ソプラノ和泉聰子の『おんがくのいずみ』~うたの心をあなたに~

ソプラノ歌手・ボイストレーナーの和泉聰子のブログ。HPは http://lulu-hikichan.jimdo.com

東洋音楽学会と柴田南雄作品 公開演奏会

2016-11-05 20:46:09 | 演奏会レビュー
昨日はカワイ表参道で
素敵なコンサートの余韻に浸りつつ
今朝は早く起きて
朝の10時から
柴田南雄作曲
遠野遠音のリハーサルで
茗荷谷の放送大学へ。






昨晩一緒だった、
お茶大の同級生の水越美和さん



今日も一緒でした(^^)


昨日の疲れをお互い励ましあって
今日も頑張って歌いました。


柴田南雄さんの生誕100年ということで
あちこちで作品が演奏されています。

東洋音楽学会と柴田南雄さんが
関係が深かった話を
大学時代の恩師 徳丸吉彦先生が
相変わらずの張りのある美声と
人をひきつける話術で
お話ししてくださいました。


本当に先生、学生時代とお変わりない。。。❗️
喜寿の祝いも終わったのに。
本当に素敵な先生です。


そして合唱の指揮は、
卒論の指導教官の永原恵一先生。


みんなが旧姓で呼び合い
大学時代の先輩や後輩と交流が深まったのも
楽しかったです。


ちなみに私の旧姓は
樋木
なので
呼び名は ひきちゃん 。



久々の茗荷谷通い。
今朝の埼京線もすごく混んでいて
なんだか懐かしく感じました。



大学時代の私はいい意味のイケイケで
自分の行きたい道を求めて
生き急ぐくらいの勢いで進んでいたっけ。


昔の仲間と一緒になると
また勝気で強気な自分に戻るのも
興味深いなぁ。

いまも強い気力で乗り切る生き方は
残っているけれど
体力が追いつかなくなりました(^^;;



歩みは緩めても
自分の生きたい道を
厳しく探し求めながら
進んでいきたいな、


そう学生時代通った地に降り立ち
決意した一日でした。






合唱の御礼に頂いたお茶大グッズ
クリアファイルの裏には
校歌の歌詞になっている
明治皇后の短歌

まさかキティーちゃんとコラボとはね。
可愛い。

お花は校章
お茶の花です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンサンブル・ヴァリエ ジョ... | トップ | 今週の金曜日のお昼に。。。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演奏会レビュー」カテゴリの最新記事