晴耕雨読

鶯の鳴き声、川のせせらぎが聞こえる、大変静かで風通しのよいところに住んでいます。

FT-991Aのバンドスコープ

2017-04-19 18:46:04 | 日記
IC-7300と比較されるFT-911Aであるが、
IC-7300が、いわゆる海外交信の場面で使われることに対して
FT-991Aはローカル専用である。

というのも、購入して一週間現物とマニュアルをみくらべているが、SNDの
トリガーがどこに出ているのか、どういうものかわからない。
これで、まずリニアにつながらないし、熱設計も弱いので、50Mhzの100W
144/430で50W連続で出したら壊れるだろう。
終段のデバイスはIC-9100と同じだが、IC-9100はうるさいくらいにファンがまわるが
そういうことがIC-991Aはない。

かわりに、バンドスコープは、144Mhz/430Mhz、50Mhzで画期的な効果をもたらす。
そもそも、コンテストでもないと誰も出ていない、この周波数帯で相手をみつける
画期的な手段なのた。

たとえば、平日夕方、ちょっと電源を入れて、2mを選択してみる。

山が二つあるので、腰をすえてみよう、ということになる。

IC-9100以前では、やみくもにダイアルを回して、ひっかけるしかかなった。
上に出ているのか、下に出ているのか、何局出ているかもわからない。

これがIC-991Aでは、電源を入れただけでわかるので、夕方が楽しみになった。
いずれ、ヤエスに聞いてIC-PW1にもつないでみよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地図は見るもの | トップ | 日清旭川醤油ラーメン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む