美しい地球環境を未来に!

最近の異常な気候はなんだか変だ!
地球温暖化のために「できる行動は?」役立つ情報を発信して行きたいと思っています。

地球規模で起きていることだから。。

2009-08-25 18:09:00 | Weblog
日本人の責任を感じて欲しいというブログに以下のような
コメントを頂きました。ありがとうございます。

★CO2排出問題 (Mountain)
 2009-08-23 00:00:34
「中国やインドなどの巨大人口をかかえる国が、削減努力をしないなら日本がCO2排 出を100%カットしたところで、温暖化は防止できません。税金をドブに捨  て、いたずらに国内経済を疲弊させるだけでしょう。小氷期に入りつつあるとの 意見も出されているのでしばらくは何もしなくても良いと思います。植林をする のは良いことではあると思いますが。」

確かにおっしゃることも判りますが、私の見方を述べさせて頂きます。

全体では大きな排出量ですが、人間一人当たりにすると中国やインドは
日本や欧米先進諸国よりもはるかに少ないのです。

だから、彼らの論理は現在の地球温暖化を招いているのは、
先進諸国が化石燃料を大量に消費する文明をリードしてきたことに
あるんだから、あなたがたから減らすべきだということです。

また、確かに8000年周期から言えば氷河期を迎えつつありますが、
それなのに温度が上がっている事実がありますので心配されています。

今年の夏の気候はなんだか変だと思われている方が多いと思います。
地球温暖化がこのままの状態が続けば、気侯変動が激しくなり、
旱魃と豪雨が繰り返されます。

そうなると地球の水の循環が不安定になり

人類が利用できる水の量が減ってしまい、地球規模で水不足に陥ります。

気侯が不安定になると農作物への被害がではじめます。
食糧生産が不安定になり、世界規模の食糧不足に陥ります。

数年前より中国が穀物の輸入国になり、穀倉地帯の旱魃被害により世界の
穀物在庫がこれまでに無く低い水準になっています。

ここでまた旱魃や豪雨の被害を受けると直ぐに
世界的な食糧不足になります。

このようなメカニズムは、一つの国や地域での問題でなくて地球規模の
問題ですから、
自分たちの国だけを考えていても解決できない現実があります。

日本はエネルギー自給率5%、食糧自給率40%ですから、
異変が起れば大きな影響を受けてしまいます。

人間の生存に必要な酸素、水、食糧は、
気侯の安定がなければ安定しません。

森が無ければ、土壌が安定せず、海の豊かさも失われます。

森が無ければ、土地が安定せず、農業も安定せず、食糧供給が
安定しません。

そんな背景から、わたしたちは地球規模の植林の推進をみんなで
取り組むことを願っているのです。

そうだ!植林をしよう!!!
■人類だれでもできる究極の温暖化対策は?
世界平和の森づくり

■まず、現実を知る事から。「目からウロコの温暖化対策」がわかる
 DVD発売中!!
世日クラブ 
DVD会員募集案内
 応募すれば植林につながります。
にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへにほんブログ村



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人の底力を! | トップ | 21世紀は女性活躍の世紀に! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL