美しい地球環境を未来に!

最近の異常な気候はなんだか変だ!
地球温暖化のために「できる行動は?」役立つ情報を発信して行きたいと思っています。

子供たちの未来をあなたの手で!

2016-06-29 18:31:25 | Weblog
あなたの住む地球は未来からの借り物です

子供たちの未来をあなたの手で!

~空も海も陸もみんなつながっています、だから

修復は地球に住む人類みんなの役目です~

★地球は私たち人類だけのものではありません。

★今を生きる現代人のものだけではありません。

★今を生きる人のものでなく、未来からの借りものです。

★様々な生物が地球規模の森林を中心とした
生態系システムの中で役割を果たしています。

私たちには世代を超えて、

すべての生物が生存できる環境を子供たちに残す役目が
あります。

生命にかかわる一番大切な「酸素」を供給しているのは、
「森林や海の植物」を中心にした
「自然の生態系システム」です。

植物なしでは私たち人間は生きてゆけません。

「大気の循環も地球上の「水」の循環も、

食糧になる植物の栄養の循環も地球の生態系システムが
正常に活動して得られるものです。

食糧が供給されるためには森林があり、安定した
農地が必要です。

海の魚は、山から流れてくる植物系のプランクトン
を育てる落葉の栄養がなければ生きてゆけません。

~森がなければ海も死ぬ~です。

「生命」に係るすべてが「森林を中心とした生態系シ
ステム」から継続的に補給されています。

このように大切な「生物の多様性ある森林」を破壊した

わたしたち現代人類は、10年、20年、100年先も

緑豊かな森を残し次世代に引き継ぐために「地球規

模で森林の再生・植林」に参加行動して進ましょう!

あなたの1本の植林が
未来の子供たちの
住む地球の自然環境づくり
に役立ちます。

オランウータンの森の補修は、私たちの未来のための行動です。

貴方の行動が、未来を創ります


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早く行動しないと手遅れになる

2016-06-27 16:51:06 | Weblog
■早く対策とり行動ぢないと手遅れになる

2016年4月22日の「地球の日」に国連本部でフランスのパリで

2015年12月に採択された地球温暖化対策の新たな枠組み

「パリ協定」の署名式がアメリカ・ニューヨークの国連本部

で170以上の国と地域の首脳らの参加のもとで開かれた。

署名に先だち地球温暖化防止運動に
熱心な俳優のレオナルド・ディカプリオさんがスピーチを行った。

彼の口から出たのは「温暖化を食い止めるのは簡単ではない。

その手段はあるのだから、早く対策をとらないと手遅れになる」

という緊急性をアピールする内容だった。

彼の政治や経済的な立場を超え、

地球環境の未来を憂う素直なスピーチであった。

国際会議に揃う面々は、国や地域の代表でそれぞれにある背景の

利害を抱えて参加しているので、

一番大切な次世代の子供たちの未来をどうするかという観点だけで

話し合われることがなされないのは残念である。

※人間が追いつめた危機的な状況にあるオランウータンの支援は
 
 原因をつくった人間が支援するのは当たり前であり

壊れた森の修復はオランウータンだけに恩恵があるのではなく

私たち人間にも、そのほかの生物にも役立つ行動です。

倒れた人がいて気が付いたら何らかの手助けをする人がたくさん
いてくれることを願っています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球で共に生き、生き続ける次世代のために

2016-06-24 18:12:31 | Weblog
地球で共に生き、生き続ける次世代のために

このご案内はオランウータンが前面に出ているので
誤解されるかも知れませんが、

オランウータンだけの問題ではなくて、私たち人類も
次世代が大きな恩恵を受けるためのプロジェクトです。


【オランウータンの山火事被災した森の再生を実現するために】
このプロジェクト

を立ち上げました!】

1996年から派手な応援もなく地味に支援活動をしています

NPOボルネオオランウータンサバイバルファウンデーション日本では、

森を追われ「孤児」になったオランウータンの
自立訓練の支援にかかわっています。

その訓練施設の森が昨年のエルニーニョによる大森林火災に見舞われました。

その森の再生のための植林活動資金を集めるために
今回、Redayforでクラウドファンディングをスタートしました!

