恵子の毎日朝活

出来る女は朝かつするの!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小学生の娘と眼鏡

2016-09-19 13:14:03 | 日記
私の小学校3年生の娘は眼鏡をかけています。今年の視力検査でやっぱりまた視力が落ちていたので、眼鏡のレンズを交換してきました。
初めて眼鏡になったときに「視力はどんどん落ちて行くからね。子供はどんどん成長して、目の大きさも変わってくるから、度数も変わる、つまり視力が落ちるのは当然、仕方ない」と言われていたので覚悟はしていたのですが、正直「こんなに悪くなるのか…。一体どこまで悪くなってしまうのだろう」という思いでいっぱいです。
娘が初めて眼鏡になると決まった日はショックでショックで、思わず家で一人で泣いてしまいました。そんなにゲームばかりしていたというわけでもないのに…。でも、主人も私もド近眼なので、遺伝によるものなのかもしれない、と思います。それを考えるとさらに娘に申しわけない気持ちです。私が眼鏡になったのは高校生なのでまだいいですが、小学校、しかも低学年で眼鏡なんて…。さらに、義両親や実両親にも「眼鏡になっちゃったのー!」とかなり驚かれ、それがさらに私を傷つけました。「親のせいで」と言われている気がしたのです。一時はかなりノイローゼっぽくなっていたと思います(私が)。
でも、救いだったのは娘が眼鏡を喜んでかけているということです。娘にとっては眼鏡をかけることで「見える」というのが嬉しいよう。しかもかわいい眼鏡を選んだので、お友達からも「可愛い眼鏡だね!」と言われるのが嬉しいようです。でも、親としてはやっぱり眼鏡はかけていないほうが本音は嬉しいです。中学生になったら、コンタクトを薦めようと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少女漫画を一気読み | トップ | 彼岸の入りでした »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。