ほよほよさんぽみちNEW

いつでも君のこと好きだったよ

鳥を寝かせるために

2017-02-12 11:10:47 | 日記

 きのうのこと。

 

 夕方になって、夜になって、その場にいたある人が、すっとたちあがって、

 

 「そろそろ帰ります」 といって。 

 

 続けて

 

 「飼っている鳥を寝かさないといけないんで」と、とても自然に言ったので、ちょっとえって思いました。

 

 「子供を寝かさないといけないんで」とか「子供をお風呂にいれないといけないんで」とか、そういう感じで。

 

 私の頭の中で、赤ん坊のように鳥に添い寝をしている光景が浮かび、いや、そうじゃないんだろうな、鳥かごに覆いをかけたり、光の当たらない場所に移動したりそういうことなんだろうな、と想像しました。

 

 それは毎日やっていることで、生活のなかでかなり重要なことなのでしょう。

 

 鳥は自分でカーテンを閉めたりできないもの。

 

 「用事があるので」といわなかったのは、「この理由ならみんな納得してくれるだろう」という気持ちがあったんだと思います。

 

 私も、それなら仕方がないよね、って思ったから。  

 

 優しい暮らしをしているんだなぁって思いました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手袋をおとす | トップ | 耳あて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。