目標金額は75万円、7月28日11:00まで支援の募集を行います。

クラウドファンディングとはインターネット上で行う
支援資金調達の仕組みです。

インターネットを通じてたくさんの人々に
少額の資金提供を呼びかけ、

目標額に100%まで到達した場合のみ、
そのプロジェクトの実行が決定するとうものです。

公開期間終了までに目標金額が集まらないと
私たちには1円も入らない仕組みとなっております。
(お客様のクレジットカードの決済は行われません)

私たち日本人は
オランウータンが住むインドネシアの熱帯雨林から多大な恩恵を受けてきました。

その負の遺産として
「オランウータンを絶滅の危機に追い詰めて、
今もなお親を殺されて孤児になるオランウータンが保護を必要としています。」

保護されたオランウータンすべてが
本来の自然の森に復帰できるように願い活動していますが、

私たちBOS日本はわたしの力不足で十分な支援活動ができていません。

「日本人は嫌いだった?」

しかし、このインドネシアの団体の設立者の一人のインドネシアのカルソノ氏から、

4年ほど前にある告白をされました。

「宮崎さん、わたしは日本人が嫌いでした。
 でも、あなたの姿を見て見方が変わりました。
  いまでは、日本人は好きになりました」

日本人嫌いと聞いて耳を疑いました。

寄付を持参するたびに歓迎してくれて食事も共にする中で、

笑顔で歓談していたのにそんな気持ちだったんだと驚きました。

同時に日本人嫌いのインドネシア人が一人
見方を変えてくれてよかったと思いました。

彼はインターナショナルハイスクールで英語の先生で副校長でした。

おそらくオランダの植民地時代からオランダ人に仕えていた背景が
あったからだと歴史の重みを感じました。

継続して支援を続けてきたことが
彼の心を開かせてくれたんだと思います。

彼らが中心になって設立した世界最大の霊長類の保護施設である
インドネシアの
ボルネオオランウータンサバイバルファウンデーション(BOSF)の

日本の唯一の窓口として活動していながら、
十分な支援活動ができないことに日本人として
大変残念な思いで20年間継続して参りました。

このたびREADYFORという、
心あるより多くの皆様からの支援をよりたくさん集めることが

可能なクラウドファンドを活用させていただく
このプロジェクトを立ち上げました。

私たちはこのような取り組みも不慣れですし
十分な告知ができない状況にあります。

まだまだ、オランウータンという動物を知らない方が
多いようですし、

彼らの生活を追い詰めている人間の経済活動の現実を
知られていません。

このプロジェクトを通じて、その実態をより多くの方に知っていただき、

オランウータン長い間が守ってきたインドネシアの熱帯雨林の

「自然の恵み」を収奪してきた日本人としての「感謝」の気持ちを

行動に示していただきたいと心より願っています。

SNSをやっておられるみなさん、

ぜひ「シェア」や「いいね!」で拡散していただけないでしょうか。

みなさんの応援が、力になります。

すべては、地球で共に生き、生き続ける次世代のために

どうかご協力よろしくお願いします!

応援する
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お金は食べることはできない~ネイティブアメリカンの教え~

2016-06-21 08:50:31 | Weblog
自然との共存、母なる地球とのつながり

「バランスと調和を大切にして暮らす、地球の上をそっと歩くように」

ヨーロッパに人たちがアメリカ大陸にやってくる前は
120万人から1200万人のネイティブアメリカンの人達が
暮らしていた。

しかし、暴力による虐殺や、
ヨーロッパからもたらされた感染症によって死亡し、
または奴隷になり、自殺者も出て25万に減少してしまいました。

有史以来のもっとも破壊的な行為、
悲劇に注目する人は少ないようです。
なぜでしょうか?

虐殺と共に彼らの価値観や精神も抹殺されてしまいました。

彼らの価値観の基本は
「地球、自然との調和、共生」があります。

そのような価値観のあるネイティブアメリカンが
今日までもっとたくさん生きていたら、

今日のような危機的な状況の地球にはならなかったといえます。

「最後の木が枯れて、BOS 山火事

 川が汚染され、

 最後の魚が釣りあげられてはじめて、

 人間はお金をたべることができないことに気が付くものだ」

           ~Cree Indianの言葉~

 1996年からオランウータンの保護支援の活動をしてきましたが、

 彼らの生き方もネイティブアメリカンの思想と同じだと
 感じています。

 とても哲学を教えてくれる、人間と同じ動物です。

 かれらも今、人類の経済活動により絶滅の危機に
 追い詰められています。

 そんな彼らの保護施設が周辺からの類焼で300ha(東京ドーム60個あまり)

