美しい地球環境を未来に!

最近の異常な気候はなんだか変だ!
地球温暖化のために「できる行動は?」役立つ情報を発信して行きたいと思っています。

モロタイ島で感じた日本人の誇り

2016-09-15 15:44:44 | Weblog
第二次世界大戦で激戦のあったひとつ「モロタイ」

住民の皆さんは日本人に大変好意的でした。

1974年にジャングルから中村輝夫さんが救出されて

彼の銅像が建立されていることからも

あらためて日本人について見直された感じがします。

さまざまな間違えたプロパガンダで日本人として保誇りを

傷つけられ、間違った歴史認識にを植え付けられますが、

真実でないことは地元の人たちの日本人に対する対応から

良くわかります。

今を生きる日本人として、先人の生命をかけた貢献に敬意と

誇りをもって、次なる世界平和の活動を続けてゆきたいと願っています。


プロパガンダではなく、実質的に地元の皆さんに貢献できる

活動「世界平和の森」を激戦地の一つモロタイで実行したいと

願っています。


世界は日本をどう見ているか?

英国人ジャーナリストの著作
<iframe src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=miyarin1226-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4802400160&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モロタイ島で「平和の森づく... | トップ | 戦争犯罪国はアメリカだった! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL