ベンアフレックブログ

ベンアフレックブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デコのしわ。

2017-03-20 18:36:27 | 日記
女性からすれば、目元のビミョーな小じわはビミョーに気になる問題だと思います。

いつまでも若々しくありたいというのは男も女も関係なく誰もが望むところでしょうが、
やはり女の人である以上、美しくありたいというのは第一欲求であるはずですから、
たとえこんな大したことないサイトであっても、
発見したらついつい長々と閲覧してしまうのでしょうね‥‥。
         ↓
       小じわ保湿

まあ、目元あたりの小じわも女性からすれば大事な問題なのかもしれませんが、
やはり大じわも大事に対策しなければならない問題でしょうね。

やはり、大じわの代表格といえば、額(デコっぱち、デコ)のしわでありましょう。

デコにしわができる原因といってもいろいろありますから、一つ一つ考察していきましょう。

①日焼け。

デコを覆うほどの髪の毛の長さがなく、日焼けオイルなども塗っていない女の人は、
日に焼けることによってデコにしわが発生しやすくなります。

ちょっとくらいファンデーションを厚めに塗ってみるとか、
キャスケットでも麦わら帽子でもサンバイザーでもシャンプーハットでも何でもいいですから帽子をかぶるとかして、
極力日焼けをしないように気をつけましょう。

②デコの面積がせまい。

これはべつに本人の責任ではありません。
はっきり言ってせまいデコに生んでくれた親に責任のあることであります。

ホンネは親の責任をとらせたいところですが、
せまいデコのせいで出来てしまうしわに対して自分でも何か対策を講じようと思うのであれば、
やはりレチノールとかビタミンC誘導体あたりを起用ましょう!

生来デコの面積がせまいためにできるしわを何とかしようと思ったら、
これくらいしか思いつきません‥‥m(_ _)m

③デコの筋肉を使う。

トシをとって行くと、瞼(まぶた)が重力に負けて、
下へ下へとぶらさがる感じになってきます。

すると、それまでよりも視野がせまくなります。

そうなると、せまくなった視野を広げようとして、
下へぶらさがった瞼を上へ上へと上げて目を開けようと頑張ってしまいます。
とうぜんこの時、デコの筋肉の力の助けを借りなければならなくなってくるわけです。

そして、デコの筋肉が頻繁に動くことによって、デコにしわができやすくなるのです。

ためしに、カガミの前で、
まるで何かに驚いたかのように、
カッとアホみたいに目を大きく開いてみてくださいよ。

ふつう、別にデコの筋肉の力の助けを借りずとも、カッとアホみたいに大きく目は開くはずなのです。

もし、デコの筋肉の力の助けを借りなければ目をカッとアホみたいに大きく開けることができないならば、
その人は眼瞼下垂(がんけんかすい)の疑いがあります。

前述どおり、トシをとると、
瞼というのは下へ下へとぶら下がってくるものなのですが、
その年代の平均的な瞼のぶら下がりよりも症状がきつくなったのが
眼瞼下垂(がんけんかすい)ってイメージですかね。

これだけ瞼が垂れ下がってしまうと、
デコのしわだけではなく、慢性的な頭痛にもつながることがありますから、
注意が必要ですね。

眼瞼下垂(がんけんかすい)も症状がひどくなると、
瞼の皮をちょっぴり切り落とすオペが必要になってくる場合もあります。

この眼瞼下垂(がんけんかすい)の記事をよんで不安で不安でたまらなくなり、
情緒不安定に陥った人は、
専門のクリニックに早めに足を運んで悩みを聞いてもらった方がいいですよ。

重度の眼瞼下垂(がんけんかすい)であれば、
瞼の皮をちょっぴり切り落とすオペも保険がききますからね。

④頭皮をひっぱる。

ドライヤーを使う時に強く髪を触ったり、
かなり強い力で髪の毛をくくったりするタイプの人は、
それだけ強い力を頭皮にかけているということなのですが、
これはいけません。
強い力を髪に加えれば、それだけ頭皮が伸びてきて、
デコにしわが生じやすい環境になってしまいますよ。





①から④までみたいな理由で、
デコに大きなしわが生じてしまったのであれば、
まずトライしてみてほしいのが、
皮膚の真皮に存在するエラスチンやコラーゲンなどの量を復活させようとする努力です。

まあ、しわができるということは、それだけエラスチンやコラーゲンが減っている証拠でもありますからね。

エラスチンやコラーゲンの量を復活させる努力というのは、
具体的に言うと、
・禁煙
・UVカット
・ストレス回避
・ぐっすり眠る
・過度なダイエットは控える
・皮膚にテンションをかけない
あたりになるのですが、
長い月日が経つにつれて少なくなっていった真皮のエラスチンやコラーゲンを復活させるだなんて、
ほぼ不可能と言ってもいいくらいの至難の業なのであります。

ましてや、今回問題にしているデコの皮なんて、かなり硬い部類の皮になりますからね‥‥。

だから、意識の持ち方としては、エラスチンやコラーゲンなどの量を復活させるというよりは、
今あるエラスチンやコラーゲンなどの量を維持しようとすることが大切でしょう。

もし、どうしてもデコの大きな深いしわを何とかしたいならば、
やはり専門のクリニック(美容皮膚科)にいって注入医療を受けたりするほうがいいとは思います。
このデコのしわの場合は、やはりボツリヌスを注射するのが最善策かと思われます。

眉の間の深いタテジワ、ボツリヌスを注射すると解消されることがありますからね。

ただし、この注入医療は、
重度の眼瞼下垂(がんけんかすい)に陥った人は受けれないことがありますから、
注意が必要ですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴパン | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。