 森林火災の被害を受けました。

 この土地にわたしたち人間が木を植えて回復を促進しない限り
 300年400年という時間がかかってしまいます。

 この土地に植林をして回復を目指すプロジェクトを
 NPOボルネオオランウータンサバイバルファウンデーション(BOS日本)では、

 今年1月から始めていますが、まだまだ資金が不足しています。

 このたびNPOやNGOの資金集めのプラットフォームReadyforで
 プロジェクトを立ち上げて本日(6月21日AM10:00~)から募金を始めます。

 ぜひともよりよい地球環境を引き継ぐために
 ご支援をお願いしす。 
 
※この募金は7月末までに目標金額に達しない場合はカード決済は行われません。

オランウータンの森づくりを支援する
https://readyfor/oranghutan (21日AM10:00~)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紙でできた本を森に還す仕組み

2016-06-13 14:34:07 | Weblog
本のリサイクルで未来の森づくり Book to Forest
あなたの読み終えた本を未来に繋ぐプロジェクト感謝をこめて「地球の森」に返しましょう!「Book to Forest」「本」は「紙」でできています。「紙」は「木材」でつく...



1年前に気が付いて本をリユース&リサイクルして植林費用を
生み出して、地球の森づくりに役立てる

だれもが考えるいいことですが、いくつかのハードルがあって
個人個人の行動に繋がらなかったこのサイクルを

私たちはボランティアなお皆さんと一緒に創りだしています。
早いものでもう一年になりました。

様々な分野の皆さんにご参加していただけるようになり
感謝です。

環境負荷の少ない生活スタイルをつくり、
緑ゆたかな地球環境を未来に引き継ぐことが出来るように
活動しています。

NPOアジア植林友好協会


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう言い訳をしている暇はない!

2016-06-02 11:45:51 | Weblog
最近の気候を感じていれば、明らかにこれまでと違う

雨の降り方や風の吹き方や気温の変化など

世界各地で異常気象による災害が起こっています。

温暖化の話や気候変動の話を聞いても

確かに、そうだと思いながら何もしない

または、何もできないことに深い懸念を感じている

だれでもがやろうと思えば参加できる解決策が提案
出来なかったことに行動しない、できない人の原因がある。

植林をやりながら、とても温暖化対策としてはもう間に合わない
と感じながら、でも、次世代のことを考えれば

諦めたり
やめたり
できない。

今を生きる大人として、責任ある行動をしようという

心ある大人の人達にこれから提案をしてゆきたいと考えています。

モリンガを地球規模で広めよう!!

近々プロジェクトとしてスタートしたいと考えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学生も行動を始めています。

2016-05-16 08:37:27 | Weblog
最近の気候の状態にこれまでと違う違和感を感じて
いる人が多いのではないでしょうか?

感性の豊かな子供たちは「敏感」です。
地球温暖化や気候変動について知らなくても

最近の気候はなんだか変だ!
ということはわかっていて、先行きの不安を感じとって
います。

3月に地球環境のお話をさせていただいた杉並区の
西田小学校のみなさんがみんなで集めて送って

くださった「中古本」は640冊もありました。
感謝です!

先日はある外資系の会社の社員の方がからも
届けていただきました。
感謝です!

インドネシア語を習っている先生も持ってきて
くださいました。
感謝です!

ミニコミ誌の会社の方からもお送りいただきました。
感謝です!

ある新聞社の社員の皆様からもたくさん宅急便で
送っていただいています。
感謝です!

たくさんのみなさまからの寄贈に感謝です。

自宅の本棚に眠っている役目を終えた本は
森に還す活動です。

あなたの行動が未来づくりにつながります。


どうすればいい?考えてみよう!1
「植林」はすべて同じではない?あなたの日常生活で、「きれいな空気」と「きれいな水」を必要としているだけではなくあなたが意識しなくても知らず知らずにさまざまな形で自然の生態系の影響を...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次世代の子供たちの平和で安全な生活のために

2016-05-09 14:44:17 | Weblog
日常の生活の追われていると直接目の前の生活に
関係のないことは、先送りをしても平気ですが

考えてください。
あなたの30年先と

今の子供たちの30年先

今日生まれた赤ちゃんの30年先

同じ30年先でも結果は大きく違います。

地球の自然破壊が進んで、危機的な事態になる30年先

その結果を招かないようにできるのは

今を生きている成人の人間です。

30年先の地球もあなたが生きてきた地球と同じ環境

をも盛るためにあなたが行動しないと危機が現実になって

しまいます。
そのときあなたはいなくても、あなたの子孫がいます。

今あなたにできることは、

地球に生かされている人間として

地球人としての視野で「木」を植えることです。


「地球を蘇えらそうとすれば木を植えよ」

http://vpoint.jp/column/62441.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたはどんな地球を次世代に残したい?

