暇つぶし日記
思いつくままに記してみよう
 



 

2017年 6月 16日 (金) 気温 24℃ 晴れ

手術、入院を終え19日ぶりに帰宅した。 死ぬとは思わなかったけれど後から医師団、看護師、周りの人々に聞くとかなり重い手術だったようだ。 2週間の予定が5日伸びたのだけれどその5日間に色々あった。 これから追々思い出しつつそのことを入院日記としてしつこく書くかもしれない。 なんせ動きの取れない今まで経験したことのない不自由な19日だったのだから書くことは多岐に亘って得難い経験の連続だった。 読者各位に於いては人の病気のことなど興味がないと思うけれど他人のこととして読み流していただければ幸いである。 尚、この間、様々なところから励ましの言葉をいただいてそれぞれ今までにないほどにその言葉が骨身に沁みて有り難く思う。 なんせ入院など今までしたこともなく手術室にベッドのまま送られる時に、これは映画のシーンのようだと子供のようにワクワクしながらナイーブな思いが手術後には痛みと吐き気の連続の日々になるとは夢にも思わず抗癌剤治療期間のことが夢のように思われる。

今は痛みは治まっているけれど吐き気を押さえるのに苦労している。

 

写真は手術後2日目、21cmの開腹手術だった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ブログを暫く... オランダ癌研... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。