく薄い滲んだものだけがじっとりとしみだしていて右には出血はないものとみた。 けれど紙で詰めた左の鼻孔で詰まってそこから溢れたものが喉の奥から口に廻り溢れるので本来は鼻孔から出る分を口から垂らしだす始末だった。 そういうことを暫くしていて1時間ほどたち徐々に血の色が薄くなり止まった。 結局完全に止まったのが出初めから2時間後で詰まった鼻をかみ出たものをみると驚くほどの量だった。 それはやわらかく溶けたレバーのようでまるで脳の部分が溶け出たのかと思うくらいだったのは堪っていたこの血が抜けたので頭と鼻孔が通り抜けてすっきりしたからだった。

このことがあり日頃は7時に採る朝食が遅れ朝の抗癌剤服用時間も少し遅れたが何とか日常に戻りその後11時半に娘に起こされるまで眠った。

鼻をかんだ時に大量の塊が出たので写真に撮ったのだがここに載せるにはグロテスクで気持ちのいいものではないので何日か前の屋根裏からの夕景を載せる。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ブラブラについて 大学病院の美... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。