2016-05-04 14:18:42 | Weblog
あなたはどのような地球を次世代に残したいと
考えて、日々の生活を送っていますか?

本当に子どもや孫の住む地球のことを考え
行動しているか?考えてみてほしいと願っています。

4月号のViewpointに「子供や孫に残したい緑豊かな地球」という
コラムを投稿しました。


どんな「未来」を子供たちに残したいのでしょうか。
「健康な地球」を子供たちに残したい!

危機的な状況を回避するには、

地球に住む一人一人が「意識して

行動」をはじめることが不可欠である。

 昨年11月30日から12月13日まで、

フランス・パリにおいて、

国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)等が
行われた。
この会議で、新たな法的枠組みとなる「パリ協定」を含む

COP決定が採択され、いくつかの合意がなされている。  

注目は世界共通の長期目標として2℃目標のみならず

1.5℃へと言及し5年ごとの削減目標の提出が求められたこと、

そして、先進国が引き続き資金を提供することと並んで
途上国も自主的に資金を提供することなどがある。

つづきは。下記をご覧ください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい贈り物~Books to Forest~

2016-04-30 17:23:02 | Weblog
どのように考えても
本は紙でできていて
紙は木でできます。
木は太陽の光と雨の水により育まれて
大気中の二酸化炭素を吸収して
木材をつくります。

あなたの家にも、
読み終えた本が書棚に飾られていませんか?

また読むときの為に飾られていませんか?

本の使命は、その中身の情報を伝えることにあります。

ですから、飾られているだけでは、本の使命を果たすことが
できません。

飾られているだけの本があったら
ぜひ、寄贈してください。

私たちのNPOスタッフがボランティアで入力して

Amazon の書籍販売のページに掲載し

本当に読みたい方に買っていただきます。

買っていただいた代金は、次の世代の人達に役立つ「木」を

植える活動費用に使わせていただきます。

このような循環が社会の中に定着すれば
いい社会に変わってゆくと思います。

もう小学生も始めてくれています。

2日にち前には、外資系の会社から数冊ですが届けて
頂きました。感謝です。

危機的な状況の地球環境を再生するための1歩

一滴だと思いますが、

大河も一滴から始まります。

私たち人間が、活動の中で壊し続けている自然環境

危機的な状況に陥っているのに、

目をそむけたままで、気づかないふりをやめて

このような形から再生するための行動を始めませんか

Book to Forest

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壁を破る言葉~岡本太郎~

2016-03-29 13:17:49 | Weblog
先日、杉並区の西田小学校のみなさんが集めてくれた
中古本のなかに
岡本太郎さんの「壁を破る言葉」という本がありました。

その中に

「今日の文明が失ってしまった人間の原点を再獲得しなければならない」

そのとおりだと感じました。
地球文明をあきらめるわけにはいきませんから。。。

あきらめない心~次世代の子供たちのために~
ある日、年老いたロバが古井戸に落ちてしまいました。ロバの泣き声を聞きつけた農場主は、すぐに井戸に駆けつけました。その状況を見た農場主は、この深い井戸からロバを引き上げる事は...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球を蘇えそうとすれば木を植えよ

2016-03-28 16:45:45 | Weblog

地球を蘇えさせんとすれば木を植えよ
現在の経済優先の日本社会では産業の大切さについて、

GDP(国民総生産)の大きさという
「モノサシ」だけで判断される。

このモノサシだけでみると平成26年度の農林水産省の

統計によれば、国民総生産が4,869,388億円に対して、

林業のGDPはわずか1,800億円で0.037%である。

この規模の市場を調べると「釣り具市場」が1800億円
になっている。

この経済優先のモノサシの評価がすべての社会では、
「林業や植林」については遠い存在になる。

しかし、この評価は経済のモノサシではかれることしか
含まれていない

「外部経済」といわれる経済的な価値が評価されていない
部分が含まれていないのである。

森林の機能には表面浸蝕を防止する機能、

生命維持に不可欠な水質浄化や水資源貯留機能、表層崩壊防止、

洪水緩和、保健レクリエーション、二酸化炭素吸収など定量評価が

できる部分だけでも70兆円を超えるとされている。(林野庁)

これらは一般経済の外にあるので私たちは自分の財布が痛むわけで

はないので余り意識しないで過ごし、

森林を過小評価した社会で生きていられたのである。

つづきは、下記にアクセスしてご覧ください。

地球を蘇えらそうとすれば木を植えよ


つづきの内容は

①地球温暖化対策としての森林のこと

②世界幸福度一位のデンマークのこと

③植林で荒野を豊かな田園に

 温暖化により危機的な状況の地球を蘇らせる責任は

今を生きている人間にあります。

自然の再生のために新しい技術やノウハウが
必要だはありません

地球に感謝の植林をみんなで取り組むことで、子供たちの
未来に緑豊かな地球を残すことが出来ます。

地球を蘇えらそうとすれば木を植えよ

私たちの団体は1999年から熱帯雨林の再生植林に
取り組んでいます。

あなたの気持ちを受けて、地球に木を植えます。

NPOアジア植林友好協会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶滅危惧の私たちの仲間~森の人~をもっと知って

2016-03-12 19:55:31 | Weblog
オランウータンアイランドの整備が始った
インドネシアの自然の森から追い出されたオランウータンンを訓練してい入るリハビリセンタ-の一つ、バリックパパン市の郊外にあるサンボジャには半自然状態での訓練をするためにそれぞ...


1996年からオランウータンの危機をアピールしてきましたが

状況は悪化するばかりです。

その事実は人間社会の環境をもどんどん劣化しているということです。

オランウータンに会いに行って、見て感じてほしいと切に願っています。

オランウータンの生息地の森の木材を切り、転園林を破壊した日本の林業会社は、

世界各国が支援している世界最大のオランウータンの保護団体に、

「1円」も寄付をしていません。

一番の加害者なのに残念で恥ずかしい想いをしています。

加害とは無縁のヨーロッパの人々は毎年大きな支援をしていることを

その会社の社長に伝えたのですが、1円も支援をしていないのが現状です。

人間として恥ずかしいと感じています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生き残るための行動を!みんなで!!

2016-03-09 18:35:03 | Weblog
オランウータンの悲劇は、人類の悲劇です。

かれらの絶滅の次は、人類 だから、自分たち人類の生命を

繋いでゆくために、オランウータンを、熱帯雨林を守る行動を

みんなで!

オランウータンの森づくり


オランウータンからのメッセージ
世界中でさまざまな異常気象が頻発しています。この原因は私たち人間の活動です。特にこの70年あまりで、それまで手を付けていなかった「地球の肺」熱帯雨林の破壊が進んだことも...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目に見えない世界が大切だ

2016-02-09 15:37:05 | Weblog
大きな樹は大地に根を張って生きている

根腐れを起こすとすぐに樹は腐る。

目に見えない根こそが大切だ。

だから、根本というのだ。

目に見える枝や葉は所詮、枝葉末節でしかない。

人生も目に見えない心次第でいくらでも変わるのだ。

(㈱ソフィアマインド発行冊子「叶う」より

植林をしながら、根の大切さは、いつも考えることですが
あらためて、根の大切さを実感しています。

12月のバリで植林のときに認識を新たにさせられました。

初年度植えたときは根がついて葉っぱも出ていたのに、

乾期を超えるときに乾燥に耐え切れず葉っぱを落とすことが
わかりました。

葉っぱを無くした木は写真のように枯れ木に見えますが

幹を折ると生きていることが判ります。

雨期の雨を受けて、葉を茂らせて大きく成長します。

3年目になった初めて生きていることを主張し始めるということが
わかりました。

「枯れているよ」といわれても、根がしっかりしていれば必ず復活して

より一層大きく育ちます。

見かけの姿だけではなく、根の張り方をしっかり観察することが
大切なことを改めて教えられました。

来年は葉が繁って見違える木に育っていることが楽しみです。

植林地情報はNPOAGFN

コメント
この記事をはてなブックマークに追加